145件中 11 - 20件表示
  • 中学校

    中学校から見た歴史

    社会 - 地理的分野、歴史的分野、公民的分野中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た知的障害

    通常の学級とは、障害のない生徒を主として編成される学級のことであり、特別支援学級とは、障害のある生徒のために編成される学級のことである。多くの生徒は、通常の学級に所属するが、知的障害や発達障害などの障害がある生徒は、特殊学級に所属することもある(詳しくは、「特別支援学級」を参照のこと)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た入学者選抜

    多くの学校では定期考査があり(定期考査を行わずに単元別の試験などを行う学校もある)、その成績と日常における学習の様子などが進学時の調査書(内申書)に反映される。中学校を卒業した人は、高等学校(高校)・中等教育学校の後期課程・専修学校高等課程(いわゆる高等専修学校)など後期中等教育を行う学校や、5年制の高等教育機関である高等専門学校(高専)に入学することが出来る。通例、これらの各学校による入学者選抜に合格することによって各学校から個別に入学が許可される。また、中学校を卒業しなかった人のために、文部科学省による中学校卒業程度認定試験(中認)などが存在する。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た文部科学省

    これは米国の古い方式による名称であり、文部科学省では (前期中等学校)という表記を用いている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た教育行政

    そのあと一時期は、「夜間の授業はあくまで臨時の措置であり、学校教育法そのものが想定しているものではない」「学齢超過者は学校教育ではなく社会教育で学ぶべきである」という趣旨で、教育行政において縮小・廃止の検討がされ、1968年には校数21校・生徒数416人に減少した。これに対し夜間中学卒業生の高野雅夫などの教育活動家が、廃止反対・設置要求の運動や、証言映画の上映をするなどの熱心な支援をしたため、夜間中学校は息を吹き返し、現在までも存続している。近年は、日本国籍を有していない生徒や、元不登校の生徒も増えてきている。第二次世界大戦降伏後しばらく、特に1955年から10年間ほどは、学齢期の生徒も多く通学していたが、学齢期のこどもの不正な労働の防止を目的として、現在では、学齢超過者のみに通学が制限されている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た入学試験

    私立中学校、国立中学校の大部分と、一部の公立中学校(主に中高一貫校)には、入学試験をはじめとする入学者選抜がある(中学受験)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た校舎

    二部授業とは、学校に在学する生徒を複数の組に分けて、別々の時間帯で授業を行うことである。学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)の第25条(市町村立小中学校等の設置廃止等についての届出)の第5号を根拠としている。校舎などの学校施設が、在学する生徒数に対して極端に不足している場合などに行われることもあるが、現代社会においては、昼間に通学して学習することが困難である人のために、夜間にも授業を行うことを指すことが多い。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た勤労

    社会に必要な職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見たギムナジウム

    ポーランドにおいてはギムナジウム(Gimnazjum)が存在し、3年課程の前期中等教育機関であり、13歳で入学し義務教育である。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た普通学級

    通常の学級とは、障害のない生徒を主として編成される学級のことであり、特別支援学級とは、障害のある生徒のために編成される学級のことである。多くの生徒は、通常の学級に所属するが、知的障害や発達障害などの障害がある生徒は、特殊学級に所属することもある(詳しくは、「特別支援学級」を参照のこと)。中学校 フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「中1ギャップ」のニューストピックワード