51件中 11 - 20件表示
  • 丸亀城

    丸亀城から見た高松城 (讃岐国)

    慶長2年(1597年)豊臣政権の時代、生駒親正が讃岐17万石を与えられ高松城を本城とし、亀山に支城を築く。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た室町時代

    室町時代初期、管領・細川頼之の重臣の奈良元安が亀山に砦を築く。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た琴平参宮電鉄

    内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た日本100名城

    平成18年(2006年)4月6日、日本100名城(78番)に選定され、平成19年(2007年)6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た丸亀市立資料館

    昭和47年(1972年)丸亀城や京極氏に関わる史料を展示する丸亀市立資料館が開館。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た由利本荘市

    寛永17年(1640年)生駒氏、お家騒動(生駒騒動)のため出羽国矢島(現・秋田県由利本荘市)に転封となる。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た第11師団 (日本軍)

    内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た平山城

    丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、輪郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。山麓から山頂まで4重に重ねられ、総高60メートルの石垣は日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。頂部の本丸には江戸時代に建てられた御三階櫓が現存する。この建物は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15メートルあり、現存三重天守の中で最も小規模である。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た国宝

    昭和18年(1943年)天守が国宝保存法に基づき旧国宝(現行法の「重要文化財」に相当)に指定される。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た破風

    丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、輪郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。山麓から山頂まで4重に重ねられ、総高60メートルの石垣は日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。頂部の本丸には江戸時代に建てられた御三階櫓が現存する。この建物は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15メートルあり、現存三重天守の中で最も小規模である。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「丸亀城」のニューストピックワード