298件中 21 - 30件表示
  • 茂木敏充

    茂木敏充から見た丸紅丸紅

    丸紅、読売新聞社、マッキンゼー・アンド・カンパニーでの勤務を経て、第40回衆議院議員総選挙にて初当選。小渕第2次改造内閣、第1次森内閣で通商産業政務次官を務め、第1次小泉第1次改造内閣では外務副大臣を務めた。閣僚としては第1次小泉第2次改造内閣、第2次小泉内閣にて内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、内閣府特命担当大臣(個人情報保護担当)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)を兼任し、福田康夫改造内閣では内閣府特命担当大臣(金融担当)を務めた。また、早稲田大学の大学院国際情報通信研究科にて、客員教授を務めている。茂木敏充 フレッシュアイペディアより)

  • 富士スピードウェイ

    富士スピードウェイから見た丸紅丸紅

    富士スピードウェイ建設は、丸紅副社長森長英から河野一郎(建設大臣)に話があった。その頃河野は名神高速道路の建設を担っており、長時間高速走行可能な国産車を開発する必要があり、また自動車の輸入自由化のこともあり、外車の性能と比較しても遜色ない国産車を開発するには、サーキットの存在は大きな意味があった。鈴鹿サーキットはホンダのサーキットであるし、また、当時は二輪レース用のサーキットと思われており、四輪レースにも十分な幅員を持つサーキットが望まれていた。富士スピードウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 東ハト

    東ハトから見た丸紅丸紅

    関連会社によるゴルフ場開発が失敗して多額の負債を抱えたことで、2003年に民事再生法の適用を申請して倒産する。しかし、本業の食品事業については黒字経営であったため、倒産の原因となった不動産事業を分離して、ユニゾンキャピタル傘下にてバンダイと丸紅の協力を得て再建された。東ハト フレッシュアイペディアより)

  • マルエツ

    マルエツから見た丸紅丸紅

    長らくダイエーグループの主力企業であったが、ダイエーが丸紅の子会社となった関係で、2006年10月6日以降は丸紅が実質的な親会社となっていた。2007年3月のダイエー・丸紅・イオンの3社間資本・業務提携での合意による株主異動の結果、現在は親会社はいなくなったが、「その他の関係会社」として丸紅とイオンが主要株主となっている。また、ダイエーも出資から完全に手をひいたわけではなく、少数ではあるが株式を保有している。他にもダイエーグループ時代の名残で、現在もダイエー恒例「一の市」などを実施しているほか、ダイエーグループ商品券も利用可能である。マルエツ フレッシュアイペディアより)

  • ソフマップ

    ソフマップから見た丸紅丸紅

    この経営危機は、最終的に総合商社の丸紅による資本参加を受けてひとまず乗り切り、以後は企業体質と業績の改善を目指す事になったが、それには長い時間を費やすことになった。ソフマップ フレッシュアイペディアより)

  • みずほフィナンシャルグループ

    みずほフィナンシャルグループから見た丸紅丸紅

    富士銀行は、融資先の芙蓉グループ各企業が弱体化、親密な山一證券が破綻し、丸紅や日産自動車の経営不安が囁かれ、ゼネコンの会社更生法申請が相次いだ。公的資金の注入額は銀行最多の1兆円に達した。1998年には系列の安田信託銀行の救済にあたって第一勧銀の協力を得ており、また傘下の勧角証券の大株主だったこともあり、かねてから「合併の第一候補としてはまず第一勧銀」(山本惠朗頭取)と公言していた。みずほフィナンシャルグループ フレッシュアイペディアより)

  • 河野洋平

    河野洋平から見た丸紅丸紅

    1955年(昭和30年)、早稲田大学高等学院を卒業し、早稲田大学政治経済学部経済学科に入学(同級生に福田康夫)。1959年(昭和34年)に大学を卒業し、丸紅飯田(1972年に社名変更して丸紅となる)に入社した。大阪本社財務部、食糧部、東京支社砂糖食料品部に勤務。河野洋平 フレッシュアイペディアより)

  • イオングループ

    イオングループから見た丸紅丸紅

    グループのプライベートブランドとして「トップバリュ」 (TOPVALU) を展開しており、連結子会社のみならず、持分法適用関連会社群を始めとした業務・資本提携先企業群でも同ブランドの商品が販売させており(従来の各社のプライベートブランドの一部を置き換えさせている場合もある)、これには丸紅と共同でイオンが事業再建に協力しているダイエーも含まれる。イオングループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱商事

    三菱商事から見た丸紅丸紅

    かつてより十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)中の主流を占め、現在では総合商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、豊田通商、双日)中のトップである。三菱商事 フレッシュアイペディアより)

  • 財閥解体

    財閥解体から見た丸紅丸紅

    大建産業株式会社(伊藤忠財閥) → 現在の伊藤忠商事・丸紅・呉羽紡績(東洋紡績へ吸収合併)・尼崎製釘所(現・アマテイ)・大建工業・呉羽化学工業(現・クレハ)に解体。財閥解体 フレッシュアイペディアより)

298件中 21 - 30件表示

「丸紅」のニューストピックワード