95件中 11 - 20件表示
  • 通貨

    通貨から見た金融政策

    自国の通貨の交換比率を、他国の通貨に対して相対的に上げることを「通貨の切り上げ」という。金融引き締め政策を行うと、自国通貨の増価が発生する。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た市場原理

    為替は、その通貨に対する需要と供給で価格(為替レート)が決まる。為替レートが変化するのは、通貨を商品のように扱い、需要と供給の市場原理が働いているからである。為替レートは一刻一刻と変動し、通貨の価値が上下する。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見たデフレーション

    日本の場合は、日本の中央銀行である日本銀行が通貨を管理している。紙幣発行権は日銀が有し、政府は硬貨だけを発行するという制度は、政府の通貨乱発を防ぐためのものである。中央銀行は通貨を保証しなければならず、通貨の価値を下げないよう、つまり物価を安定させなければならない。インフレーション(物価上昇)、デフレーション(物価下落)のどちらの現象も回避するため、中央銀行は通貨供給量の動きを監視し、市場に出回る通貨量が適量になるように調整する。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た相続税

    世界大戦に向かう情勢の中、紙幣においては国民に徴兵制等各種の義務を増やし国債との交換によって価値を維持していた。日本政府が相続税等の指針として使う路線価や厚生労働省が定める最低生活費や最低賃金といった形で数値化していることと表裏一体の関係になる。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た警視庁

    また「貴重な情報」や「秘密の情報」がお金としての価値を生み出す場合もある。日本の不正競争防止法において「営業秘密」に係る不正開示行為は損害賠償や処罰の対象となり、警視庁の捜査特別報奨金制度は事件の検挙に結び付く有力な情報を提供した者に対して報奨金を支払う制度であるが、それらの金額にも差が生じている。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た地域通貨

    政府は租税の算定にあたって通貨を利用する(法定通貨⇔仮想通貨、地域通貨)。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た捜査特別報奨金制度

    また「貴重な情報」や「秘密の情報」がお金としての価値を生み出す場合もある。日本の不正競争防止法において「営業秘密」に係る不正開示行為は損害賠償や処罰の対象となり、警視庁の捜査特別報奨金制度は事件の検挙に結び付く有力な情報を提供した者に対して報奨金を支払う制度であるが、それらの金額にも差が生じている。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見たユーロ

    普通、通貨はその価値を保証する国の中だけで利用されるが、ユーロや米ドルのような国を超えて利用されている通貨を国際通貨という。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た不正競争防止法

    また「貴重な情報」や「秘密の情報」がお金としての価値を生み出す場合もある。日本の不正競争防止法において「営業秘密」に係る不正開示行為は損害賠償や処罰の対象となり、警視庁の捜査特別報奨金制度は事件の検挙に結び付く有力な情報を提供した者に対して報奨金を支払う制度であるが、それらの金額にも差が生じている。通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨

    通貨から見た国際通貨

    普通、通貨はその価値を保証する国の中だけで利用されるが、ユーロや米ドルのような国を超えて利用されている通貨を国際通貨という。通貨 フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示