92件中 21 - 30件表示
  • ダニエル・ピューダー

    ダニエル・ピューダーから見た中邑真輔中邑真輔

    2010年6月19日、新日本プロレスに初参戦して中邑真輔と対戦し、ボマイェからの片エビ固めで敗れた。11月から中邑と組んで新日本プロレス主催のG1 TAG LEAGUEに参戦。ダニエル・ピューダー フレッシュアイペディアより)

  • アベルノ

    アベルノから見た中邑真輔中邑真輔

    1995年10月に「レンコール・ラティーノ」のリングネームでデビュー。2001年6月より現在のリングネーム「アベルノ」を名乗りルードに転身。2001年ごろから新生「ロス・インフェルナレス」をサタニコ、メフィストと結成。サタニコとのコンビで「ロス・ゲレロス・デル・インフェルノ」と抗争を繰り広げる。ウルティモ・ゲレーロ&レイ・ブカネロ組みの持つCMLL世界タッグ王座に何度も挑戦。2002年6月には「ロス・インフェルナレス」のメンバーでサファリ、オリンピコ、ミステル・ニエブラ組みを破りナショナル6人タッグ王座を奪取。2003年CMML世界6人タッグ王座挑戦権決定トーナメントに「ロス・インフェルナレス」で出場し優勝もドクトル・ワグナー・ジュニア、ウニベルソ・ドスミル、ブラック・タイガーに挑戦も敗退。2004年9月にズンビードを破り空位だったNWA世界ミドル級王座を奪取。以降同ベルトをミスティコと抗争を繰り広げる。2005年4月にアトランティス、ブルー・パンテル組みを破りCMLL世界タッグ王座を奪取。同年新日本プロレスから遠征中の中邑真輔、棚橋弘至とコンビを結成。2007年11月にはミスティコを破りCMLL世界ミドル級王座を奪取。2008年にTNAのTNA 2008 ワールドXカップトーナメントにチームメキシコとして出場し優勝。2009年1月4日新日本プロレス東京ドーム大会に来日。アベルノ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た中邑真輔中邑真輔

    2000年代後半頃から新日本プロレスのタイトルマッチ常連選手である棚橋弘至、中邑真輔、真壁刀義、後藤洋央紀の四人。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • INOKI BOM-BA-YE 2002

    INOKI BOM-BA-YE 2002から見た中邑真輔中邑真輔

    これまで「PRIDEは場である」としてPRIDE軍というあり方が否定されていたが、今回からPRIDEも加わる形での対抗戦となった。同じ運営体制で同年8月28日に国立競技場で開催された格闘技イベントDynamite!の成功の勢いもあり、当時アイドル的存在だったボブ・サップの参戦が話題となり、前年以上の16.7%という視聴率を獲得。藤田和之 vs ミルコ・クロコップ、ゲーリー・グッドリッジ vs マイク・ベルナルド、クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs シリル・アビディのリベンジ・マッチが組まれた他、佐竹雅昭はこの大会で格闘技から引退した。一方、新日本プロレス所属のプロレスラー、中邑真輔はこの大会で総合格闘技デビューをした。INOKI BOM-BA-YE 2002 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピコ (プロレスラー)

    オリンピコ (プロレスラー)から見た中邑真輔中邑真輔

    2005年8月30日にはレイ・ブカネロと組んで棚橋弘至、中邑真輔の持つIWGPタッグ王座に挑戦するも敗退。2007年にはみちのくプロレスの「ふく面ワールドリーグ戦」にアトランティスと一緒に来日、準々決勝で敗退。同年フリーになりIWRG、WWAなどのインディマットを転戦。WWAではミドル級の王座も奪取している。オリンピコ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た中邑真輔中邑真輔

    2009年4月、中邑真輔と真壁刀義との試合中に矢野通が乱入。当時、タッグ・パートナーであった真壁をイスで殴打し、中邑と旧G・B・Hメンバーと共に新ユニットCHAOSを結成。5月3日にIWGPタッグ王座の挑戦権を賭けて、天山広吉、小島聡組と対戦。これに勝利し、6月20日でブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン組が所持するベルトの奪還に挑むも敗北を喫した。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • バックブリーカー

    バックブリーカーから見た中邑真輔中邑真輔

    カリートのオリジナル技。相手の背後から両肩に飛びつき両膝を相手の背中に押し当てて後方に倒れ込み、マットに打ちつけられた衝撃で相手の背中にダメージを与える技。CIMAのスーパードロルにも同型のバリエーションが存在する。中邑真輔、プリンス・デヴィットなど、旧名であるバッククラッカーの名で使用する選手も多い。バックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • 峰山町

    峰山町から見た中邑真輔中邑真輔

    中邑真輔(プロレスラー)峰山町 フレッシュアイペディアより)

  • 無効試合

    無効試合から見た中邑真輔中邑真輔

    2003年12月31日、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!で行われたアレクセイ・イグナショフVS中邑真輔戦は、レフリーストップによりイグナショフの3回KO勝ちと宣告されたが、中邑はダウン後に立ち上がっていたなどを理由に、大会後に中邑及び上井文彦新日本プロレス執行役員が猛抗議。協議の結果、無効試合となり、その後K-1 ROMANEXで再戦が行われ中邑が勝利した。無効試合 フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見た中邑真輔中邑真輔

    抗争後は低迷が続き、ついには2009年度G1 CLIMAXにも選出されず。その悔しい思いから9月シリーズに同年度G1に参戦した選手達とシングルでの連戦が組まれた。「俺の『G1』」と称し意気込んではいたものの、やはり結果は残せず。そして9月に永田裕志と組んで矢野通から不甲斐なくフォール負けを喫し、バックステージで永田、スーパ・ストロング・マシン、平澤光秀らと青義軍を結成。10月10日、デビュー10周年を迎えるも中邑真輔にフォール負け、さらに11月にも中邑にフォールを奪われ2連敗を喫す。井上亘 フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード