中部のできごと ニュース&Wiki etc.

中部地方(ちゅうぶちほう)は、日本の地方区分(全国八地方区分)の一つで、近代における本州中部の総称。東海地方・中央高地(東山地方)・北陸地方から成り、9つの県がある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「中部地方」のつながり調べ

  • イワヒゲ

    イワヒゲから見た中部地方

    日本では、本州中部地方以北、北海道に分布し、高山帯の風当たりの強い岩場の裂け目などに張り付くように生える。(イワヒゲ フレッシュアイペディアより)

  • 石棒

    石棒から見た中部

    中期になって大型品が新たに出現する。直径が10cmを超え、長さが2mに及ぶものがあり、北陸・中部・関東に多い。佐渡の長者ヶ平遺跡の中期前半例のように、単頭石棒の頭部を写実的な亀頭形としたものがあり、石棒が男根の表象であることを示唆する。中期半ばには、北陸を中心に、大型で頭部にめぐる隆起帯の上下または下にいわゆる三叉文帯を彫る特徴的なものが発達し、これを女性器の表現とみる説もある。完形品は極めて希で、多くは半分に折れた状態で出土する。中期末?後期初頭には敷石住居の敷石や石囲炉に配置したものがあり、しばしば火熱による変色や折損がみられる。住居外の出土品では、土坑の中央や縁部に直立するものや施設を伴わず単独で直立するものもある。後期には住居跡内の大型石棒の発見例はなく、複数個が屋外の配石遺構に伴う事例が一般的となって、晩期に続く。(石棒 フレッシュアイペディアより)

「中部地方」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「中部のできごと」のニューストピックワード