前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 藤根靖晃

    藤根靖晃から見た丸三証券丸三証券

    1988(昭和63)年立命館大学経済学部卒業後、丸三証券(株)に入社。その後、ダン・アンド・ブラッドストリート・インフォメーション・サービシーズ・ジャパン(株)を経て、スミスバーニー証券会社へ移籍しアナリストとして活躍。 日興ソロモン・スミス・バーニー証券退社後は独立し、2000(平成12)年にアナリスト・ネット・ジャパン株式会社を設立するが経営難から2002(平成14)年解散。現在は(株)ティー・アイ・ダヴリュを拠点にアナリスト活動を行っている。藤根靖晃 フレッシュアイペディアより)

  • 勇気凛々

    勇気凛々から見た丸三証券丸三証券

    憲二郎の兄。光司・和子夫妻の長男。1964年(昭和39年)11月4日生まれ。大卒後、丸三証券へ就職し、経済的に自立する。勇気凛々 フレッシュアイペディアより)

  • 育英短期大学

    育英短期大学から見た丸三証券丸三証券

    現代コミュニケーション学科:一般企業への就職者が多い。実績の一例として資生堂・ 群馬ダイハツ自動車・中央出版・ 群馬ヤクルト販売・丸三証券・日本郵政公社・国民生活金融公庫などがある。幼稚園などの教員に就く人もいる。育英短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 松井房吉

    松井房吉から見た丸三証券丸三証券

    三重県桑名市の医者の家に生まれる。松井家に養子に出され松井姓になる。日本橋蛎殻町で丸三商店(現丸三証券)創業者の一人である川北徳三郎のもとで相場を修業し、川北とともに日本橋兜町に進出する。兜町で5人の仲間と匿名組合を設立して、株取引の仲介業務を始め、1918年5月10日他の5人から権利を買い取り松井房吉商店を創業。兜町では「売りの房吉」と恐れられ、第一次世界大戦後の1920年3月15日の株価大暴落で、兜町でただ一人大儲けをし、巨万の富を築く。その後は、大相場を張らなくなり、金、ダイヤ、国債、南満州鉄道などの国策会社の株券を買ったが、戦争で国に供出したり、敗戦で価値が無くなるなどして、自宅・自社ビル以外のほぼ全ての財産を失う。1949年息子の武に会社を譲り、翌年死去。松井房吉 フレッシュアイペディアより)

  • 新島学園短期大学

    新島学園短期大学から見た丸三証券丸三証券

    国際文化学科&キャリアデザイン学科:一般企業への就職者が多い。実績の例としてイオン・群馬ダイハツ自動車・スズキ自販群馬・日産プリンス群馬販売・マイカル・ヤマダ電機・東和銀行・アイオー信用金庫・かんら信用金庫・ぐんま信用金庫・高崎信用金庫・丸三証券・日本郵政公社・群馬中央バスなどがある。新島学園短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 徳田博美

    徳田博美から見た丸三証券丸三証券

    東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、海軍主計科短期現役、所謂「短現組」第11期として、1944年9月、海軍経理学校卒業。戦後の1949年に東大を経て大蔵省入省。同期には高橋元(大蔵事務次官)、金子太郎(環境事務次官、丸三証券社長)、戸塚岩夫(関税局長)、北田栄作(造幣局長、同期トップ入省者)ら。徳田博美 フレッシュアイペディアより)

  • 白鴎大学女子短期大学部

    白鴎大学女子短期大学部から見た丸三証券丸三証券

    経営科:鹿島建設・茨城銀行・日立製作所・日本鋼管・住友電装・尾穴ソニック電工・昭和アルミニウム・アイワ・日本製粉・本田技研工業・アキレス・トステム・ NOK・日本油脂・増田製作所・東北電力・東日本旅客鉄道・キユーソー流通システム・コジマ・コーセー・日伝 ・シャディ・梅澤・栃木トヨタ自動車・栃木トヨペット・ヤナセ栃木・トヨタレンタリース・フランドル・岩谷産業・ジャスコ・農林中央金庫・足利銀行・群馬銀行・山形銀行・広島銀行・東邦銀行・関東つくば銀行・中央信託銀行・鹿沼相互信用金庫・烏山信用金庫・結城信用金庫・野村證券・丸三証券・山種証券・住友生命保険・セントラルファイナンス・大新東・TKC・東電広告ほか。白鴎大学女子短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • ワリコー

    ワリコーから見た丸三証券丸三証券

    元々は日本興業銀行(興銀)が発行・発売した「割引興業債券」。略して「割興」なので「ワリコー」と名付けられた。日本興業銀行の債券窓口の他、興銀と関係のある証券会社(新光証券(旧和光証券+旧新日本証券、現みずほ証券)や日興コーディアル証券(旧日興証券、現SMBC日興証券)、水戸証券、丸三証券、大和証券(※主要融資団の協調融資から、主力行は三井住友銀行(旧住友銀行))、アイザワ証券(旧藍澤證券)など)でも販売していた。ワリコー フレッシュアイペディアより)

  • ビジネスマンNEWS

    ビジネスマンNEWSから見た丸三証券丸三証券

    番組は主に、ニューヨークなど海外の市況速報と、日本経済新聞など日経4紙の記事紹介、ゲストへのインタビュー、その他のニュースと天気予報の紹介などによって構成されていた。当初は富士通の一社提供で放送されていたが、途中から同社に加え、丸三証券などの複数社提供となった。ビジネスマンNEWS フレッシュアイペディアより)

  • 門司親徳

    門司親徳から見た丸三証券丸三証券

    1946年日本興業銀行に復職。1967年取締役総務部長。1970年丸三証券社長。1977年8月フィリピンに慰霊のため訪問する。1981年丸三証券相談役。1987年株式会社ニチロ監査役兼務。門司親徳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「丸三証券」のニューストピックワード