131件中 81 - 90件表示
  • 中学校

    中学校から見た教育行政

    そのあと一時期は、「夜間の授業はあくまで臨時の措置であり、学校教育法そのものが想定しているものではない」「学齢超過者は学校教育ではなく社会教育で学ぶべきである」という趣旨で、教育行政において縮小・廃止の検討がされ、1968年には校数21校・生徒数416人に減少した。これに対し夜間中学卒業生の高野雅夫などの教育活動家が、廃止反対・設置要求の運動や、証言映画の上映をするなどの熱心な支援をしたため、夜間中学校は息を吹き返し、現在までも存続している。近年は、日本国籍を有していない生徒や、元不登校の生徒も増えてきている。第二次世界大戦降伏後しばらく、特に1955年から10年間ほどは、学齢期の生徒も多く通学していたが、学齢期のこどもの不正な労働の防止を目的として、現在では、学齢超過者のみに通学が制限されている。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た基礎

    中学校は、小学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする(学校教育法第45条)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た日本語

    夜間の授業を受けるための入学資格を定めた法令等は存在しないものの、義務教育を修了していない人であり、かつ学齢を超過している人(満15歳に達した日以後に4月1日を迎えている人)である事が、実質的な夜間の授業を受ける要件とされる。すなわち、義務教育を修了した外国人が日本語を身につける事を目的として入学する事や、形式的にでも卒業証書を授与された元不登校者が入学する事や、学齢期の中学生が入学するのは難しいといわれる(ただし、例外もあるようである。詳しくは、「再入学」を参照)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た中高一貫校

    私立中学校、国立中学校の大部分と、一部の公立中学校(主に中高一貫校)には、入学試験をはじめとする入学者選抜がある(中学受験)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た特別支援学級

    通常の学級とは、障害のない生徒を主として編成される学級のことであり、特別支援学級とは、障害のある生徒のために編成される学級のことである。多くの生徒は、通常の学級に所属するが、知的障害や発達障害などの障害がある生徒は、特殊学級に所属することもある(詳しくは、「特別支援学級」を参照のこと)。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見たスクーリング

    通信教育ではあるものの、通信教育課程の設置者が東京都である関係で東京都内在住者・都内勤務者しか入学することができない。国語、社会、数学、理科、英語、音楽、美術、保健体育、技術・家庭の9教科を教育し、隔週の日曜日または土曜日に面接指導(スクーリング)がある。全課程を修了すると、卒業証書が発行される。通信教育の専任教員が1人しかいないなど、かなり厳しい状況といわれている。通信教育の募集定員は、約40人である。通信教育課程の設置者は東京都だが、学校事務は千代田区に委託されている。2005年3月までの校名は「千代田区立一橋中学校」だった。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た学年

    単式学級とは、一つの学年だけが所属する学級であり、複式学級とは、二学年以上が所属する学級である。大多数の学級は単式学級だが、過疎地などでは複式学級もよく見られる。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た社会 (教科)

    社会 - 地理的分野、歴史的分野、公民的分野中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た複式学級

    単式学級とは、一つの学年だけが所属する学級であり、複式学級とは、二学年以上が所属する学級である。大多数の学級は単式学級だが、過疎地などでは複式学級もよく見られる。中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中学校

    中学校から見た職業

    社会に必要な職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと。中学校 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「中1ギャップ」のニューストピックワード