60件中 31 - 40件表示
  • 丸亀城

    丸亀城から見た丸亀市城内グラウンド

    丸亀市城内グラウンド(2016年3月限りで閉鎖)丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た歩兵第12連隊

    内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た大手門

    万治3年(1660年) - 高和は城の裏口にある海側の搦め手門を大手門に変更した。その大手門から見上げる石垣の端に、現在の3層3階の御三階櫓が完成した。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た標高

    丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、渦郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」と呼ばれる。山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一であり、単体としての日本一高い石垣は大坂城で、僅差で上野城が続いている。ちなみに大坂城は実測値33メートル、上野城の高さは約30メートルである。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た日本100名城

    平成18年(2006年)4月6日 - 日本100名城(78番)に選定された。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た第11師団 (日本軍)

    内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た平山城

    丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、渦郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」と呼ばれる。山麓から山頂まで4重に重ねられ、合わせると60メートルになり、総高としては日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。誤解されやすいが、あくまで総高としての日本一であり、単体としての日本一高い石垣は大坂城で、僅差で上野城が続いている。ちなみに大坂城は実測値33メートル、上野城の高さは約30メートルである。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た管領

    室町時代初期 - 管領・細川頼之重臣の奈良元安が亀山に砦を築く。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た江戸幕府

    寛永20年(1643年) - 城の改修に着手。幕府が家治に、瀬戸内の島々にいたキリシタンの蜂起に備えるための城をつくらせたのではないかと云われ、幕府は丸亀藩に銀300貫を与え、参勤交代を免除し、突貫工事をやらせている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見たキリシタン

    寛永20年(1643年) - 城の改修に着手。幕府が家治に、瀬戸内の島々にいたキリシタンの蜂起に備えるための城をつくらせたのではないかと云われ、幕府は丸亀藩に銀300貫を与え、参勤交代を免除し、突貫工事をやらせている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「丸亀城」のニューストピックワード