120件中 41 - 50件表示
  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た2009年

    2009年1月4日東京ドーム大会で後藤洋央紀と組み、NOAHの三沢光晴、杉浦貴組と対戦。杉浦から腕ひしぎ十字固めでタップを奪い勝利。以降、ホーム・アウェイ問わず両団体での対抗戦で継続されていった。2月15日に王座を奪回した棚橋弘至から指名を受ける形でIWGPに挑戦するもハイフライフローでピンフォール負けを喫する。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た夏川純

    他にも、テレビにも度々出演しており、『恋するハニカミ!』(相手は「当時は年下」の夏川純)や『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』などのバラエティ番組、マクドナルドや資生堂unoのCMに出演した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た全日本プロレス

    3月12日に全日本プロレスに流出したIWGPヘビー級王座を奪還する為全日本のリングに単身乗り込み小島聡に対戦を直訴。26日にタイトルマッチが組まれるも60分時間切れ引き分けで王座奪還は失敗に終わる。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た内藤哲也

    8月のG1 CLIMAXでは、自身の出場ブロック(Bブロック)で、最終戦までに勝ち点が5人も並ぶという混戦状態に陥るも、最終戦の対戦相手であり同点で並んでいた鈴木みのるとの事実上の決勝進出決定戦に勝利。決勝戦では内藤哲也を破り悲願のG1初優勝を成し遂げた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たチャールズ・スキャッグス

    なおインタビューにおいて、ファン時代にスコーピオのファンサービスに感銘を受け、プロになった現在、彼のファンサービスの良さを目標にしていると語っている。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たリック・フーラー

    9月5日に後藤洋央紀と組んで真壁、矢野通の持つIWGPタッグ王座に挑戦。G・B・Hのセコンド乱入とジャイアント・バーナード、リック・フーラーによる裏切り行為により不利な状況を強いられ敗戦。試合後に救援に駆け付けた棚橋と握手を交わし本隊と共闘をアピールした。10月13日にリマッチ権を行使し武藤とのタイトルマッチに臨むも、フランケンシュタイナーでピンフォール負けを喫した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たトラヴィス・トムコ

    10月、蝶野正洋とタッグを組み、ベビーフェイスからヒールへの路線変更を図る。また、半年間の海外修行でビルドアップされた肉体に合わせ、コスチュームもロングタイツからショートタイツに変更。長州力、中西学組相手に凱旋試合を行い、新技ランドスライドで長州から3カウントを奪った。同月に行われたG1 TAG LEAGUEでは蝶野とタッグを組んでエントリー。決勝トーナメントにてジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコ組を撃破し、決勝戦で棚橋弘至、金本浩二組の王者タッグを破り優勝。試合後に蝶野、バーナード、トムコと共に蝶野政権を築くと宣言。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た石澤常光

    11月、大阪ドーム大会で突然のカード変更により、中西学と組んで藤田和之、ケンドー・カシン組と対戦したがピンフォール負け。試合後にカード変更を打診したアントニオ猪木から鉄拳制裁を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た望月成晃

    ハイキックからのフェイントでよく使用する。望月成晃のイリュージョンと同型。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たレッドシューズ海野

    今でこそ総合格闘技色の強いスタイルであるが、学生時代はインディーから女子プロレスまで追いかける生粋のプロレスマニアであった。LLPWの旗揚げ当時のメンバーを暗唱できるなど、知識も豊富である。2008年2月に放送されたFIGHTING TV サムライの『P-1選手権 第1回プロレスクイズ王決定戦』では新日本チームの一員として出場し(メンバーは他に海野宏之+週刊プロレス記者1名)、その豊富な知識量の一端を披露してチームの優勝に貢献した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード