前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た中西学

    11月、大阪ドーム大会で突然のカード変更により、中西学と組んで藤田和之、ケンドー・カシン組と対戦したがピンフォール負け。試合後にカード変更を打診したアントニオ猪木から鉄拳制裁を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た高山善廣

    2004年1月4日、自身の持つIWGPヘビー級王座とNWFヘビー級王座の統一戦と銘打たれた試合で高山善廣と対戦。チキンウィングアームロックで高山からギブアップを奪い、IWGP王座を防衛、並びにNWFヘビー級王座に戴冠し二冠王となるも、後日に封印。その後、精密検査の為欠場しIWGP王座も返上。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た鈴木みのる

    12月、棚橋と組み、IWGPタッグ王者決定戦にて佐々木健介、鈴木みのる組と対戦。棚橋が鈴木からドラゴン・スープレックス・ホールドでピンフォール勝ちを収め、第47代IWGPタッグ王座に就き、翌年10月に陥落するまでに4度の防衛を果たした。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た小島聡

    3月12日に全日本プロレスに流出したIWGPヘビー級王座を奪還する為全日本のリングに単身乗り込み小島聡に対戦を直訴。26日にタイトルマッチが組まれるも60分時間切れ引き分けで王座奪還は失敗に終わる。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た桜庭和志

    大阪大会の勝利後、インターコンチネンタル王座を賭けて桜庭和志とのシングルマッチを要求。桜庭はこれを受託し東京ドーム大会でのカードが決定した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    11月、大阪ドーム大会で突然のカード変更により、中西学と組んで藤田和之、ケンドー・カシン組と対戦したがピンフォール負け。試合後にカード変更を打診したアントニオ猪木から鉄拳制裁を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た永田裕志

    2007年1月4日、川田利明と対決するも顔面へのミドルキックを喰らい敗戦。8月にはG1 CLIMAXに出場。決勝トーナメントまでコマを進めるも12日、準決勝で永田裕志に敗れる。この試合中に雪崩式エクスプロイダーを受けた際、左肩側から不自然な形でマット上に落下。後日、肩鎖関節靭帯断裂および脱臼で3か月間の絶対安静と診断された。26日よりC.T.U解散に伴い稔、ミラノコレクションA.T.等と共闘を選択。後日に新ユニットRISEを結成した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た三沢光晴

    12月6日の試合後にプロレスリング・ノア対抗戦に出陣することを宣言し、対戦相手に三沢光晴を指名した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た後藤洋央紀

    2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8月29日、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た矢野通

    9月5日に後藤洋央紀と組んで真壁、矢野通の持つIWGPタッグ王座に挑戦。G・B・Hのセコンド乱入とジャイアント・バーナード、リック・フーラーによる裏切り行為により不利な状況を強いられ敗戦。試合後に救援に駆け付けた棚橋と握手を交わし本隊と共闘をアピールした。10月13日にリマッチ権を行使し武藤とのタイトルマッチに臨むも、フランケンシュタイナーでピンフォール負けを喫した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード