前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 亀山公園こどもの国

    亀山公園こどもの国から見た丸亀城丸亀城

    亀山公園こどもの国(かめやまこうえんこどものくに)は、かつて香川県丸亀市の丸亀城内にあった遊園地である。亀山公園こどもの国 フレッシュアイペディアより)

  • 引田城

    引田城から見た丸亀城丸亀城

    引田城は高松城や丸亀城と同じく生駒時代の城であるが、その後香川の歴史上から消え去っている。それは同じく高松城の支城であった丸亀城のように、その後再築されなかった事も要因の一つだと言われている。引田城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀藩

    丸亀藩から見た丸亀城丸亀城

    丸亀藩(まるがめはん)は、讃岐国(香川県)の西部を領し、丸亀城(丸亀市)を本城とした藩。藩主は生駒氏、山崎氏、京極氏と続き廃藩置県を迎えた。丸亀藩 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀市立資料館

    丸亀市立資料館から見た丸亀城丸亀城

    丸亀市の歴史および民俗資料を収集、収蔵、展示紹介する資料館として1972年に開館した。丸亀城城郭内、天守の西にある資料館で、本館と付属の民具展示場で構成される。藩政時代の丸亀城と京極氏に関する資料のほか、美術工芸品や民具など20000点以上を所蔵、数百点を常設展示する。年に数回、企画展が開催される。丸亀市立資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 京極高通 (讃岐国多度津藩主)

    京極高通 (讃岐国多度津藩主)から見た丸亀城丸亀城

    元禄7年(1694年)高豊が病没した(享年40)。これにより高或が丸亀を襲封し、高通は多度津(香川県仲多度郡多度津町)周辺に1万石を賜り、多度津藩初代藩主となった。藩庁は丸亀城内に置かれ、麻布鳥居坂に江戸藩邸が置かれた。宝永6年(1709年)叙任。襲封はわずか4歳であったため、正徳元年(1711年)になってようやく実質的に藩主として政務を執った。京極高通 (讃岐国多度津藩主) フレッシュアイペディアより)

  • 黒田治高

    黒田治高から見た丸亀城丸亀城

    宝暦4年(1754年)5月28日、丸亀城にて生まれた。天明元年(1781年)2月2日、福岡藩主・黒田治之の末期養子として家督を相続した。同年2月18日、将軍徳川家治に御目見した。同年3月7日、従四位下侍従・筑前守に叙任し、治高と改名。同年3月15日、初めてのお国入りの許可を得る。同年5月、福岡に入った。同年8月21日、福岡城において死去、29歳。なお、幕府には10月24日死亡と届けた。一橋徳川家当主・徳川治済の三男・黒田斉隆を末期養子に迎えた。黒田治高 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡城

    富岡城から見た丸亀城丸亀城

    この年、天草郡4万2千石は山崎家治に与えられ、備中国成羽城より入城し富岡藩が成立した。家治は入封すると早速、城の改修に着手した。百間塘と呼ばれる土手道を整備し、袋池を構えて内堀の代わりとした。また、大手門を造営した。寛永18年(1641年)城の改修が終了したが、この年に家治は讃岐国丸亀城に転出となった。富岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野山

    飯野山から見た丸亀城丸亀城

    File:Iinoyama01s3200.jpg|丸亀城より望む飯野山と丸亀市街飯野山 フレッシュアイペディアより)

  • 四国国分

    四国国分から見た丸亀城丸亀城

    天正13年、四国国分によって讃岐の大半が仙石秀久にあたえられたが、秀久は約1年半後に、また、その後に入国した尾藤知宣は半年も経過しないうちに、いずれも九州征伐での軍事的失敗の責を問われて讃岐を取り上げられた。こののち、天正15年(1587年)に播磨国赤穂(兵庫県赤穂市)6万石の領主であった生駒親正が加増のうえ讃岐に転封となって以後、讃岐の近世が本格的に幕を切ることとなる。なお、親正入部のころの讃岐の石高は15万石内外と推定されるが、慶長6年(1601年)には17万1800石余に増加している。親正は、天正16年(1588年)、香東郡野原庄(高松市)において新高松城(現在の高松城)の築城を開始し、慶長2年(1597年)には讃岐西部の拠点として丸亀城(丸亀市)築城に着手した。四国国分 フレッシュアイペディアより)

  • 京極高豊

    京極高豊から見た丸亀城丸亀城

    初代藩主・京極高和の次男。1662年(寛文2年)に父の死により家督を継いだ。寛文4年(1664年)、曾祖母常高院の所領であった近江蒲生郡内の1400余石を加増され、このうち3000石を義兄高房へ分知した。寛文12年(1672年)、幕府に請願して近江の所領と播磨国2村を交換し、同地にあり京極氏歴代の菩提寺であった近江清滝寺を復興、付近に散在していた墓碑を一カ所に集めて整理し三重塔を寄進し歴代当主の墓を集めて並べ、寺院名を父の法名に基づき徳源院と改めた。この三重塔は現在、滋賀県の指定文化財に指定されている。延宝2年(1674年)、桜田久保町に上屋敷を建設し、駿河台狩野派の絵師田中八兵衛に鳳凰、牡丹、菊、四季山水、吉野竜田などを題材にする華やかな屏風類を製作させた。高豊は絵画に非常に堪能であったといい、野々村仁清にこの屏風絵をそのまま描いた壷を発注した文書が残り、その芸術的才能の片鱗をうかがわせる。仁清窯と京極家の関わりは高豊に始まるという。延宝4年(1676年)に丸亀城に移る。貞享5年(1688年)には城下町近くの下金倉村に大名庭園を築き万象園と名付ける。京極氏の故郷である近江の琵琶湖を模した池を中央に置き近江八景を配したこの庭園は日本三大海浜庭園の一つに数えられる。この間延宝9年(1681年)に叙任している。京極高豊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「丸亀城」のニューストピックワード