前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • 第52回世界卓球選手権個人戦

    第52回世界卓球選手権個人戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    丹羽孝希:1回戦でインドのアントニーに勝利、2回戦でロシアのパイコフにマッチポイントを握られながら4-3で逆転勝利。3回戦でスペインの何志文に勝利、4回戦で中国の馬龍に2-4で敗れベスト16。第52回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 松平健太

    松平健太から見た丹羽孝希丹羽孝希

    2010年1月に行われた平成21年度全日本卓球選手権もシングルスは初戦で敗退するなど不振が続いた。この事について松平は「技術面ではなく、気持ちの問題ですね」と述べている。同年の世界選手権モスクワ大会にも出場し銅メダルを獲得したものの、松平だけは調子が戻らないままベンチでの起用がほとんどであった。同年7月に行われた荻村杯国際卓球選手権大会では、シングルスは早々と敗れたが丹羽孝希とペアを組んだダブルスで優勝した。同月に行われたアジア競技大会日本代表男子選考会では、決勝で丹羽に勝利し代表に内定した。松平健太 フレッシュアイペディアより)

  • スヴェンソン

    スヴェンソンから見た丹羽孝希丹羽孝希

    2016年1月1日より丹羽孝希(卓球選手)と5年間のスポンサー契約を締結。スヴェンソン フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回世界卓球選手権個人戦

    第51回世界卓球選手権個人戦から見た丹羽孝希丹羽孝希

    日本代表枠は5名から7名(2011年1月の世界ランキングで最大2名までが推薦されるため)であった。男子は世界ランク上位の水谷隼、松平健太がまず内定、2010年12月20日から22日に羽曳野市総合スポーツセンター(はびきのコロセアム)で行われた男子日本代表選手選考会で優勝した松平賢二が3人目に内定、その後、岸川聖也、張一博(馬龍に勝利したことが高く評価された。)、丹羽孝希が代表に選ばれた。第51回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年アジア競技大会における卓球競技

    2014年アジア競技大会における卓球競技から見た丹羽孝希丹羽孝希

    男子代表は水谷隼、丹羽孝希、松平健太、岸川聖也、村松雄斗2014年アジア競技大会における卓球競技 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年アジア卓球選手権

    2015年アジア卓球選手権から見た丹羽孝希丹羽孝希

    男子代表は丹羽孝希(12位)、吉村真晴(18位)、大島祐哉(22位)、森薗政崇(24位)、村松雄斗(28位)2015年アジア卓球選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た丹羽孝希丹羽孝希

    男子は水谷隼(ビーコン・ラボ)、丹羽孝希(明治大学)、森薗政崇(明治大学)、松平健太(ホリプロ)、村松雄斗(東京アート)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)、大島祐哉(ファースト)、田添健汰(専修大学)、張本智和(JOCエリートアカデミー)が選ばれた。張本は13歳6ヶ月で、男女を通じて史上最年少の卓球日本代表選手となる。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 岸川聖也

    岸川聖也から見た丹羽孝希丹羽孝希

    2011年 ロッテルダムで開かれた世界卓球選手権において、福原愛との混合ダブルスで銅メダルを獲得。同年のジャパンオープンでは、荘智淵をフルゲームの末に下すと、準決勝で丹羽孝希を、決勝で水谷をそれぞれ圧倒し、優勝を飾っている。これが、岸川のプロツアー初制覇となる。岸川聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 青森山田中学高等学校

    青森山田中学高等学校から見た丹羽孝希丹羽孝希

    青森山田高校卓球部は、総監督を吉田安夫がつとめ、全国高等学校総合体育大会卓球競技大会で男子団体が17回、女子団体が4回全国優勝するなどの実績を残した。出身者には、水谷隼や松平健太、福原愛、丹羽孝希などがいる。青森山田中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「丹羽孝希」のニューストピックワード

  • 朝青龍を押し出したら1000万円

  • アテネ五輪柔道男子90キロ

  • (発信は)防衛省から公表している内容を超えるものであり、河野(太郎)防衛相から