前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示
  • 尾亦弘友希

    尾亦弘友希から見た丸橋祐介丸橋祐介

    2008年からJ2セレッソ大阪へ完全移籍。湘南時代には成し遂げられなかったJ1昇格を目指していたが、3月23日の第4節で右大臀部筋損傷を負い2ヶ月の戦線離脱。その負傷から復帰したあとの8月9日、J2第30節の古巣・湘南との試合中に右アキレス腱断裂の大怪我を負い、全治6ヵ月と診断された。2009年シーズン終盤に復帰。2010年は負傷離脱中に台頭した石神直哉からポジションを奪い返し、序盤はレギュラーとして出場していたが、W杯中断期間に負傷して以降は丸橋祐介にポジションを奪われ、リーグ戦の出場は無かった。2011年は自ら希望して背番号をプロ入り時と同じ32に変更。巻き返しを図り、自身初のACL出場も果たしたが、レギュラーを奪回するまでには至らず、同年限りでC大阪を退団した。尾亦弘友希 フレッシュアイペディアより)

  • 石神直哉

    石神直哉から見た丸橋祐介丸橋祐介

    2010年、鹿島との3年契約が満了だったこともあり、復帰せずC大阪に完全移籍。負傷離脱から戻った尾亦弘友希とポジションを争っていたが、シーズン序盤は尾亦にレギュラーを奪われ、W杯明け後には若手の丸橋祐介の台頭もあった為、途中出場の多いシーズンとなった。石神直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 山口螢

    山口螢から見た丸橋祐介丸橋祐介

    育成組織時代は名張市内から1時間以上かけて毎日練習に参加していた。2009年、セレッソ大阪U-18からトップ昇格。シーズン終盤にベンチ入りし途中出場の機会を得るが、翌2010年の出場機会は前年よりも少ない2試合に留まった。レギュラーに定着できずベンチ入りする事もままならない状況で、シーズン途中からレギュラーに定着した同期入団の丸橋祐介とは対照的な結果となった。山口螢 フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見た丸橋祐介丸橋祐介

    丸橋祐介 (セレッソ大阪U-18→セレッソ大阪)高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年

    1990年から見た丸橋祐介丸橋祐介

    9月2日 - 丸橋祐介、サッカー選手1990年 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河へキックオフ!!

    銀河へキックオフ!!から見た丸橋祐介丸橋祐介

    第13回 - セレッソ大阪(柿谷曜一朗、丸橋祐介、永井龍) VS セレッソ大阪ジュニア銀河へキックオフ!! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示

「丸橋祐介」のニューストピックワード