92件中 61 - 70件表示
  • IWGPインターコンチネンタル王座

    IWGPインターコンチネンタル王座から見た中邑真輔中邑真輔

    第4代王者中邑真輔が同王座のデザインに対して「10円玉」と比喩、「IWGPの権威を落とす」と酷評し作り直しを要求。新たに制作された2代目ベルトは、バックルを金色に変更され、ベルト部分は白というデザインとなった。IWGPインターコンチネンタル王座 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本京太郎

    藤本京太郎から見た中邑真輔中邑真輔

    2010年2月28日、新日本プロレス興行で中邑真輔と2分2R・K-1ルールのエキシビションマッチを行った。2R終了後、プロレスルールのEXTRAラウンドも行われ、ドロップキックも繰り出した。藤本京太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤達俊

    後藤達俊から見た中邑真輔中邑真輔

    2003年1月4日の東京ドーム大会で、後藤は小原、ヒロ斎藤と「クレイジー・ドッグス」を結成。後に中邑真輔、エンセン井上が加わり、魔界倶楽部との抗争が始まった。2月1日の札幌テイセンホールで開かれた「6人タッグ・トーナメント」では中邑、斎藤と組んで優勝した。後藤達俊 フレッシュアイペディアより)

  • ブロック・レスナー

    ブロック・レスナーから見た中邑真輔中邑真輔

    2006年1月4日の東京ドームにおいて前王者の藤田和之との初防衛戦が決定していたが、藤田の参戦拒否により対戦相手が中邑真輔に変更となった。3月19日には曙と対戦した。ブロック・レスナー フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た中邑真輔中邑真輔

    中山俊吾(中邑真輔ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 倉持 明日香

    倉持明日香から見た中邑真輔中邑真輔

    その他、中邑真輔(新日本プロレス)、佐々木健介・北斗晶夫妻と中嶋勝彦(ダイヤモンド・リング)のファンでもある。ちなみに、間下隼人(リアルジャパンプロレス)は倉持の熱狂的ファンである。倉持明日香 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た中邑真輔中邑真輔

    国士舘大学時代はレスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術なども経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村茂雄

    奥村茂雄から見た中邑真輔中邑真輔

    その後、新日本プロレスからメキシコ入りした田口隆祐とのタッグ、ツナミ・デ・オリエンテとして活躍。同年9月、新日本プロレスの棚橋弘至、中邑真輔とのトリオでCMLLの年間を通して最大のビッグイベントであるアニベルサリオ大会に出場を果たした。奥村茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (プロレスラー)

    田中稔 (プロレスラー)から見た中邑真輔中邑真輔

    2007年8月、C.T.Uの解散とともに、中邑真輔らと共闘を宣言。後にRISEとなった。田中稔 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • IWGP

    IWGPから見た中邑真輔中邑真輔

    1997年に橋本真也保持の際にヘビー級シングルは2代目ベルトになり(初代ベルトは創設者アントニオ猪木に寄贈)、その後それに合わせてジュニアヘビー級シングルベルトならびにタッグベルトを新調(共に2代目ベルト)・ジュニアタッグ設立されベルトの巻く部分だけ統一デザインになる。2005年10月8日からヘビー級シングル3代目ベルトになったが、保持していたブロック・レスナーが防衛戦を行わないまま持ち帰ってしまったため、しばらくは2代目ベルトを代用していた、2008年レスナーに勝ち非公式で3代目ベルトを保持していたカート・アングルと正式王者の中邑真輔のタイトルマッチで中邑が勝ち4代目ベルトの誕生となる(2代目ベルトは、そのベルトを初めて保持した橋本真也の家族に寄贈)、その後それに合わせてジュニアシングル(3代目)・タッグ(3代目)・ジュニアタッグ(2代目)も新調された。IWGP フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード