148件中 101 - 110件表示
  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た中邑真輔中邑真輔

    2004年?各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、柴田勝頼が1位、天龍源一郎が2位、中邑真輔が3位で進出した。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • 無効試合

    無効試合から見た中邑真輔中邑真輔

    2003年12月31日、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!で行われたアレクセイ・イグナショフVS中邑真輔戦は、レフリーストップによりイグナショフの3回KO勝ちと宣告されたが、中邑はダウン後に立ち上がっていたなどを理由に大会後に中邑及び上井文彦新日本プロレス執行役員が猛抗議した。協議の結果、無効試合となりその後K-1 ROMANEXで再戦が行われ中邑が勝利した。無効試合 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た中邑真輔中邑真輔

    4月5日、矢野はパートナーの真壁に対して椅子攻撃を喰らわせ、G・B・Hを離反する。この日に真壁とシングルマッチで対戦した中邑真輔と共闘を宣言し、後に真壁、本間朋晃を除いたG・B・Hメンバーと共に「CHAOS」を結成した。6月20日、DOMINION6.20にて真壁とシングルマッチで対戦、乱入してきた中邑のアシストを経て真壁を鬼殺しで葬ったが、7月シリーズに幾度となく真壁が乱入、7月20日に再度シングルマッチが組まれるも真壁のキングコングニードロップでピンフォール負けを献上した。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • サモア・ジョー

    サモア・ジョーから見た中邑真輔中邑真輔

    6月8日、NXT Takeover The Endにてフィン・ベイラーと対戦。序盤より激しい打撃の応酬を展開。中盤より金網を利用した攻撃が増える中でお互い大技を繰り出すがカウント3を奪えず、最後には金網から脱出しようとしたベイラーを捕まえるとそのままマッスルバスターの体勢となり、コーナー上から雪崩式マッスルバスターを決めて勝利した。11月19日、Takeover TorontoにてNXT王座を保持する中邑真輔に挑戦。序盤より打撃戦を展開し、中邑の膝を集中して攻め、中盤にキンシャサを決められるが耐える。終盤に中邑を場外に追い出すとレフェリーの隙を突いてローブロー、そしてスティールステアーに叩きつけてリングに戻すとマッスル・バスターを決めて勝利。中邑のNXT初敗戦を記録し、2度目の王座を戴冠した。サモア・ジョー フレッシュアイペディアより)

  • YOSHI-HASHI

    YOSHI-HASHIから見た中邑真輔中邑真輔

    かつての同門の先輩だった中邑真輔が得意としていた技の一つで、中邑が新日本を退団したのを機に繋ぎ技として使用している。YOSHI-HASHI フレッシュアイペディアより)

  • 橋本真也

    橋本真也から見た中邑真輔中邑真輔

    2008年(平成20年)3月2日、橋本の功績を称え、2代目IWGPヘビー級ベルトが中邑真輔から橋本家に贈呈された。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た中邑真輔中邑真輔

    2003年8月、G1 CLIMAXに出場。これまで何度も優勝候補に挙げられるも、後一歩で手が届かなかった天山は一念発起して、再びカルガリーの大剛の元で肉体改造を行い、凱旋帰国を果たす。また、コスチュームも従来の黒から赤を基調としたものに変更し、髪を黒髪に染めた。G1では初戦こそプロレスリング・ノアの秋山準に敗北を喫するも、その後は勝利を積み重ねて決勝トーナメントに進出。準決勝戦で高山善廣を制し、決勝戦で再び秋山と対戦。遠征先のカルガリーにて開発した新技、アナコンダバイスでギブアップ勝ちを収め、優勝を果たした。また、10月に行われたG1 TAG LEAGUEでは西村修とのタッグで優勝。11月3日には高山が保持するIWGPヘビー級王座に挑戦し奪取し、第33代王者に戴冠。自身初となるIWGP王座の戴冠となったが、12月9日に行われた初防衛戦で中邑真輔に敗戦し、短命政権に終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 石井智宏

    石井智宏から見た中邑真輔中邑真輔

    2009年4月、中邑真輔、矢野が立ち上げた新ユニット「CHAOS」の一員として活動。井上亘やタイガーマスクを相手に抗争を繰り広げたが、いずれも敗北を喫している。石井智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 本間朋晃

    本間朋晃から見た中邑真輔中邑真輔

    2009年に新日本に正式に入団した。4月5日、G・B・Hに所属していた矢野通が真壁を裏切り他のメンバーも寝返りG・B・Hを離脱するが、本間はただ一人G・B・H残留を選択、真壁と共に中邑真輔、矢野ら旧G・B・Hメンバーが結成した新ユニットCHAOSと抗争を繰り広げた。本間朋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た中邑真輔中邑真輔

    2010年の中邑真輔戦において坂口と共に開発した通称「ボマイェ返し」。相手を持ち上げ豪快に叩きつけた後に腕ひしぎ逆十字固めを極める。しかし実際の試合では片手で相手の片足を掴み、もう片方の手で背中を支えてから強引に持ち上げ、フェイス・バスターの要領でマットに叩きつけるという技だった。中西学 フレッシュアイペディアより)

148件中 101 - 110件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード