624件中 31 - 40件表示
  • マナト

    マナトから見た通貨通貨

    マナト (manat) は、トルクメニスタンおよびアゼルバイジャンの通貨単位。マナト フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・W・バー

    ジョセフ・W・バーから見た通貨通貨

    彼はリンドン・ジョンソン大統領の政権下1965年から1968年まで財務省次官を務め、1968年12月21日から1969年1月20日まで財務長官を務めた。これは歴代長官の中で最短の任期である。このため彼の署名がある通貨は珍しく見つけるのが難しいと言われるが、これは誤りである。ジョセフ・W・バー フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安熈

    戸川安熈から見た通貨通貨

    また、財政再建のため豪農の片山新助に献金(安聡・安泰時代の頃とも言われており定説が定まっていない)させたりもしている。それとともに、宝暦12年(1762年)貨幣経済の拡大と特産の畳表の取引のための通貨不足を補うため、豪農の片山家・佐藤家・溝手家を札元にした畳表売買通用手形(旗本札)を認めた。戸川安熈 フレッシュアイペディアより)

  • 流通貨幣

    流通貨幣から見た通貨通貨

    流通貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • 銭こ

    銭こから見た通貨通貨

    銭こ フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安道

    戸川安道から見た通貨通貨

    安政4年(1857年)11月、先代・安行が貸付による利益を目論み始めさせた会所札(旗本札)が1394両の債務超過となり札潰れ(発行停止)となったため、札の引き揚げのため知行地内の有力農民・商人65名から融資や上納金を強要して引当金にしたが、知行地内の通貨が不足し流通の妨げとなり経済の停滞を招いた。会所札の失敗について、研究者は早島知行地周辺の岡山藩札・庭瀬札・宮内藤井札の札潰れによる藩札・銀札に対する不信感と引当金の準備不足を指摘している。戸川安道 フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安民

    戸川安民から見た通貨通貨

    天保9年(1838年)頃、片山・佐藤・溝手家が札元の旗本札が天保6年(1835年)頃までに発行停止(札潰れ)したため、通貨不足で領内の経済が停滞し財政再建の妨げになる恐れが出たため、大阪の御用達・畳商人近江屋に頼み込み、近江屋瀬平を札元とする新たな旗本札(畳表売買通用手形)を発行させた。戸川安民 フレッシュアイペディアより)

  • 五両判

    五両判から見た通貨通貨

    享保大判以来、大判の鋳造は絶え、財政難に陥っていた大判座救済策として、十五代後藤真乗が、銀遣い中心の上方でも大金を扱うことの多いことから重宝されるであろうと発案し、文政年間以来幕府に鋳造を申し出てようやく実現した五両判であったが、金座御金改役の後藤三右衛門光亨の権力が強く、一般の通貨であることを理由に金座に鋳造担当を奪われる形となった。五両判 フレッシュアイペディアより)

  • オルトク

    オルトクから見た通貨通貨

    ことに、徴税その他、農耕社会を統治する知識や経験に乏しいモンゴル人支配層のもとでは、ムスリム商人が財務官僚として力をふるった。モンゴル帝国の財務官となったマフムド・ヤラワチは、通貨もまた財産の一形態であり、需要と供給の均衡関係が保たれれば価値をもつとの意見を唱えた。商業を通じて宮廷へ出入りし、やがてモンゴル貴族や皇帝の信任を受けるに至ったムスリム商人は、民族的出自よりも能力を重視したモンゴルによってしばしば重用された。ムスリム商人は共同出資の組織「オルトク」をつくり、通商、運輸、金融、徴税など種々の経済活動を営んだ。占領地の税務行政が銀の取り立てに特化したのも、国際通貨である銀を獲得して国際商業への投資に振り向けるためであった。オルトク フレッシュアイペディアより)

  • ノスタリア

    ノスタリアから見た通貨通貨

    戦場で得た戦果の10分の1をレメ(ノスタリアの通貨)として得られる。ノスタリア フレッシュアイペディアより)

624件中 31 - 40件表示

「主要通貨相場」のニューストピックワード