775件中 81 - 90件表示
  • ダイミョウセセリ

    ダイミョウセセリから見た中部地方中部地方

    日本では関ヶ原が個体差の分点とされ、近畿地方以西のものは後翅に白斑があり、これは関西型 (form. daiseni ) と呼ばれる。中部地方以東のものは後翅表面が黒色で白斑を持たず、これは関東型と呼ばれる。ダイミョウセセリ フレッシュアイペディアより)

  • フタスジチョウ

    フタスジチョウから見た中部地方中部地方

    日本国外ではユーラシア大陸北部。国内では北海道全土、岩手県・関東地方北部・中部地方の山地。フタスジチョウ フレッシュアイペディアより)

  • マンサク

    マンサクから見た中部地方中部地方

    本州中部地方以北に分布する亜種。マンサク フレッシュアイペディアより)

  • ヤイトハタ

    ヤイトハタから見た中部地方中部地方

    ヤイトハタ(灸羽田、Epinephelus malabaricus)とはスズキ目ハタ科に属する海水魚である。別名、ニセヒトミハタ。本州中部以南の南日本に分布する暖海性の大型ハタである。ヤイトハタ フレッシュアイペディアより)

  • ジャックコーポレーション

    ジャックコーポレーションから見た中部地方中部地方

    中部地方を中心に衣料販売店「JACK」を展開している。JACKの他にもレディス志向の「CLIP」や、自然体でいられる服を揃えたコンセプトショップ「natural garage」がある。今後は更に東海地方、関西地方に店舗を拡大する予定。ジャックコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • ウサギギク

    ウサギギクから見た中部地方中部地方

    本州中部以北・北海道・千島列島・アリューシャン列島の亜高山帯から高山帯に分布、草原地帯に生育する。茎は単一で直立しており、高さは20-30cm。葉は対生でへら形。花期は7-8月で、黄色い花を一輪つける。別名キングルマ(金車)。ウサギギク フレッシュアイペディアより)

  • タカネヤハズハハコ

    タカネヤハズハハコから見た中部地方中部地方

    分布域は本州中部以北〜北海道の高山帯。湿った草地などに生育する。高さ10〜12cm。葉は互生で長さ4〜6cm、灰白色の綿毛が覆っている。花期は8月。白色で下部が淡紅色の花をつける。タカネヤハズハハコ フレッシュアイペディアより)

  • エゾギク

    エゾギクから見た中部地方中部地方

    日本では江戸時代から改良が進み、日本のエゾギクは欧米でも非常に評価されている。切り花、特に佛花用として栽培されている。中部地方、東北地方、北海道など寒い地方では割合よく育つが、暖地では病気が出やすく栽培しにくい。また、連作障害を起こしやすいので、エゾギクを5年ほど植えていない土地に植える必要がある。エゾギク フレッシュアイペディアより)

  • キバナノコマノツメ

    キバナノコマノツメから見た中部地方中部地方

    北極を中心とする環状に分布、北半球冷温帯の広範囲に広がる。日本国内では、北海道、本州の中部以北、四国山地、屋久島の亜高山帯から高山帯の湿った草地や沢沿いの林縁などに生育する。高さは5-20 cm程、高山帯では10 cm程のものが多い。花期は6-8月。直径1.5-2 cmの花弁は黄色の花を一つ付ける。唇弁は大きく褐紫色の筋が入り、上弁と側弁がそり返る。花柱はY字形で無毛。葉は2-4 cmの腎円形ないし腎心形で、柔らかく短毛があり光沢が無い。縁は波状の鋸葉である。基準標本はヨーロッパの高山のもの。キバナノコマノツメ フレッシュアイペディアより)

  • モミジカラマツ

    モミジカラマツから見た中部地方中部地方

    モミジカラマツ(紅葉落葉松草、紅葉唐松 var. )はキンポウゲ科モミジカラマツ属の宿根性多年草。高山植物。北海道から中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える。モミジカラマツ フレッシュアイペディアより)

775件中 81 - 90件表示

「中部のできごと」のニューストピックワード