131件中 41 - 50件表示
  • 中学校

    中学校から見た学校の設置者

    通信教育ではあるものの、通信教育課程の設置者が東京都である関係で東京都内在住者・都内勤務者しか入学することができない。国語、社会、数学、理科、英語、音楽、美術、保健体育、技術・家庭の9教科を教育し、隔週の日曜日または土曜日に面接指導(スクーリング)がある。全課程を修了すると、卒業証書が発行される。通信教育の専任教員が1人しかいないなど、かなり厳しい状況といわれている。通信教育の募集定員は、約40人である。通信教育課程の設置者は東京都だが、学校事務は千代田区に委託されている。2005年3月までの校名は「千代田区立一橋中学校」だった。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た調査書 (進学と就職)

    多くの学校では期末考査による定期考査があり(定期考査を行わずに単元別の試験などを行う学校もある)、その成績と日常における学習の様子などが進学時の調査書(内申書)に反映される。中学校を卒業した人は、高等学校(高校)・中等教育学校の後期課程・専修学校高等課程(いわゆる高等専修学校)など後期中等教育を行う学校や、5年制の高等教育機関である高等専門学校(高専)に入学することが出来る。通例、これらの各学校による入学者選抜に合格することによって各学校から個別に入学が許可される。また、中学校を卒業しなかった人のために、文部科学省による中学校卒業程度認定試験(中認)などが存在する。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た修業年限

    小学校を卒業した者、または特別支援学校の小学部を修了した者が入学し、修業年限は、3年である。同等学校に中等教育学校の前期課程、特別支援学校の中学部がある。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た過年度生

    しかし、学齢超過者(4月1日時点で15歳以上の人)については、このような一般的な教育を受けることが困難であることが多く、学齢期の生徒が在学する一般的な中学校に新入学・編入学しようとしても拒否される場合もある(詳しくは、「学齢」「過年度生」を参照のこと)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た学校

    中学校(ちゅうがっこう)は、小学校の教育を基礎とし、小学校の課程を修了した生徒に心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする、前期中等教育段階の学校である。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た中等教育

    中学校(ちゅうがっこう)は、小学校の教育を基礎とし、小学校の課程を修了した生徒に心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする、前期中等教育段階の学校である。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た松本少年刑務所

    松本少年刑務所 - 義務教育の機会を逸した受刑者のために、中学校が設けられている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た学力

    夜間の授業を受けている人には、日本国籍を有していない人や同和地区の出身者など、ほとんど文字の読み書きができない成年の生徒も多く、そういった学齢超過者は、日本の現在の受け入れ態勢のもとでは小学校に入学することが困難であるため、中学校における夜間の授業は、日本語教室、識字教室、小学校の代替としての役割も果たさざるを得ないといわれている。また、授業時間は、昼間の授業よりも少ないことが多く、授業は、「中学校学習指導要領」(文部科学省告示)を完全に模倣することが難しい。そのため、国語、数学のように、日常生活の基本となる教科が重視され、それ以外の教科や実技教科(保健体育など)に割り当てられる時間数は少ない。生まれて初めて鉛筆を持つ人から、中学校に途中まで在学した人までの幅広い生徒が在籍し、生徒間の学力の差が大きいため、習熟度別授業を行っている事が多い。また、制服はない場合が多い。夜間の授業を受ける場合は、一般的に年間を通して随時入学できる。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た進路

    社会に必要な職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た東京圏

    2004年の時点で、夜間の授業を行う学校の数は35校、生徒数は約3000人であるが、夜間の授業に積極的な設置者(教育委員会、学校法人など)が、東京圏、大阪圏に集中しているため、やむなく、中学校の正規の授業として認可を受けていない「自主夜間中学」が日本全国の20校ほどの中学校と有志で運営されている。中学校における夜間の授業は、ほとんど知られていなかったが、1993年に上映されて話題となった山田洋次監督の映画『学校』で有名になった。中学校 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「中1ギャップ」のニューストピックワード