51件中 21 - 30件表示
  • 丸亀市民会館

    丸亀市民会館から見た丸亀城丸亀城

    丸亀市民会館(まるがめしみんかいかん)は、香川県丸亀市に存在する香川県中讃地区最大の多目的ホールである。大ホール(固定席1,302席、車椅子席4席)、中ホールなどが存在する。丸亀城の北側にある。丸亀市民会館 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田治高

    黒田治高から見た丸亀城丸亀城

    宝暦4年(1754年)5月28日、丸亀城にて生まれた。天明元年(1781年)2月2日、福岡藩主・黒田治之の末期養子として家督を相続した。治之には子女が早世し居なかった為、黒田氏と同じく先祖を宇多源氏佐々木流を称する同族京極氏から迎えたという。黒田家では治高を三代光之の娘、筑姫の子孫として養子を貰い受けたというが、京極家の記録では実際には血は受け継いでいない。同年2月18日、将軍徳川家治に御目見した。同年3月7日、従四位下侍従・筑前守に叙任し、養父・治之と同じく家治より偏諱を受けて治高と改名。同年3月15日、初めてのお国入りの許可を得る。同年5月、領地福岡に入ったが同年8月21日、福岡城において死去した。29歳。なお、幕府には10月24日死亡と届けた。後嗣は生前に仮養子として指名していた一橋徳川家当主・徳川治済(養父・黒田治之の兄)の三男・雅之助(黒田斉隆)を末期養子に迎え、一代限りの京極家からの藩主であった。黒田治高 フレッシュアイペディアより)

  • 飯野山

    飯野山から見た丸亀城丸亀城

    File:Iinoyama01s3200.jpg|丸亀城より望む飯野山と丸亀市街飯野山 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎家治

    山崎家治から見た丸亀城丸亀城

    入国当時は寺院を宿所としていたが、翌寛永20年(1642年)には廃城となっていた丸亀城に新城造営を計画し許され、幕府より白銀300貫を賜り、かつ参勤交代を免除された。山崎家治 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎俊家

    山崎俊家から見た丸亀城丸亀城

    元和3年(1617年)、初代藩主・山崎家治の長男として誕生。慶安元年(1648年)3月、父・家治の死により同年6月14日に家督を継いで藩主となった。このとき、四弟・勝政に1000石を分与したが、翌年に勝政が死去したため、その所領を再び接収している。慶安2年(1649年)、丸亀城の石垣・堀などの修築に尽力した。山崎俊家 フレッシュアイペディアより)

  • 秋寅の館

    秋寅の館から見た丸亀城丸亀城

    丸亀駅と丸亀城を結ぶ通町商店街に立地する。秋寅の館 フレッシュアイペディアより)

  • 京極朗徹

    京極朗徹から見た丸亀城丸亀城

    文政11年(1828年)9月17日、京極氏一族の京極高周(右近)の五男として丸亀城で生まれる。天保15年(1844年)2月23日に第6代藩主京極高朗の養子となり、2月25日には婿養子に迎えられた。嘉永2年(1849年)12月16日、従五位下・佐渡守に叙位・任官する。嘉永3年(1850年)3月7日、高朗が隠居したため、家督を継いだ。京極朗徹 フレッシュアイペディアより)

  • 喰違門

    喰違門から見た丸亀城丸亀城

    「御当家紀年録」によれば、寛永13年の外濠普請の際、この門の升形は丸亀城主生駒壱岐守高俊の助役で組み上げられたものであるという。喰違門 フレッシュアイペディアより)

  • 大手門

    大手門から見た丸亀城丸亀城

    丸亀城大手門 - 渡櫓型の櫓門と高麗門からなる枡形門。1670年(寛文10年)ごろの再建。国の重要文化財。大手門 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀駅

    丸亀駅から見た丸亀城丸亀城

    丸亀市コミュニティバス「ぐるっとバス」 丸亀西線(労災病院方面) 丸亀城前・労災病院方面丸亀駅 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「丸亀城」のニューストピックワード