679件中 31 - 40件表示
  • とことこバス

    とことこバスから見た中部国際空港中部国際空港

    中部国際空港 - 常滑駅 - やきもの散歩道入口 - INAXライブミュージアム - やきもの散歩道入口 - 常滑駅 - セラモール - 常滑駅 - 中部国際空港とことこバス フレッシュアイペディアより)

  • 田中精一

    田中精一から見た中部新国際空港中部国際空港

    中部電力以外では東海旅客鉄道(JR東海)代表取締役会長、中部経済連合会会長、日本電気協会会長、西ドイツ名誉領事、中部新国際空港建設促進協議会代表理事、名古屋グランパスエイト会長、ナゴヤドーム会長、財団法人東海産業技術振興財団理事長などを歴任。勲等は勲一等瑞宝章。西ドイツからドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、フランス政府からレジオン・ド・ヌール勲章を受章。田中精一 フレッシュアイペディアより)

  • 海上空港

    海上空港から見た中部国際空港中部国際空港

    1.の例として長崎空港、2.の例として中部国際空港や関西国際空港が挙げられる。東京国際空港などは陸地と接してはいるが、一部海上を埋め立てて造られた空港も、海上空港とみなす場合がある。海上空港 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道522号中部国際空港線

    愛知県道522号中部国際空港線から見た中部国際空港中部国際空港

    愛知県道522号中部国際空港線(あいちけんどう522ごう ちゅうぶこくさいくうこうせん)は、愛知県常滑市の中部国際空港から同市内に至る一般県道である。愛知県道522号中部国際空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 人工島

    人工島から見た中部国際空港中部国際空港

    日本国内で比較的大規模なものでは、工業用地として1967年に埋め立て完了した東京都大田区の平和島や昭和島、同じく1967年まで廃棄物処分場として埋め立てられていた東京都江東区の夢の島などがある。兵庫県神戸市のポートアイランド(完成当時、世界最大の人工島)や六甲アイランド、福岡県福岡市の福岡アイランドシティは港湾設備だけではなく、住宅や公共施設などの都市設備も整備し「海上都市」として作られた。騒音などが問題となりやすい国際空港の解決策として大型航空機が着陸可能な人工島を造成する事が試みられるようになり、第二次大戦後に海上に造成された人工島利用国際空港としては、イギリス資本により構築された香港国際空港などが知られており、香港のような地理的な制約がある都市国家や中東地域において、新規に国際空港を開設する場合は海上に人工島を造成する事が多くなっている。日本国内で実現したもので代表的な海上空港として大阪府泉佐野市の関西国際空港(1994年開港)を初めとして、2005年に開催された愛知万博に合わせて開港した愛知県常滑市沖の中部国際空港(同県小牧市の名古屋飛行場(旧名古屋空港から国際線が移転)、さらに福岡県北九州市沖の北九州空港(福岡都市圏内での福岡空港とのダブルエアポート制)などもある。海上空港の利点としては住宅街への騒音問題が介在しやすい陸上の大規模空港と比べて、国際線運航を行う大型航空機が24時間発着可能である点や事故発生時の2次災害リスク軽減などが知られている。その他資源開発などの点では、小規模なものでは石油、ガスなどの採掘プラットフォームや橋脚などの土台なども一種の人工島といえる。例えば東京湾アクアラインのために作られた木更津人工島(海ほたるパーキングエリア)などがある。人工島 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の交通

    愛知万博の交通から見た中部国際空港中部国際空港

    閉幕後は2006年に1台が知多乗合に貸し出されて路線バスとして(2009年終了)、2台が中部スカイサポート(2007年4月からはANAグランドサービス中部)に貸し出されて中部国際空港内のランプバスとして活躍しており、更に2010年10月から2012年11月までは名鉄バスに1台が貸与され、とよたおいでんバス豊田東環状線で活躍した。2010年12月16日から2013年9月12日までは、2台が東京空港交通に貸し出されて羽田空港と新宿駅・東京シティエアターミナルを結ぶ東京空港交通のリムジンバスにおいて実証実験が行われた(2013年終了、1台は2011年に返却)。また、2012年10月より関西国際空港内のエアロプラザから第二ターミナルビルを結ぶシャトルバスにも導入されている。トヨタ自動車に返却された車両は試乗車として自動車や環境、燃料電池関連のイベントに登場することがある。なお瀬戸会場のバスターミナルに設置された水素ガス充填設備:水素ステーションは中部国際空港近隣に移設のうえ再稼働している。愛知万博の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県国際展示場

    愛知県国際展示場から見た中部国際空港中部国際空港

    愛知県国際展示場(あいちけんこくさいてんじじょう)は、愛知県が常滑市セントレアの中部国際空港島内に計画している国際展示場。愛知県国際展示場 フレッシュアイペディアより)

  • アトラス航空

    アトラス航空から見た中部国際空港中部国際空港

    欧米で活躍していた旅客用747を大量購入し、かつ貨物用へ転用の上運用していることは世界的にも有名だが、2000年代に入り新造の-400フレイターを導入している。これら747フレイターで貨物(米軍関連も含め)輸送を行っている。日本では成田国際空港、中部国際空港、関空、横田基地、嘉手納基地に飛来しているほか、最近では鹿児島、北九州にも顔を出している。アトラス航空 フレッシュアイペディアより)

  • 神社港

    神社港から見た中部国際空港中部国際空港

    2002年(平成14年)4月、中部国際空港の開港や宇治山田港再開発に合わせ「神社みなとまち再生グループ」を組織し、翌2003年(平成15年)11月10日にNPO法人格を取得した。NPOとして和船「みずき」の運航のほか、海の駅の運営、朝市や寄席の開催、宇治山田港を会場とした「伊勢・二見浦シーカヤックマラソン大会」の企画運営などを行っている。宇治山田港と中部国際空港を結ぶ航路(お伊勢サンライン)からセラヴィ観光汽船が就航前に撤退した際には、「株式会社伊勢エアポートライン」を立ち上げて中部国際空港への就航を目指した。神社港 フレッシュアイペディアより)

  • An-124 (航空機)

    An-124 (航空機)から見た中部国際空港中部国際空港

    2014年末頃からはB787増産に伴い、製造拠点のある愛知県と米国・シアトル間での貨物需要増大にボーイング社の自社製貨物機B747 LCFの輸送力が追い付かなくなった事もあり、ヴォルガ・ドニエプル航空の保有するAn-124が国際チャーター貨物便として中部国際空港へ頻繁に飛来しており、同空港では毎日のように飛来するようになっている。An-124 (航空機) フレッシュアイペディアより)

679件中 31 - 40件表示

「中部国際空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]