148件中 11 - 20件表示
  • IWGP

    IWGPから見た中邑真輔中邑真輔

    1997年に橋本真也保持の際にIWGPヘビー級王座のチャンピオンベルトは2代目になり(初代IWGPヘビー級王座のチャンピオンベルトは創設者のアントニオ猪木に寄贈)、その後それに合わせて初代IWGPジュニアヘビー級王座と初代IWGPタッグ王座の2つのチャンピオンベルトを新調してIWGPジュニアタッグ王座が創立され、チャンピオンベルトの巻く部分だけ統一デザインになる。2005年10月8日からIWGPヘビー級王座のチャンピオンベルトは3代目になったが保持していたブロック・レスナーが防衛戦を行わないままアメリカに持ち帰ってしまったため、しばらくは2代目IWGPヘビー級王座のチャンピオンベルトを代用。2007年6月29日に両国国技館で開催したIGF旗揚げ戦でブロック・レスナーがカート・アングルと非公式のIWGPヘビー級選手権試合を行い、カート・アングルが3代目IWGPヘビー級王座を獲得。2008年2月17日に新日本プロレス両国国技館大会でカート・アングルが正式王者の中邑真輔と「IWGPヘビー級選手権試合 ベルト統一戦」が行われ、中邑真輔が勝利して4代目IWGPヘビー級王座のチャンピオンベルトが誕生(2代目IWGPヘビー級王座は、そのチャンピオンベルトを初めて保持した橋本真也の家族に寄贈)。その後それに合わせて2代目IWGPジュニアヘビー級王座、2代目IWGPタッグ王座、初代IWGPジュニアタッグ王座も新調。IWGP フレッシュアイペディアより)

  • 望月成晃

    望月成晃から見た中邑真輔中邑真輔

    また、永田裕志の自主興行にて秋山準と一日限りのアンチエイジングスを結成し、中邑真輔、オカダ・カズチカ、高橋裕二郎と対戦している。その後、11月から12月にかけて行われた新日本のWORLD TAG LEAGUEに永田と出場した。望月成晃 フレッシュアイペディアより)

  • RISE (プロレス)

    RISE (プロレス)から見た中邑真輔中邑真輔

    前身は蝶野正洋率いるブラック・ニュー・ジャパンで、2007年に蝶野が長州力、獣神サンダー・ライガーらと共にレジェンド軍を結成し、離脱。中邑真輔を中心に残されたメンバーを中心にユニット名をRISE(Real International Super Eliteの略)と改名する。RISE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た中邑真輔中邑真輔

    2009年3月1日、ノアの日本武道館大会にて、杉浦貴とタッグで自身初の新日本プロレスとの対抗戦となった中邑真輔・ミラノコレクションA.T.戦では、潮?がミラノに勝利した。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • ファーガル・デヴィット

    ファーガル・デヴィットから見た中邑真輔中邑真輔

    2009年、田口隆祐とのタッグチーム"Apollo 55"を結成し、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー・クリス・セイビン組)を破って第24代Jr.タッグ王座に戴冠。11月に行われたG1 TAG LEAGUEではApollo 55でエントリーし、Bブロックを2位で通過。準決勝で中邑真輔、矢野通組を破り決勝へ進出。決勝でジャイアント・バーナード、カール・アンダーソンに敗れたが、準優勝の成績を残した。ファーガル・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た中邑真輔中邑真輔

    以降、複数のNWA系のローカル団体に出場して、キャリアを積み重ねていた所、新日本プロレスLA道場の関係者にスカウトされ、2006年1月よりロサンゼルスに拠点を移す。この頃、類似の経歴(米国ローカル団体からのステップアップ)でロス生活をスタートさせたプリンス・デヴィットや、米国遠征に来ていた中邑真輔、ロス道場でトレーニングしていたケンドー・カシンなどと面識をもつ。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 初美沙希

    初美沙希から見た中邑真輔中邑真輔

    趣味の推しは、ももいろクローバーZは百田夏菜子、チームしゃちほこは秋本帆華、プロレスは中邑真輔、野球は田中将大と公言している。新日本プロレスリングや東北楽天ゴールデンイーグルスの試合にも頻繁に足を運んでいる。これらはいずれも、ももいろクローバーZファン(=モノノフ)の邪道、田中将大が所属していたことがきっかけであった。初美沙希 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPインターコンチネンタル王座

    IWGPインターコンチネンタル王座から見た中邑真輔中邑真輔

    2012年7月12日、山形大会にて中邑真輔が3代目王者の後藤洋央紀を倒し4代目王者に君臨する。中邑は本王座のベルトのデザインを酷評し、新日本プロレスに対してベルトの作り直しを要求した(後述)。中邑は新たなベルトと共に王座の防衛を重ねていき、本王座は中邑のイメージが定着していった。2012年から2015年までの東京ドーム大会では本王座のタイトルマッチがIWGPヘビー級王座と共にダブルメインイベント設定され、特に2014年はIWGPヘビー級王座戦を退けて本王座が最終試合に設定された。IWGPインターコンチネンタル王座 フレッシュアイペディアより)

  • マネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチ

    マネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチから見た中邑真輔中邑真輔

    男性レスラーによるマネー・イン・ザ・バンク戦では中邑真輔が日本人レスラーとして最初の参加者になったが、入場中にバロン・コービンの襲撃を受け一時離脱。終盤に復帰してAJスタイルズとラダー上で一騎打ちを行うもコービンに倒され、そのままコービンが勝者となった。マネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチ フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た中邑真輔中邑真輔

    その後、2008年8月26日に行われた新日本プロレスの主催によるレッドシューズ海野レフェリー20周年記念興行において、三沢、仲田両名がお祝いVTRで登場した。興行後の海野レフェリーの会見でノア勢の参戦も予定されていたことが明かされている。2008年9月6日、日本武道館大会の会場を高橋裕二郎と内藤哲也のNO LIMITが視察した。GHCジュニアタッグへの挑戦を表明し2008年9月14日のノアの大会のダーク・マッチに出場し勝利を収め、9月27日にタイトルに挑戦したが敗北した。また、中邑真輔らによる2009年1月4日新日本東京ドーム大会への対戦要請に呼応して、三沢、杉浦、秋山、佐野が出場したが実は後にドーム参戦はノアからのオファーだったことが発覚した。その後のノア興行に中邑、ミラノコレクションA.T.、天山広吉、金本浩二、ライガーが参加した。さらに2009年に開催されたベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにノアの所属選手として菊地、青木の2名が初参加している。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

148件中 11 - 20件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード