270件中 91 - 100件表示
  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た商標

    この空港の愛称である「セントレア (Centrair)」 は、英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語で、一般公募の中から選ばれた。商標として登録されており(商標登録番号:第4566713号ほか)、空港島の住所表記(町名)や空港内の施設名称等に付されている。また、飛行場名標識に必要となる空港の英語名称にも使用されていることから、航空交通管制における当空港の呼出名称にも「セントレアタワー」、「セントレアアプローチ」のように使用されている。日本の空港で無線交信に地名でない名前を使用しているのは中部国際空港のみである。略称として中部空港、中部と称されることもある。時刻表や発着案内では、名古屋(名古屋空港(小牧)と明確に区別する必要があるときは名古屋(中部))と表示される。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た航空連合

    航空連合は右記のとおり。SA : スターアライアンス、OW : ワンワールド、ST : スカイチーム中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た国際航空運送協会

    この空港は、国際航空運送協会(IATA)より混雑空港として国内の関西国際空港、新千歳空港と共にレベル2の指定を受けている。IATA空港コードはNGOで、開港前に名古屋空港(通称:小牧空港)で使われていたものを継承している。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た観光庁

    1月23日: 国土交通省中部運輸局および、国土交通省北陸信越運輸局が主導し、中部北陸9県関連団体が共同参加する中華圏からの観光客誘致を狙った「昇龍道」プロジェクト共同記者会見を開催。2015年には海外からのインバウンドを推進するために、観光庁が全国で7つの主要観光ルートを選定した際に、中部地方からは伊勢神宮や世界遺産白川郷および飛騨高山を含むこの「昇龍道」プロジェクトが選抜され、国から正式に認定された。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たオープンスカイ協定

    太平洋・オセアニア地域へは、日本航空がホノルル線を運航するほか、日本政府とのオープンスカイ協定に基づく以遠権を利用してユナイテッド航空がグアム線とホノルル線、デルタ航空がホノルル線を運航している。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    4月27日: エア・カナダがバンクーバー線を開設。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見たサイパン

    太平洋地域には毎年ホリデーシーズンを中心に、日本航空や米国系航空会社がパラオ・サイパンなどへ頻繁に国際チャーター便を運航している。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た空港ラウンジ

    航空会社、カード会社、旅行会社によって提供されるラウンジ(特別待合室)が設置されている。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た液晶ディスプレイ

    管制塔内には、最新のデジタル機器や液晶ディスプレイの導入を行い、従来よりも多彩な情報を提供できるようになったとともに、IFR室にあっては、レーダー画面に液晶ディスプレイを導入したことにより照明を落とさなくて済むようになっている。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 中部国際空港

    中部国際空港から見た成田国際空港

    中部国際空港は、21世紀の中部圏等の航空需要に対応するため、第7次空港整備五箇年計画で成田国際空港、関西国際空港に続く国際拠点(ハブ)空港として位置づけられ、中部国際空港株式会社および愛知県企業庁が、常滑市沖の伊勢湾の海域の一部を埋め立てて人工島等を造成し、空港用地、地域開発用地等を整備した。空港建設事業については、1999年7月に環境影響評価の手続きが完了し、2000年6月の公有水面埋立法に基づく免許が中部国際空港株式会社等に与えられた後、2000年8月に着工し、2005年2月に開港した。中部国際空港 フレッシュアイペディアより)

270件中 91 - 100件表示

「中部国際空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]