前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た全日本卓球選手権大会

    全日本卓球選手権大会:シングルスベスト16丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た荻村杯

    ITTFプロツアージャパンオープン(荻村杯):ダブルス優勝(松平健太)丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見たドミトリ・オフチャロフ

    卓球選手だった父の影響で7歳から卓球を始める。父と元実業団選手、西村一行の指導を受け、出身地である苫小牧市の卓球チーム「ファイナルウィン」に所属し、小学校低学年の頃から各全国大会に出場し常に同年代の全国トップクラスで活躍していた。11歳でU-18日本代表に選出された。全日本選手権ホープスで優勝し、翌年に苫小牧市立緑小学校を卒業し青森山田中学高等学校に入学した。2009年の世界選手権の前の3月に開催された東京選手権では決勝で張一博に勝ち国内シニア大会で初優勝をした。2009年横浜市で開催された第50回世界卓球選手権個人戦に日本男子史上最年少で代表に選出され、予選を勝ち上がり本戦でも1勝あげた。2回戦にて当時世界ランク17位のオフチャロフに敗れたものの2ゲームを取る大健闘を見せた。2010年8月開催のシンガポールユースオリンピック代表に選ばれている。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た張一博

    卓球選手だった父の影響で7歳から卓球を始める。父と元実業団選手、西村一行の指導を受け、出身地である苫小牧市の卓球チーム「ファイナルウィン」に所属し、小学校低学年の頃から各全国大会に出場し常に同年代の全国トップクラスで活躍していた。11歳でU-18日本代表に選出された。全日本選手権ホープスで優勝し、翌年に苫小牧市立緑小学校を卒業し青森山田中学高等学校に入学した。2009年の世界選手権の前の3月に開催された東京選手権では決勝で張一博に勝ち国内シニア大会で初優勝をした。2009年横浜市で開催された第50回世界卓球選手権個人戦に日本男子史上最年少で代表に選出され、予選を勝ち上がり本戦でも1勝あげた。2回戦にて当時世界ランク17位のオフチャロフに敗れたものの2ゲームを取る大健闘を見せた。2010年8月開催のシンガポールユースオリンピック代表に選ばれている。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た松平健太

    2011年11月にバーレーンで開催された第9回世界ジュニア選手権大会の男子シングルスで優勝した。これは、2006年の松平健太選手につぐ日本選手2人目である。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た馬龍

    2012年3月の第51回世界卓球選手権団体戦で代表に選ばれ、日本の銅メダル獲得に貢献。4月に行われたロンドン五輪アジア予選では世界ランキング1位の馬龍を破る大金星を挙げ、五輪団体戦の出場権獲得とともに自身初の五輪代表入りを決めた。ロンドンオリンピック団体戦では1回戦カナダに勝利したが、準々決勝で香港に敗れた。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た岸川聖也

    ITTFワールドツアーグランドファイナル:ダブルス準優勝(岸川聖也ペア)丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た横浜市

    卓球選手だった父の影響で7歳から卓球を始める。父と元実業団選手、西村一行の指導を受け、出身地である苫小牧市の卓球チーム「ファイナルウィン」に所属し、小学校低学年の頃から各全国大会に出場し常に同年代の全国トップクラスで活躍していた。11歳でU-18日本代表に選出された。全日本選手権ホープスで優勝し、翌年に苫小牧市立緑小学校を卒業し青森山田中学高等学校に入学した。2009年の世界選手権の前の3月に開催された東京選手権では決勝で張一博に勝ち国内シニア大会で初優勝をした。2009年横浜市で開催された第50回世界卓球選手権個人戦に日本男子史上最年少で代表に選出され、予選を勝ち上がり本戦でも1勝あげた。2回戦にて当時世界ランク17位のオフチャロフに敗れたものの2ゲームを取る大健闘を見せた。2010年8月開催のシンガポールユースオリンピック代表に選ばれている。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た2009年

    卓球選手だった父の影響で7歳から卓球を始める。父と元実業団選手、西村一行の指導を受け、出身地である苫小牧市の卓球チーム「ファイナルウィン」に所属し、小学校低学年の頃から各全国大会に出場し常に同年代の全国トップクラスで活躍していた。11歳でU-18日本代表に選出された。全日本選手権ホープスで優勝し、翌年に苫小牧市立緑小学校を卒業し青森山田中学高等学校に入学した。2009年の世界選手権の前の3月に開催された東京選手権では決勝で張一博に勝ち国内シニア大会で初優勝をした。2009年横浜市で開催された第50回世界卓球選手権個人戦に日本男子史上最年少で代表に選出され、予選を勝ち上がり本戦でも1勝あげた。2回戦にて当時世界ランク17位のオフチャロフに敗れたものの2ゲームを取る大健闘を見せた。2010年8月開催のシンガポールユースオリンピック代表に選ばれている。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見たITTFワールドツアー

    ITTFワールドツアーポーランドオープン:ダブルス優勝(松平健太)丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「丹羽孝希」のニューストピックワード