92件中 51 - 60件表示
  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見た中邑真輔中邑真輔

    21世紀に入り、新日本プロレスの棚橋弘至・中邑真輔・柴田勝頼の3人が会社側の意向で「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになったが、3人がそれぞれ互いに遺恨を持っており、柴田が新日本プロレスを退団したことにより立ち消えとなっており、後に柴田に代わって後藤洋央紀を加えた3人で一部では呼ばれるも定着はしていなかったが、後に真壁刀義を加えた4人で「新日本四天王」とも呼ばれるようになった。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPヘビー級王座

    IWGPヘビー級王座から見た中邑真輔中邑真輔

    3代目ベルトはその後、IGF旗揚げ興行で新日本とは無関係に行われた防衛戦でレスナーを下したカート・アングルに渡ったが、2008年に第48代王者の中邑真輔がカートとのベルト統一戦に勝利し、奪還に成功。3月2日、ZERO1-MAX後楽園ホールのリングに上がり、佐藤耕平に勝利。試合後、橋本家に2代目ベルトを贈呈した。IWGPヘビー級王座 フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・デヴィット

    プリンス・デヴィットから見た中邑真輔中邑真輔

    2009年、田口隆祐とのタッグチーム"Apollo 55"を結成し、モーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー・クリス・セイビン組)の保持するIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。これに勝利し、第24代ジュニアタッグ王座に戴冠。11月に行われたG1 TAG LEAGUEではApollo 55でエントリー。スピード溢れる連携を駆使して数々のヘビー級タッグチームと互角に張り合い、Bブロック2位で通過。準決勝では中邑真輔、矢野通組を撃破し決勝進出。決勝でジャイアント・バーナード、カール・アンダーソンと対決するも、あえなく敗戦。しかし、ジュニアながらも準優勝という大健闘を見せ付けた。プリンス・デヴィット フレッシュアイペディアより)

  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た中邑真輔中邑真輔

    2010年初頭にはノア主催のグローバル・タッグ・リーグ戦へ出場。初戦はかつてのG・B・H殺法でキース・ウォーカー&バイソン・スミス組に勝利するも残り2戦では負け、リーグ戦敗退。しかし、リーグ戦中に真壁が杉浦貴にフォール勝ちしたことから杉浦の持つGHCヘビー級王座に挑戦する事が決定。試合当日に至るまで、真壁は幾度となく杉浦に襲撃を仕掛けるも、GHC戦では杉浦のオリンピック予選スラムに敗れるも、その2カ月後の5月3日に真壁は中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座を奪取し、3度防衛に成功する。因みに同年4月4日の大会では真壁対本間による初のG・B・H同士のスペシャルシングルマッチが組まれた。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た中邑真輔中邑真輔

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:中邑真輔(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・スキャッグス

    チャールズ・スキャッグスから見た中邑真輔中邑真輔

    ファンサービスの良さと、ダンスをはじめとするユニークなパフォーマンスで知られ、特にノア参戦時には子供や年配者のファンが多かった。そのファンサービスの良さは、子供の時の中邑真輔が感銘を受け、後にプロになった時にファンサービスを行う上で手本にしているとインタビューで語っている。チャールズ・スキャッグス フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た中邑真輔中邑真輔

    2004年?各ブロックの3位までが決勝トーナメントに進出する方式だったが、Aブロックの最高得点者が6人いたため、6人の直接対決と進出者決定戦により、柴田勝頼が1位、天龍源一郎が2位、中邑真輔が3位で進出した。G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・サップ

    ボブ・サップから見た中邑真輔中邑真輔

    2004年5月3日、新日本プロレスにて中邑真輔と対戦、12分31秒体固めで勝利し、IWGPヘビー級王座の初防衛に成功する。ボブ・サップ フレッシュアイペディアより)

  • KAI (プロレスラー)

    KAI (プロレスラー)から見た中邑真輔中邑真輔

    高校卒業後、新日本プロレスの入門テストを受けるが若過ぎたことと身長が低かったことで失格。ちなみにその時彼を落としたのは永田裕志。そして同じく試験を受けていたのは中邑真輔と後藤洋央紀だったという。KAI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た中邑真輔中邑真輔

    2012年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会で杉浦が3連勝中の後藤洋央紀と対戦し、昇天・改で敗れ対後藤戦初黒星となった。第9試合では丸藤が潮崎豪とタッグを組み中邑真輔&矢野通組と対戦し、潮崎が矢野をゴーフラッシャーで沈め、試合後中邑と丸藤がリング上で睨み合い、両者共にシングルマッチを要求した。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード