51件中 41 - 50件表示
  • 丸亀城

    丸亀城から見た石垣

    丸亀市街地の南部に位置する亀山(標高66メートル)を利用し、縄張りはほぼ四角形で亀山の廻りを堀(内堀)で囲む、輪郭式の平山城である。石垣は、緩やかであるが荒々しい野面積みと端整な算木積みの土台から、頂は垂直になるよう独特の反りを持たせる「扇の勾配」となっている。山麓から山頂まで4重に重ねられ、総高60メートルの石垣は日本一高く、三の丸石垣だけで一番高い部分は22メートルある。頂部の本丸には江戸時代に建てられた御三階櫓が現存する。この建物は唐破風や千鳥破風を施して漆喰が塗られ高さは15メートルあり、現存三重天守の中で最も小規模である。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た歩兵第12連隊

    内堀の周囲には侍屋敷が建ち並び、この周囲を外堀が方形に取り囲んでいた。侍屋敷は明治時代に大半が取り壊され跡地に善通寺第11師団の丸亀歩兵第12連隊、裁判所や小・中学校などが建てられた。外堀は明治頃まで存在していたが、琴平参宮電鉄の路線延長とその後の廃線や旧国道11号(県道33号線)の整備などにより、年とともに減少し、一部残されていた南側の箇所も今は埋め立てられ、外濠緑道公園として整備されている。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た大手門

    万治3年(1660年)高和は城の裏口にある海側の搦め手門を大手門に変更した。その大手門から見上げる石垣の端に、現在の3層3階の御三階櫓が完成した。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た京極氏

    万治元年(1658年)山崎氏、3代で無嗣断絶し改易となる。代わって播磨国龍野(現・兵庫県たつの市)より京極高和が6万石で入封。以後、明治時代まで京極氏の居城となる。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た苓北町

    寛永18年(1641年)山崎家治が肥後国富岡(現・熊本県天草郡苓北町)より5万石で入封。丸亀藩が立藩。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た改易

    万治元年(1658年)山崎氏、3代で無嗣断絶し改易となる。代わって播磨国龍野(現・兵庫県たつの市)より京極高和が6万石で入封。以後、明治時代まで京極氏の居城となる。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た

    丸亀城(まるがめじょう)は讃岐国、現在の香川県丸亀市にあったである。別名、亀山城、蓬莱城ともいう。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た秋田県

    寛永17年(1640年)生駒氏、お家騒動(生駒騒動)のため出羽国矢島(現・秋田県由利本荘市)に転封となる。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た香川県

    丸亀城(まるがめじょう)は讃岐国、現在の香川県丸亀市にあった城である。別名、亀山城、蓬莱城ともいう。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

  • 丸亀城

    丸亀城から見た熊本県

    寛永18年(1641年)山崎家治が肥後国富岡(現・熊本県天草郡苓北町)より5万石で入封。丸亀藩が立藩。丸亀城 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「丸亀城」のニューストピックワード