298件中 51 - 60件表示
  • 浦茂

    浦茂から見た丸紅丸紅

    1954年航空自衛隊の発足と共に入隊し、航空幕僚監部装備第一課長に就任する(上司の装備部長は源田実)。以後、陸海出身の壁を乗り越え源田に可愛がられ出世コースを歩む。1957年次期主力戦闘機調査のためアメリカに派遣される。1959年源田FX調査団により再度逆転導入が決定したロッキードF-104準備室長として導入準備と予算交渉を担当する(ロッキード社の日本代理店は丸紅)。浦茂 フレッシュアイペディアより)

  • エスフーズ

    エスフーズから見た丸紅丸紅

    エスフーズ株式会社()は、兵庫県西宮市鳴尾浜に本社を置く、食品加工会社。丸紅が15.1%の株を持ち、持分法適用会社となっている。旧社名はスタミナ食品で、「甲子園の味」というブランド名を使用していた。主に家庭用・業務用の焼肉用食肉・ソースなどの加工食品を製造。エスフーズ フレッシュアイペディアより)

  • 田路舜哉

    田路舜哉から見た丸紅丸紅

    日本経済は20年代の復興段階を終え、高度成長期に入っていたが、貿易の回復はやや遅れ、20年代末の段階では貿易量はまだ戦前の水準に達していなかった。そこで当局は自立経済を支える主柱となる輸出増強を期し、強力な商社育成を図る政策をとった。これに促されて29年に三菱商事が復活し、30年には三井物産系三商社の合併が実現し、同年、丸紅と高島屋飯田の合併も行われて有力な貿易商社が次々と出現した。田路舜哉 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原茂樹

    桑原茂樹から見た丸紅丸紅

    1998年(平成10年)4月:丸紅株式会社顧問。桑原茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 勝俣宣夫

    勝俣宣夫から見た丸紅丸紅

    勝俣 宣夫(かつまた のぶお、1942年12月5日 - )は日本の実業家である。総合商社丸紅の社長をつとめた。勝俣宣夫 フレッシュアイペディアより)

  • 原燃輸送

    原燃輸送から見た丸紅丸紅

    商社(三井物産・三菱商事・伊藤忠商事・丸紅・住友商事)計20%原燃輸送 フレッシュアイペディアより)

  • 柳町光男

    柳町光男から見た丸紅丸紅

    製作::エリオット・ルウィット、ドン・ゲスト(製作:ヘラルド、丸紅、日商岩井、サンライズ)柳町光男 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋パルプ

    名古屋パルプから見た丸紅丸紅

    名古屋パルプは1956年4月10日に設立された。合板メーカーである東洋プライウッド(現・住友林業クレスト)が、合板を製造する際にでるラワンの廃材を有効するためにパルプ工場を計画、提携した丸紅飯田(現・丸紅)や中部財界の企業の出資を仰いで設立した。工場用地は、工業化を目指していた可児町(現・可児市)の誘致に応えて可児町土田が選ばれた。工場は翌1957年3月に操業を開始する。名古屋パルプ フレッシュアイペディアより)

  • クラフト紙袋

    クラフト紙袋から見た丸紅丸紅

    日本のクラフト紙袋の歴史は、1923年(大正12年)米国市場でベーツ社 (The Bates Valve Bag Company) が製造したクラフト紙袋を、浅野物産(現:丸紅)ニューヨーク駐在員が見本として日本に送り、林商会(現:王子製袋)が試作したのに端を発し、秩父セメント(現:太平洋セメント)、宇部セメント(現:宇部三菱セメント)両社が各4万袋輸入し使用した。結果が良好で、当時セメント用容器として使用していた木樽からクラフト紙袋に代わり、これがクラフト紙袋の本格普及の端緒となった。クラフト紙袋 フレッシュアイペディアより)

  • 足立壽惠雄

    足立壽惠雄から見た丸紅丸紅

    1985年(昭和60年) - 北米支配人兼丸紅米国社長足立壽惠雄 フレッシュアイペディアより)

298件中 51 - 60件表示

「丸紅」のニューストピックワード