690件中 11 - 20件表示
  • 円相場

    円相場から見た通貨通貨

    国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が過去のレートや政治の目的など、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。分かりやすくいえば、今まで1ドル80円だったが、1ドル75円になった場合には円高になっている。つまり、より少額の「円」で1ドルと交換できるようになる訳である(同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすい。後述のとおり「1ドル100円」ではなく「100円1ドル」とする表記法もあり、こちらはより直感的に理解しやすい)。円相場 フレッシュアイペディアより)

  • 先物取引

    先物取引から見た通貨通貨

    先物取引は、取引所取引であり、取引時点での約定値段で、売買の当事者が予め定められた期日に納会日の帳入値段を時価基準とする現物を受渡決済する(現物と総代金を交換する・現物先物取引「呼び値通貨単位」)。又は、取引時点での約定値段又は、約定指数で、売買の当事者が予め定められた期日に対象となる取引所の規定により算出される現物価格による最終決済価格又は、理論指数値(特別清算指数)との差金決済する(前者が現金決済先物取引「ユーロ円 3ヵ月金利などを除き呼び値通貨単位」、後者が指数先物取引「呼び値ポイント単位」)。のいずれかの契約であり、加え、期日までに反対売買による差金決済すること(又は、現物先物取引おいて、早受渡し等の売買の当事者が予め定められた現物の受渡日以前に現物の受渡決済をすること《現物と総代金を交換する》を行うこと)によりこれらの契約から離脱出来る契約でもある。先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見た通貨通貨

    1990年代にあっては、ロシアの周囲にはアゼルバイジャン国内の「ナゴルノ・カラバフ共和国」、ジョージア国内の「アブハジア共和国」「南オセチア共和国」、モルドヴァ共和国内の「沿ドニエストル共和国」という4つの「未承認国家」すなわち国際的な承認が得られていない国家が存在し、大きな意味をもった。これらの地域は、「本国」からの分離独立をめざして「本国」と対立し、それが紛争に発展するやロシアの支援を得て「本国」に対して軍事的に一定の成果を得て、さらにロシアが「本国」に対してさまざまな条件を突き付けたうえで停戦を仲介し、事実上の独立を獲得している諸点において相似の関係にあった。また、4地域はそれぞれ政府・議会・軍隊・警察・独自通貨などといった国家の要件といわれるものを一通り備えており、実際に選挙や国民投票などもおこなわれてほとんど国家の体裁を整えている一方で、「本国」の主権がまったく及んでいない点でも共通する性格を備えていた。1990年代後半以降、似通った歴史的経験を経て、共通の課題をかかえる4つの未承認国家は、しばしば「4カ国外相会議」をひらいている。その際、外相会議の議場を警護していたのがロシア兵だったことは示唆的である。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア・ドル

    オーストラリア・ドルから見た通貨通貨

    オーストラリア・ドル(英語: Australian Dollar)は、オーストラリア連邦で用いられる通貨の名称である。通貨コードはAUDであり、A$、豪ドルなどと称する。なお、オーストラリア領土以外では、ポリネシアのナウル・ツバル・キリバスでも用いられている。オーストラリア・ドル フレッシュアイペディアより)

  • セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ

    セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャから見た通貨通貨

    通貨は、セントヘレナ・ポンドであるが、流通しているのはセントヘレナ島とアセンション島のみである。トリスタン・ダ・クーニャ島ではセントヘレナ・ポンドよりもスターリング・ポンドが使われている。セントヘレナ島やアセンション島でもかつては通貨としてスターリング・ポンドが使われていたが、1976年に独自の紙幣を発行するようになった。1984年には硬貨の発行を開始したが、イギリス本国の硬貨と同様のデザインを持ち裏面のみが異なるものである。セントヘレナに中央銀行はなく、政府が紙幣と硬貨を発行している。セントヘレナ・ポンドはスターリング・ポンドと等価の固定相場制であり、イングランド銀行がコントロールしている。セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 通貨スワップ協定

    通貨スワップ協定から見た通貨通貨

    通貨スワップ協定(つうかスワップきょうてい)とは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める協定のこと。中央銀行間の協定であり国家間条約ではない。スワップ協定、通貨交換協定とも呼ばれる。通貨スワップ協定 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国ウォン

    朝鮮民主主義人民共和国ウォンから見た通貨通貨

    朝鮮民主主義人民共和国ウォン(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくウォン)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の通貨単位である。通称北朝鮮ウォン。朝鮮民主主義人民共和国ウォン フレッシュアイペディアより)

  • 電子マネー

    電子マネーから見た通貨通貨

    電子マネー(でんしマネー、)あるいは電子通貨、電子貨幣(でんしつうか、でんしかへい)とは、情報通信技術を活用した、企業により提供される電子決済サービスのことである。法的に位置づけられた通貨など、いわゆる貨幣そのものではない。電子マネー フレッシュアイペディアより)

  • 両

    から見た通貨通貨

    両(りょう)は、尺貫法における質量の単位であり、また、近世の日本における金貨、および中国における秤量銀貨の通貨単位である。 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た通貨通貨

    租税(そぜい、税(ぜい)、)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用しており、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれている。租税 フレッシュアイペディアより)

690件中 11 - 20件表示