前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • 松平健太

    松平健太から見た丹羽孝希丹羽孝希

    2006年に世界ジュニア選手権男子シングルスで優勝した。ジュニアながらも世界大会での日本人選手のシングルス優勝は27年ぶりの快挙であった。2007年の世界選手権ザグレブ大会日本代表に選出され、世界選手権初出場を果たし当時世界ランキング20位前後だったチェコのエース、ピーター・コルベルに4-0で完勝した。しかし同年12月に三角線維軟骨複合体損傷により手術入院し、長期の離脱を余儀なくされた。2008年の8月に行われた、全国高等学校総合体育大会で復帰し、優勝を飾る。2009年1月に行われた全日本卓球選手権大会で準優勝し同年の世界選手権横浜大会の代表に選出された。同大会では格上相手に勝利を重ね、北京オリンピック金メダリストで世界ランク2位の馬琳に敗れるもフルセット9-11と大健闘を見せてベスト16で大会を終えた。しかし、その後はDTTLや国際試合で思うように勝てなくなり、2010年1月に行われた平成21年度全日本卓球選手権もシングルスは初戦で敗退するなど不振が続いた。この事について本人は「技術面ではなく、気持ちの問題」と述べている。同年の世界選手権モスクワ大会にも出場し銅メダルを獲得したものの、本人は調子が戻らないままベンチでの起用がほとんどであった。同年7月に行われた荻村杯国際卓球選手権大会では、シングルスは早々と敗れたが、丹羽孝希とペアを組んだダブルスで優勝した。同月に行われた、アジア競技大会日本代表男子選考会では、決勝で丹羽孝希に勝利し代表に内定した。松平健太 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回世界卓球選手権個人戦

    第51回世界卓球選手権個人戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    日本代表枠は5名から7名(2011年1月の世界ランキングで最大2名までが推薦されるため)であった。男子は世界ランク上位の水谷隼、松平健太がまず内定、2010年12月20日から22日に羽曳野市総合スポーツセンター(はびきのコロセアム)で行われた男子日本代表選手選考会で優勝した松平賢二が3人目に内定、その後、岸川聖也、張一博(馬龍に勝利したことが高く評価された。)、丹羽孝希が代表に選ばれた。第51回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 岸川聖也

    岸川聖也から見た丹羽孝希丹羽孝希

    2011年 ロッテルダムで開かれた世界卓球選手権において、福原愛との混合ダブルスで銅メダルを獲得。同年のジャパンオープンでは、荘智淵をフルゲームの末に下すと、準決勝で丹羽孝希を、決勝で水谷をそれぞれ圧倒し、優勝を飾っている。これが、岸川のプロツアー初制覇となる。水谷と、長くダブルスを組んでいるためか、非常に相性が良い。岸川聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 荻村杯国際卓球選手権大会

    荻村杯国際卓球選手権大会から見た丹羽孝希丹羽孝希

    第22回大会(2010年)男子ダブルス:松平健太・丹羽孝希、女子ダブルス:石垣優香・山梨有理荻村杯国際卓球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回世界卓球選手権団体戦

    第51回世界卓球選手権団体戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    男子は水谷隼、岸川聖也、松平賢二、丹羽孝希、吉村真晴の5名、女子は石川佳純、福原愛、平野早矢香、藤井寛子、石垣優香の5名が代表に選ばれた。男子監督は宮?義仁、女子監督は村上恭和が務めた。第51回世界卓球選手権団体戦 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見た丹羽孝希丹羽孝希

    10月10日 - 丹羽孝希(北海道、卓球)1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 水谷隼

    水谷隼から見た丹羽孝希丹羽孝希

    中学2年で出場した2004年1月の全日本卓球選手権ジュニアの部で優勝(男子では史上最年少)、また一般の部もランク入りし、その天性の柔らかいボールタッチから話題になった。15歳になり青森山田高校に進学した。2005年には15歳10ヶ月という当時の日本男子史上最年少で世界選手権代表に選出された(現在は丹羽孝希が最年少)。当時の日本代表はアテネオリンピックなどの惨敗を受け、一気に若返りを図り水谷はその中でも最年少であった。当時の水谷は時として世界ランキング上位の選手に勝利を収めることもあった。また、代表の強化選手となったことで、岸川聖也らと共にドイツに留学。ドイツリーグの1部でプレーして、一年の大半をドイツで過ごした。水谷隼 フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡あゆか

    谷岡あゆかから見た丹羽孝希丹羽孝希

    2010年にシンガポールで開催された第1回ユースオリンピック(シンガポールユースオリンピック)では、丹羽孝希(青森山田高等学校)とのコンビで混合団体で優勝、2012年の全日本卓球選手権ではジュニアの部女子シングルスで優勝を飾るなど着実に実績を積み重ねている。谷岡あゆか フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た丹羽孝希丹羽孝希

    男子ダブルス優勝: 松平健太(早稲田大学)、丹羽孝希(青森山田高校)(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示

「丹羽孝希」のニューストピックワード