前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6701件中 1 - 10件表示
  • 年齢主義と課程主義

    年齢主義と課程主義から見た中学校中学校

    年齢主義の制度においては、在学者の学習段階を考慮せずに一律に進級させることになるため、同じ年齢の生徒が同じ学年に所属し、同年齢集団を形作る。また、成績の良し悪しによって所属する学年が変わらないため、原級留置になったことによる敗北感・劣等感を与えないということもある(もっとも、原級留置になったことによって劣等感・敗北感が生まれるかどうかはその文化圏によって違うが)。体力・社会経験などを考えると、小学校段階、あるいは中学校段階までは同年齢集団での教育が望ましいとの考え方もある。同じ学年に学力が違う生徒が所属することによって起こる問題については、成績不良者に対する補習、成績優秀者に対する拡充(発展的な授業、エンリッチメント)、習熟度別学級編成、入学者選抜などの、能力別教育を実施することによって緩和され、ある程度個人差にあった教育が可能である。ただし逆に言えば、こういったフォローがしっかり行われないと、学業不振者を見捨てることになる制度でもある。年齢主義と課程主義 フレッシュアイペディアより)

  • 就学事務

    就学事務から見た中学校中学校

    小学校・小学部卒業以降も学齢期が続く場合、中学校・中学部・中等教育学校へ進学する。就学事務 フレッシュアイペディアより)

  • 中学受験

    中学受験から見た中学校中学校

    中学受験(ちゅうがくじゅけん)とは、中学校の入学試験を受験することである。特にこの試験を中学入試(ちゅうがくにゅうし)と言う。本記事では中学校の入学試験以外にも、前期中等教育の学校、すなわち中学校・中等教育学校前期課程・特別支援学校中学部などの入学試験と入学についても扱い、特に断らない限り「中学校(等)」「前期中等教育(の学校)」という表記は前掲の全てを含む。同様に「私立中学(等)」という表記は選抜制でない公立中学以外の全てを含む。中学受験 フレッシュアイペディアより)

  • 剣道

    剣道から見た中学校中学校

    撓競技は順調に発展し、昭和27年(1952年)に中学校以上の学校体育に採用され、さらに同年国民体育大会にオープン競技として参加した。剣道 フレッシュアイペディアより)

  • 義務教育

    義務教育から見た中学校中学校

    中学校、中等教育学校の前期課程、特別支援学校の中学部(修業年限: 3年)義務教育 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市立男山中学校

    八幡市立男山中学校から見た中学校中学校

    八幡市立男山中学校(やわたしりつ おとこやまちゅうがっこう)は、京都府八幡市八幡柿木垣内にある公立中学校。略称「男中」(おっちゅう)。八幡市立男山中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 不登校

    不登校から見た中学校中学校

    不登校の子どもの受け入れ先として、教育委員会の運営する教育支援センター(適応指導教室)が知られている。その他には、一部地域にある夜間中学や、民間のフリースクールが、補助的な形で受け皿となっている。不登校 フレッシュアイペディアより)

  • 長期欠席

    長期欠席から見た中学校中学校

    高等学校や大学では、年間に一定以上欠席すると、原級留置(留年)となる場合が多い。これは知識の修得よりも授業科目の履修を重視する履修主義によるものである。小学校や中学校でも、私立学校などでは欠席日数が多いと原級留置となる例が見られるが、一般的な学校では年齢主義の影響で、1年間欠席してもほぼ自動的に進級することも多く、かえって落ちこぼれを生むとの批判もある。長期欠席 フレッシュアイペディアより)

  • 中等教育学校

    中等教育学校から見た中学校中学校

    中等教育学校(ちゅうとうきょういくがっこう)は、中高一貫教育の課程で、前期中等教育(中学校などにおける教育)と後期中等教育(高等学校などにおける教育)を一貫して施すシステムをとる日本の学校である。中等教育学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た中学校中学校

    文部科学省による全国調査で、給食費を滞納している小中学校の児童・生徒が、全体の約1%にあたる9万8993人、滞納総額は約22億3000万円に上ることが判明。未納者の6割は「保護者の責任感や規範意識の問題」とする報告も。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
6701件中 1 - 10件表示

「中1ギャップ」のニューストピックワード