1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 生駒氏

    生駒氏から見た丸亀城丸亀城

    土田氏には信長の祖母いぬゐ、母土田御前、信長・秀吉に仕え重用された親正が出る。讃岐国6万石余りを与えられ丸亀城に移り大名となる。生駒氏 フレッシュアイペディアより)

  • 予讃線

    予讃線から見た丸亀城丸亀城

    予讃線の沿線には日本100名城にも選定されている城が多く、うち丸亀・松山・宇和島の3城には現存天守がある。予讃線始発駅は高松駅。本州四国連絡橋ができるまでは、宇高連絡船が高松城(別名玉藻城)の月見櫓を横に見て入港した。丸亀城天守は丸亀駅南側の石垣で覆われた亀山山頂(標高66m)にあり、車窓からも見える。予讃線 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀市

    丸亀市から見た丸亀城丸亀城

    中心には、現存する天守と美しい石垣で知られる丸亀城がそびえ、市の象徴となっている。また、丸亀うちわの製造が伝統産業で、生産量は全国の9割をも占める。丸亀市 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た丸亀城丸亀城

    御三階櫓(おさんがいやぐら・ごさんがいやぐら)は、江戸時代の武家諸法度や一国一城令などの発布により、天守の存在しない城に建築されていた三重櫓の名称である。幕府への配慮から天守の名称を避けて呼んだ「実質上の天守」である。城によっては、御三階(小倉城)や大櫓(白石城)、三重櫓(白河小峰城)とも呼ばれた。三階という名にもかかわらず、金沢城や水戸城のように内部は5階や4階の場合もある。なかには、盛岡城のように後に天守と言い直されたものもある。天守と同様に本丸に建てられることが多かったが、徳島城や水戸城の御三階櫓のように二の丸に建てられることもあった。現存している御三階櫓には、弘前城天守や丸亀城天守がある。天守 フレッシュアイペディアより)

  • 高松中央商店街

    高松中央商店街から見た丸亀城丸亀城

    高松中央商店街において中心的な商店街。南北に伸び、この商店街を境に以西がビジネス街、以東が繁華街や歓楽街である。最も歴史が古く、高松を開拓した生駒親正により高松城築城と同時に造られた通りである。生駒親正は那珂郡丸龜(現在の丸亀市)の丸亀城に居住したが、徳川幕府からの「一国一城」の命に従い、高松玉藻城に移り丸亀から町人を連れて来て商売をさせたのが名前の由来。当時から現在に至るまで最も人通りが多く、また賑わいがある。幅員は狭いが、再開発後のビルを後退させて建築することにより事実上の拡幅を推進している。高松中央商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 高松城 (讃岐国)

    高松城 (讃岐国)から見た丸亀城丸亀城

    2009年3月、生駒家の家紋(波引車)を模した瓦が堀底から初出土した。天守に使用されていた可能性が高い。これまでは松平家のものしか出土しておらず、生駒氏が築城した高松城、丸亀城、引田城の跡で家紋が入った瓦が出土するのは初めてである。高松城 (讃岐国) フレッシュアイペディアより)

  • 龍野城

    龍野城から見た丸亀城丸亀城

    江戸時代に万治元年京極高和の丸亀移転の際に破却されたが、1672年に脇坂安政によって龍野城が再建された。この際山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭になった。現在の本丸御殿は1979年に再建されたものである。龍野城 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「丸亀城」のニューストピックワード