久保利明 ニュース&Wiki etc.

久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。 (出典:Wikipedia)

「久保利明」最新ニュース

「久保利明」Q&A

  • Q&A

    久保利明九段の捌きのアーティストと呼ばれる棋譜が知りたいです。

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月18日 22:50

  • Q&A

    久保利明九段は、 叡王戦でわざと遅刻して失格になったんですか?コンピュータと戦うのが…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年10月31日 10:30

  • Q&A

    棋士の久保利明さんについて 私は二十代女子です。最近、将棋のプロ棋士の久保利明さんの…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月29日 19:17

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「久保利明」のつながり調べ

  • 羽生世代

    羽生世代から見た久保利明

    2007年頃からは、渡辺に加え、深浦康市、久保利明、木村一基もタイトル戦の舞台に多く出場するようになった。1998年度の佐藤の名人奪取以来ずっと羽生世代の複数人がタイトル保持者だったが、2008年度棋王戦で佐藤から久保が棋王を奪取したことでタイトル保持者が羽生四冠(名人・棋聖・王座・王将)・渡辺竜王・深浦王位・久保棋王の四人となりついにそれが崩れた。そして2009年度王将戦では久保が羽生から王将を奪取し、タイトルの過半数を羽生世代以外の棋士が占めることになった。(羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • 2手目△3二飛

    2手目△3二飛から見た久保利明

    創案者はアマチュアから三段リーグ編入試験で関西奨励会に編入した今泉健司。久保利明経由で関東に伝わり、長岡裕也が2007年12月11日の竜王戦6組で佐藤天彦を相手に公式戦で初めて用いた(結果は佐藤天彦の勝ち)。その後、久保がA級順位戦で、羽生善治が朝日杯の準決勝で用いて注目を集めた。この戦法により、今泉は奨励会員として初めて第35回升田幸三賞を受賞した。(2手目△3二飛 フレッシュアイペディアより)

「久保利明」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ