120件中 71 - 80件表示
  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たG1 CLIMAX

    2003年5月2日、新日本「アルティメット・クラッシュ」大会でヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキアと総合格闘技ルールで対戦し勝利。8月にはデビュー1年にも満たないキャリアでG1 CLIMAXへ初出場。安田、柴田勝頼から勝利を収める。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たIWGPヘビー級王座

    12月9日、天山広吉の所持するIWGPヘビー級王座に初挑戦。逆十字固めで天山からタップを奪いデビュー最速、最年少での同王座戴冠を果たす。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たIWGPタッグ王座

    12月、棚橋と組み、IWGPタッグ王者決定戦にて佐々木健介、鈴木みのる組と対戦。棚橋が鈴木からドラゴン・スープレックス・ホールドでピンフォール勝ちを収め、第47代IWGPタッグ王座に就き、翌年10月に陥落するまでに4度の防衛を果たした。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たG1 TAG LEAGUE

    10月、蝶野正洋とタッグを組み、ベビーフェイスからヒールへの路線変更を図る。また、半年間の海外修行でビルドアップされた肉体に合わせ、コスチュームもロングタイツからショートタイツに変更。長州力、中西学組相手に凱旋試合を行い、新技ランドスライドで長州から3カウントを奪った。同月に行われたG1 TAG LEAGUEでは蝶野とタッグを組んでエントリー。決勝トーナメントにてジャイアント・バーナード、トラヴィス・トムコ組を撃破し、決勝戦で棚橋弘至、金本浩二組の王者タッグを破り優勝。試合後に蝶野、バーナード、トムコと共に蝶野政権を築くと宣言。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た週刊プロレス

    今でこそ総合格闘技色の強いスタイルであるが、学生時代はインディーから女子プロレスまで追いかける生粋のプロレスマニアであった。LLPWの旗揚げ当時のメンバーを暗唱できるなど、知識も豊富である。2008年2月に放送されたFIGHTING TV サムライの『P-1選手権 第1回プロレスクイズ王決定戦』では新日本チームの一員として出場し(メンバーは他に海野宏之+週刊プロレス記者1名)、その豊富な知識量の一端を披露してチームの優勝に貢献した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たオカダ・カズチカ

    3月のNEW JAPAN CUPでは1回戦でMVPに勝利を収めるも、2回戦でカール・アンダーソンに敗北。7月1日に全日本プロレスとの合同興業にてオカダ・カズチカとタッグを組み諏訪魔、近藤修司組と対戦。オカダが近藤を仕留め勝利した。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たニュージャパン・カップ

    2011年1月4日のレッスルキングダムにて、昨年8月の屈辱を晴らすために潮崎と対戦し、勝利。対戦成績を五分に戻した。3月に開催されたNEW JAPAN CUPでは決勝にまで進出したが、永田裕志に敗れ準優勝。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た総合格闘技

    2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8月29日、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た日本武道館

    2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8月29日、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見たK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!

    12月31日、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!でアレクセイ・イグナショフと対戦。3Rでイグナショフの膝蹴りを受けダウンし、すぐに立ち上がるもレフェリーの平直行が即座にTKOを宣告し敗北を喫するも、中邑側からの抗議によりジャッジを見直されて無効試合となった。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示

「中邑真輔」のニューストピックワード