679件中 51 - 60件表示
  • 静岡空港

    静岡空港から見た中部国際空港中部国際空港

    6月5日:霧による、開港から初めての滑走路閉鎖。2便が中部国際空港へダイバートした。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • フフホト白塔国際空港

    フフホト白塔国際空港から見た中部国際空港中部国際空港

    フフホト白塔国際空港は 中華人民共和国の内モンゴル自治区フフホト市に位置する。空港の名称の中の“白塔”は近くにある中華人民共和国全国重点文物保護単位の万部華厳経塔(zh)の白い塔が命名の由来になっている。フフホト白塔国際空港はフフホト市東側の14.3キロメートルの所に位置し、1958年10月1日に完成した。1991年12月1日に国務院から空港として承認され、1992年3月31日正式な対外開放された。この空港はかつて1986年、1996年、2007年の3度にわたり大規模な拡張が行なわれた。これまで日本への定期便はなかったが、2015年6月から春秋航空による名古屋/中部国際空港線が運航されている。フフホト白塔国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀空港

    佐賀空港から見た中部国際空港中部国際空港

    2008年(平成20年)1月7日:関西国際空港との間の夜間貨物便 就航。(中部国際空港路線からの変更)佐賀空港 フレッシュアイペディアより)

  • フィリピン航空

    フィリピン航空から見た中部国際空港中部国際空港

    2005年3月 - 長く待ち望まれた名古屋線を開設。日本で5番目の就航都市となる。フィリピン航空 フレッシュアイペディアより)

  • e-wing

    e-wingから見た中部国際空港中部国際空港

    中部国際空港開港に合わせて運行を始めた。呼称の「e-wing」は一般公募によるものであり、飛行機を連想させる "wing" を併せることで、遠鉄("e"ntetsu)が運行する空港連絡バスであることを表したものである。e-wing フレッシュアイペディアより)

  • セントレアホテル

    セントレアホテルから見た中部国際空港中部国際空港

    セントレアホテル(CENTRAIR HOTEL)は、名古屋鉄道が愛知県常滑市の中部国際空港で運営するエアポートホテルである。セントレアホテル フレッシュアイペディアより)

  • 都心

    都心から見た中部国際空港中部国際空港

    近年は鉄道の一大拠点で中部国際空港へのアクセスもよい名古屋駅周辺に超高層ビルが林立し、業務集積が進んでいる。愛・地球博に合わせて交通網が格段に発達し、周辺都市では商業機能のロードサイド化が著しく、中部地方最大の商都である名古屋市への物販の集積が著しい。繁華街である栄エリアにはブランド直営路面店が軒を連ね、名駅エリアの高級デパートも拡充している。都心 フレッシュアイペディアより)

  • しずてつジャストライン

    しずてつジャストラインから見た中部国際空港中部国際空港

    7月23日 - 清水駅・静岡駅〜中部国際空港間空港リムジンバス・中部国際空港線を運行開始(後述のとおり2012年3月運行休止)。しずてつジャストライン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年新型インフルエンザの世界的流行

    2009年新型インフルエンザの世界的流行から見た中部国際空港中部国際空港

    2009年4月26日、麻生太郎首相(当時)が検疫体制の強化や在外邦人への情報提供などの体制を指示。厚生労働省や自治体に電話相談窓口が開設された。4月27日、厚生労働省が感染の疑いのある帰国者・入国者を留め置く「停留」のための医療施設を既に成田周辺で約500室を確保した。また4月28日からはメキシコ、米国、カナダから成田、中部、関西、そして福岡の国内4空港に到着した国際便については降機前に乗客に機内で「機内検疫」の実施を始めている。4月29日からは「臨船検疫」も開始され、横浜、神戸、関門の港についても上記3か国からの乗員乗客への検疫体制が強化される。検疫官不足解消のため防衛医科大学校職員と陸上自衛隊の医官の応援派遣をしている。また、4月30日より品種改良の目的で輸入された生きた豚の全頭検査も開始された。2009年新型インフルエンザの世界的流行 フレッシュアイペディアより)

  • V エア

    V エアから見た中部国際空港中部国際空港

    12月15日 - 台北/桃園 - 名古屋/中部線就航(日本への定期便就航)V エア フレッシュアイペディアより)

679件中 51 - 60件表示

「中部国際空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]