前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
420件中 1 - 10件表示
  • ロッキード事件

    ロッキード事件から見た丸紅丸紅

    さらに収賄、贈賄双方の立場となった全日空の若狭得治社長以下数名の役員及び社員、ロッキードの販売代理店の丸紅の役員と社員、行動派右翼の大物と呼ばれ、暴力団やCIAとも深い関係にあった児玉誉士夫や、児玉の友人で「政商」と呼ばれた国際興業社主の小佐野賢治と相次いで逮捕者を出した。また、関係者の中から多数の不審死者が出るなど、第二次世界大戦後の日本の疑獄を代表する大事件となった。ロッキード事件 フレッシュアイペディアより)

  • ダイエー

    ダイエーから見た丸紅丸紅

    だが、失われた20年が始まる1990年代後半から業績悪化が表面化。大規模な出店攻勢をした後の不採算店の閉鎖を行ったこともあり、テナントとして入っていたビルが空き店舗になったままで、同じくテナントとして入っている別の店舗の売り上げが急激に落ちたり、商店街の集客力がなくなったりと、いわば閉鎖の余波とも捉えられる問題が少なからず起きる。経済産業省出身の雨貝二郎会長から引き続いて、高木邦夫社長時代の2004年から産業再生法の適用及び産業再生機構からの支援を経て、丸紅およびイオンとの連携のもと、非主力事業の譲渡やコア事業である小売部門の縮小などの再建策が行われる。この再建策により経営破綻・倒産は回避された。ダイエー フレッシュアイペディアより)

  • イオングループ

    イオングループから見た丸紅丸紅

    グループのプライベートブランドとして「トップバリュ」 (TOPVALU) を展開しており、連結子会社のみならず、持分法適用関連会社群を始めとした業務・資本提携先企業群でも同ブランドの商品が販売させており(従来の各社のプライベートブランドの一部を置き換えさせている場合もある)、これには丸紅と共同でイオンが事業再建に協力しているダイエーも含まれる。イオングループ フレッシュアイペディアより)

  • シネックスインフォテック

    シネックスインフォテックから見た丸紅丸紅

    シネックスインフォテック株式会社('')は、パソコンなどのOA機器を扱う商社である。かつては丸紅グループの「丸紅インフォテック株式会社」であった。シネックスインフォテック フレッシュアイペディアより)

  • 豊郷町立豊郷小学校

    豊郷町立豊郷小学校から見た丸紅丸紅

    しかし、初代校舎は生徒の増加に伴って手狭になり、同時に校舎の腐朽も進行していた。このため1937年に丸紅の専務取締役であった古川鉄治郎が学校の新築費用の寄付を申し出、後述する2代目校舎が建築された。豊郷町立豊郷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 豊郷町

    豊郷町から見た丸紅丸紅

    江戸時代には全域が彦根藩領となった。中世から続く商業活動がなお活発に行われ、江戸時代から近代にかけて多くの近江商人が生まれた。特に下枝村の藤野家は蝦夷地の開拓・交易で成功、貧民救済事業でも活躍した。また伊藤忠商事・丸紅の創業者である初代伊藤忠兵衛は八目村の出身である。明治以降も藤野家や伊藤家をはじめとする豪商達は豊郷の発展に大きく貢献した。しばしば村政に関わったほか、石畑郵便受取所(現在の豊郷郵便局)の開設(1901年、中島常七)、電話サービスの開始(1912年、二代目伊藤忠兵衛)、豊郷病院設立(1925年、七代目伊藤長兵衛)、豊郷小学校校舎建設(1937年、古川鉄治郎)などの功績が残っている。豊郷町 フレッシュアイペディアより)

  • イオン (企業)

    イオン (企業)から見た丸紅丸紅

    岡田卓也が岡田屋時代に視察した米国のショッピングモールに感化したのを機に、共同仕入れ会社のジャスコ設立の際にあわせて「ダイヤモンドシティ」(2007年(平成19年)にイオンモールに合併)を三菱商事との共同出資で設立し、共同でショッピングセンターの開発に関わっている。また、それらの多くを三菱グループの日本リテールファンド投資法人が所有している。さらに、コンビニエンスストア業界参入により設立した「ミニストップ」では資材調達で三菱商事と協力関係にある。2008年(平成20年)末には、三菱商事が筆頭株主になった。2007年(平成19年)以後はダイエーの再建事業の推進にあたり、丸紅とも近い関係にある。また、奇しくも同じ主力行であり、かつて同業においてダイエーに次ぐ“西の雄”とも言われた「マイカル」の支援企業として名乗りを上げ、系列下に収めたのもやはり同社であった。近年のサブプライムショックに端を発する不況による売上不振と信用収縮に伴う財務不安の払拭を狙い、先述のとおり元々旧ダイヤモンドシティの合弁相手であった三菱商事が筆頭株主に成り、信用補完を行っているが、社債の格付けでは今もセブン&アイ・ホールディングスやユニー・ファミリーマートホールディングスより低いため、三菱グループの日本リテールファンド投資法人による不動産投資信託等の別の資金調達手段を多用している。イオン (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 芙蓉グループ

    芙蓉グループから見た丸紅丸紅

    富士銀行を中心とした企業集団が明確に形成されるのは、1955年以降のことである。経営不安に陥った商社の高島屋飯田(百貨店高島屋の流通部門を分離したもの)の営業譲渡先が模索される中、三井物産なども候補に挙がったが、結果として富士銀行が主導で丸紅との合併話が進んだ。これに伴い、繊維部門偏重だった丸紅は総合商社としての地位を高め、同時にそれまでメインバンクだった住友銀行から富士銀行へと接近した(なお、現在の丸紅融資団の中にいる三井住友銀行はかつてのさくら銀行であった)。芙蓉グループ フレッシュアイペディアより)

  • エコガールズ

    エコガールズから見た丸紅丸紅

    丸紅OKIネットソリューションズ運営サイト企画 インターネットTV「EcoGirls Growing Station」(2010年11月24日?)エコガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 三崎ウィンド・パワー

    三崎ウィンド・パワーから見た丸紅丸紅

    三崎ウィンド・パワー株式会社(みさきうぃんど・ぱわー、MISAKI WIND POWER Co., Ltd.)は、愛媛県西宇和郡伊方町にある、風力発電事業を目的とした事業会社。地元伊方町と総合商社丸紅が出資設立した第三セクター。佐田岬半島の先端(同町三崎地区)にて、四国最大規模の風力発電所、三崎ウインドパークを建設,運営している。三崎ウィンド・パワー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
420件中 1 - 10件表示

「丸紅」のニューストピックワード