690件中 81 - 90件表示
  • モロッコ・ディルハム

    モロッコ・ディルハムから見た通貨通貨

    モロッコ・ディルハム(、Moroccan dirham)は、モロッコの通貨。ISO 4217の通貨コードはMAD。通貨記号は?.?.で、DHやDhsといったラテン文字での略式表記も用いられる。補助単位は100分の1のサンチーム(santim /アラビア語単数形 ?????、複数形: ?????? または ???????)。モロッコ・ディルハム フレッシュアイペディアより)

  • メティカル

    メティカルから見た通貨通貨

    メティカル(metical)は、モザンビークの通貨である。補助通貨はセンターボで、1メティカル=100センターボである。ISOコードはMZN。複数形でメティカイスとなる。1980年に、それまでのモザンビーク・エスクードに代わって導入された。メティカル フレッシュアイペディアより)

  • キナ (通貨)

    キナ (通貨)から見た通貨通貨

    キナ(Kina)は、パプアニューギニアの通貨単位。略称はPGK。2003年初頭、1ユーロ=4キナであった。補助通貨単位はトエア(Toea)で、1キナ=100トエア。1キナ=39.06円である。(2006年8月4日現在)キナ (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • レフ

    レフから見た通貨通貨

    レフ(lev、ブルガリア語:лев) 複数形:レヴァ(leva、лева )は、1881年から使用されているブルガリアの通貨単位。国際通貨コード(ISO 4217)は、BGN。補助通貨単位はストティンカ(stotinka、複数形:stotinki ストティンキ)で、1レフ=100ストティンキ。 1997年よりドイツマルクを基軸通貨とする固定相場制を採用。欧州通貨統合により基軸通貨はユーロとなり、?1=1.95583レヴァ固定。(2009年9月4日現在1レフ=67.97円)レフ フレッシュアイペディアより)

  • ラッツ

    ラッツから見た通貨通貨

    ラッツ(ラトビア語:lats、複数形:lati)は、ラトビアの通貨単位。Lsと略される。国際通貨コードは、LVL。補助通貨単位はサンティームス(santīms、複数形:santīmi、santīmu)で、1ラッツは100サンティームス。ラッツ フレッシュアイペディアより)

  • クロイツァー

    クロイツァーから見た通貨通貨

    クロイツァー(Kreuzer)は、オーストリア・ドイツ・チェコ・ポーランド・ハンガリー・ルーマニア・スイスなどで19世紀後半まで使用された通貨の単位である。一般に額面の低い単位であるので、コインは銅貨または、低品位の銀貨(.200程度)で製造された。クロイツァー フレッシュアイペディアより)

  • 代用貨幣

    代用貨幣から見た通貨通貨

    代用貨幣(だいようかへい)とは、硬貨の代用として限定的に使用されるものである。その多くが硬貨あるいはメダル類似の形状を有する。この代用貨幣は主にメダル類収集家の収集対象分野の一つであり、英語ではトークン(token)、フランスではジュトン(Jeton)とも呼ばれる。また布や穀物などが通貨の役割を果たしたこともあり、これらを指す場合もある。代用貨幣 フレッシュアイペディアより)

  • レウ

    レウから見た通貨通貨

    レウ (leu) は、ルーマニアとモルドバで使われている通貨レウ フレッシュアイペディアより)

  • 服部二柳

    服部二柳から見たお金通貨

    高祖父は、葛飾北斎の弟子の浮世絵師・大山北李で、父は橋本関雪や竹内栖鳳と並び称された南画家の大家・服部五老である。橋本関雪に学び、もとは「双柳」を号としていたが、後に出生地である京都二条柳馬場の「二」と「柳」の二字を取って「二柳」と号した。二柳には共に画を描いたという兄・寛司と姉・夏井がいたが、兄は24歳、姉は35歳で亡くなっている。1935年(昭和10年)関雪に破門されたため、放浪の末に父と離縁し鶴岡に戻っていた母のもとに辿り着く。そして、1938年(昭和13年)には遠縁の松平穆堂らの援助で画会が開催されるのだが、しだいに、汚い身なりをして白い歯をむき出しにしてイヒヒと笑う、などの奇人の如く振る舞いをしたり、絵を描く見返りにお金ではなく食べ物を貰うという、乞食のような生活を送る。そんな二柳を町人達は「ヤッコの二柳」と呼んで馬鹿にした。それを見兼ねた穆堂は、自宅の一隅を二柳に与えて思う存分に絵を描かせた。しかし、1957年(昭和32年)医師に極度の非常識と診断され精神衛生法の適用で鶴岡市立荘内病院に入院させられてしまう。その後は、湯野浜思恩園を経て山形県立療養所 金峯園に入院し1968年(昭和43年)の元旦に、昼食で食べた雑煮の餅を喉に詰まらせて、窒息したのが原因で死去。64年の生涯を閉じた。二柳は最後まで画筆を離さず持っていたと言う。再従甥にあたる黒羽根洋司は自著の中で二柳の画は「ゴッホに似ている」と語る。また、1929年(昭和4年)頃と思われる時期に、相国寺塔頭・瑞春院に小僧として修行に出されていた水上勉(後の直木賞作家)が、その当時、寺に住み込んで画の練習をしている画家達がおり、その中にいた二柳が風狂画家的で一番印象深かったと、自著『京都遍歴』の中で述べている。代表作には日本南画院展で入選(第4回と第5回のどちらかは不明)した『夢』がある。服部二柳 フレッシュアイペディアより)

  • 朴南基

    朴南基から見た通貨通貨

    2009年11月30日、国内でウォンを100分の1にするデノミを実施。この指示を行った人物として朴南基の名が報道された。通貨の交換に当たっては一世帯あたり10万ウォン(非公式レートで約3,000円)の上限額が設けられ、それを超える現金は事実上、政府に没収されることとなった。地下資金の流通を阻止や闇市場の利権構造を破壊し、物価を安定させることが目的であったとされるが、ただでさえ少ない物資の売り惜しみが発生し、物価の高騰から餓死者が出たとの報道もあった。政権中枢部は、早い段階でデノミ政策が失敗であったと判断。2010年2月には更迭説が出されたほか、同年3月10日頃に「民族反逆罪」で公開処刑(銃殺刑)に処せられたとされている。朴南基 フレッシュアイペディアより)

690件中 81 - 90件表示