92件中 31 - 40件表示
  • シコウヒンTV

    シコウヒンTVから見た中邑真輔中邑真輔

    藤村俊二 / 渋川清彦 / YMCK / ピーター・バラカン / 近田春夫 / 増子直純(怒髪天) / AYUSE KOZUE / 中邑真輔 / 田中知之(Fantastic Plastic Machine) / 矢沢心 / ダイアモンド☆ユカイ / HALCALI / 小松彩夏 / 沖樹莉亜 / 安斎肇 / 立川談笑 / 松本素生 (GOING UNDER GROUND) / サイトウ"JxJx"ジュン(YOUR_SONG_IS_GOOD) / 吉田豪 / ZEN-LA-ROCK / AFRA / 宇川直宏 / 社長(SOIL&"PIMP"SESSIONS)シコウヒンTV フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬昌由

    成瀬昌由から見た中邑真輔中邑真輔

    2004年9月19日、アントニオ猪木の命令で、垣原賢人、長井満也、柳澤龍志、中邑真輔と共に北朝鮮で行われた第1回国際武道大会に参加。エキシビションマッチで垣原と対戦した。成瀬昌由 フレッシュアイペディアより)

  • レイ・ブカネロ

    レイ・ブカネロから見た中邑真輔中邑真輔

    1997年3月にエル・サタニコ、エミリオ・チャレス・ジュニアと組んでアポロ・ダンテス、ブラック・ウォリアー、ドクトル・ワグナー・ジュニア組を破りCMLL世界トリオ王座を奪取。1998年から1年間WWF(現在のWWE)に「レイ・オルティス」のリングネームで参戦。1999年CMLL復帰し「ロス・ゲレロス・デル・インフェエルノ」に加入しルードに転向。2000年CMLL世界タッグチーム王座決定トーナメントでウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝しタッグベルトを奪取。2004年9月にオリンピコと組んで棚橋弘至、中邑真輔の持つIWGPタッグ王座にCMLLルールで対戦もベルト奪取に失敗。2006年5月にはアトランティスと組んで武藤敬司、ウルティモ・ドラゴン組と対戦するも敗退。同年7月にウルティモ・ゲレーロを破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。同年TNAの「ワールドXカップ 2008」にボラドール・ジュニア、ウルティモ・ゲレーロと組んで出場し優勝。レイ・ブカネロ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤耕平

    佐藤耕平から見た中邑真輔中邑真輔

    2006年1月4日、昨年秋から勃発した新日本プロレスとの抗争第2ラウンドで、新日本の中邑真輔とのシングルマッチが組まれ、マスコミ関係者ならずとも“次世代のエース決定戦”と新年早々注目を浴びる。しかし、同日のメインイベントでIWGP王者ブロック・レスナーに挑戦する筈の藤田和之の欠場でその挑戦権が急遽中邑になったため、佐藤対中邑は幻となってしまった。佐藤耕平 フレッシュアイペディアより)

  • ニー・バット

    ニー・バットから見た中邑真輔中邑真輔

    助走を付けて決めるニー・バット。立っている相手のボディを狙うものの他、座っている相手の頭部などの上半身を狙うものがある。2004年頃に太陽ケアが決め技としていた。現在では中邑真輔がボマイェの名で得意とする。また長井満也は陸牙の名で使用。他に齋藤彰俊など繋ぎ技として使用するものも多い。女子レスラーでは志田光が得意技としていて主演映画に因みスリーカウントと名づけた。ニー・バット フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見た中邑真輔中邑真輔

    回転して(半回転〜1回転半)受け身をとる。身体能力が優れていて受け身がうまいレスラーが使用する。後頭部強打を防ぐだけでなく、相手のラリアットの威力を引き立たせる効果がある。パット・タナカがニコライ・ボルコフのクローズラインを受けた際、勢いがつき過ぎて腕を軸にして後方一回転する形になったことから多用するようになり、広まった受け方だといわれている(中邑真輔の腕ひしぎ逆十字固めへの切り返しもこのパターンの応用)。ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • 男色ディーノ

    男色ディーノから見た中邑真輔中邑真輔

    中邑真輔の得意技「ボマイェ」は助走をつけて相手の顔面に膝を叩きこむが、こちらは助走をつけて顔面に股間を叩きこむ。男色ディーノ フレッシュアイペディアより)

  • 望月成晃

    望月成晃から見た中邑真輔中邑真輔

    また、永田裕志の自主興行にて秋山準とアンチエイジングスとして、中邑真輔、オカダ・カズチカ、高橋裕二郎と対戦している。望月成晃 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーから見た中邑真輔中邑真輔

    ファイヤーマンズキャリーから相手を横方向に旋回させてみちのくドライバーIIの形で落とす技。南条隼人が開発。太陽ケアは「太陽ケア・オリジナル(TKO)」、中邑真輔は「ランド・スライド」、ミラクルマンは「ミラクル・ツイスター」の名称で使用している。ファイヤーマンズキャリー フレッシュアイペディアより)

  • 橋本大地 (プロレスラー)

    橋本大地 (プロレスラー)から見た中邑真輔中邑真輔

    デビュー前の2008年3月2日、ZERO1後楽園大会で2代目IWGPベルトの「橋本家への返却」の際に中邑真輔と向かい合っている。この時大地は「(IWGPベルトを)自分が大きくなり、実力で奪い返したい」と語り、将来的に打倒・中邑真輔を誓っている。橋本大地 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード