前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示
  • 中学校

    中学校から見た高等学校

    多くの学校では期末考査による定期考査があり(定期考査を行わずに単元別の試験などを行う学校もある)、その成績と日常における学習の様子などが進学時の調査書(内申書)に反映される。中学校を卒業した人は、高等学校(高校)・中等教育学校の後期課程・専修学校高等課程(いわゆる高等専修学校)など後期中等教育を行う学校や、5年制の高等教育機関である高等専門学校(高専)に入学することが出来る。通例、これらの各学校による入学者選抜に合格することによって各学校から個別に入学が許可される。また、中学校を卒業しなかった人のために、文部科学省による中学校卒業程度認定試験(中認)などが存在する。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た小学校

    中学校(ちゅうがっこう)は、小学校の教育を基礎とし、小学校の課程を修了した生徒に心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする、前期中等教育段階の学校である。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た山田洋次

    2004年の時点で、夜間の授業を行う学校の数は35校、生徒数は約3000人であるが、夜間の授業に積極的な設置者(教育委員会、学校法人など)が、東京圏、大阪圏に集中しているため、やむなく、中学校の正規の授業として認可を受けていない「自主夜間中学」が日本全国の20校ほどの中学校と有志で運営されている。中学校における夜間の授業は、ほとんど知られていなかったが、1993年に上映されて話題となった山田洋次監督の映画『学校』で有名になった。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た不登校

    夜間の授業を受けるための入学資格を定めた法令等は存在しないものの、義務教育を修了していない人であり、かつ学齢を超過している人(満15歳に達した日以後に4月1日を迎えている人)である事が、実質的な夜間の授業を受ける要件とされる。すなわち、義務教育を修了した外国人が日本語を身につける事を目的として入学する事や、形式的にでも卒業証書を授与された元不登校者が入学する事や、学齢期の中学生が入学するのは難しいといわれる(ただし、例外もあるようである。詳しくは、「再入学」を参照)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た私立学校

    私立中学校、国立中学校の大部分と、一部の公立中学校(主に中高一貫校)には、入学試験をはじめとする入学者選抜がある(中学受験)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た入学

    小学校を卒業した者、または特別支援学校の小学部を修了した者が入学し、修業年限は、3年である。同等学校に中等教育学校の前期課程、特別支援学校の中学部がある。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た学習指導要領

    以前は、外国語として履修させる言語として、英語以外の外国語を扱っても良いことになっていたが、新しい学習指導要領では、原則として英語を扱うものとしている。なお、選択教科については、英語以外の言語を扱うことも認められている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た教育

    中学校は、小学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする(学校教育法第45条)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た公立学校

    私立中学校、国立中学校の大部分と、一部の公立中学校(主に中高一貫校)には、入学試験をはじめとする入学者選抜がある(中学受験)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た岡山市

    なお、私立学校のうち、構造改革特別区域法による認定を受け、株式会社立の朝日塾中学校(岡山県岡山市)が2004年に設置されたが、2011年3月をもって同校は中等教育学校に改組され、発展的廃止された。2011年現在までに、株式会社による中学校が設置された例は、この朝日塾中学校の1校のみである。中学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
131件中 1 - 10件表示

「中1ギャップ」のニューストピックワード