54件中 21 - 30件表示
  • 村田顕弘

    村田顕弘から見た久保利明久保利明

    第4回朝日杯将棋オープン戦(2010年 - 2011年)で予選突破。本戦1回戦で久保利明を破る。また、第59期(2011年度)王座戦で本戦進出(ベスト16)。村田顕弘 フレッシュアイペディアより)

  • 勝又清和

    勝又清和から見た久保利明久保利明

    第60回(2010年度)NHK杯戦で2度目の予選通過、本戦では3回戦進出(羽生善治に敗れる)。そして2011年3月11日、久保利明王将に挑戦中の豊島将之六段に敗れて2回目の降級点(第67期順位戦において3勝7敗で1回目の降級点)を喫し、12期守っていたC級1組からC級2組への陥落が確定した。勝又清和 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和俊

    佐藤和俊から見た久保利明久保利明

    2009年度の第3回朝日杯将棋オープン戦では本戦シードされ、1回戦でA級棋士の木村一基八段、2回戦で深浦康市王位を破り、またもベスト4(準決勝で久保利明棋王に敗れる)。佐藤和俊 フレッシュアイペディアより)

  • 北島忠雄

    北島忠雄から見た久保利明久保利明

    第39期(1997年度)王位戦予選でタイトル(棋聖)経験者の田中寅彦・後に二冠となる久保利明などに勝利し紅組リーグ入り。初代竜王の島朗に勝利したものの、残留ならず。次期王位戦でも予選を勝ち抜き、白組リーグ入り。当時タイトルホルダー(棋聖)だった郷田真隆に勝利したものの、再びリーグを陥落した。北島忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎一生

    高崎一生から見た久保利明久保利明

    第57期(2009年度)王座戦で、橋本崇載、行方尚史らを破って予選通過。挑戦者決定トーナメントでは、久保利明棋王(当時)を破ってベスト8進出(準々決勝で藤井猛に敗れる)。高崎一生 フレッシュアイペディアより)

  • 大野源一

    大野源一から見た久保利明久保利明

    14世名人木村義雄は、当時は角道を止めた上に1手使って飛車を振るため、守勢になることが好ましくないとされていた振り飛車と言う不利な戦法を研究の上で得意戦法としてA級順位戦に返り咲いたことを評価した。大野の振り飛車の捌きは高く評価され、弟弟子の升田幸三も「大野さんの捌きは日本一だ」と絶賛。大山康晴は「受け一方ではなく攻める振り飛車だから恐れられている」と評した。また、久保利明も大野の棋風に影響を受けたらしく、将棋年鑑のアンケートの「故人を含めて指したい棋士」で大野の名前を挙げている。当の大野は、振り飛車について、美濃囲いが他の囲いに比べて固く、左翼を突破されても玉にはすぐには響かないなどの点が、捌きを身上とする自身にとって相応しいと語っていた。大野源一 フレッシュアイペディアより)

  • 棒金

    棒金から見た久保利明久保利明

    以上の理由から石田流を衰退に追いやったが、振り飛車側も久保利明・鈴木大介らが対策を考え出し、ほぼ均衡を保っている。棒金 フレッシュアイペディアより)

  • 妙手

    妙手から見た久保利明久保利明

    2001年の第26期棋王戦第4局。先手羽生善治対後手久保利明戦の▲7九金。妙手 フレッシュアイペディアより)

  • 2手目△3二飛

    2手目△3二飛から見た久保利明久保利明

    創案者はアマチュアから三段リーグ編入試験で関西奨励会に編入した今泉健司。久保利明経由で関東に伝わり、長岡裕也が2007年12月11日の竜王戦6組で佐藤天彦を相手に公式戦で初めて用いた(結果は佐藤天彦の勝ち)。その後、久保がA級順位戦で、羽生善治が朝日杯の準決勝で用いて注目を集めた。この戦法により、今泉は奨励会員として初めて第35回升田幸三賞を受賞した。2手目△3二飛 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た久保利明久保利明

    2011年11月27日の『コナミアーケードチャンピオンシップ2011』で、プロ雀士の藤崎智と『天下一将棋会』を使用したドリームマッチが行われ、飛車角落ちのハンデでまさかの敗戦を喫した。しかし、この後に行われた『麻雀格闘倶楽部』のドリームマッチでは、久保利明と共にプロ雀士の和泉由希子、白河雪菜と対局し、三暗刻の跳満で広瀬が圧勝。久保も七対子を和了して2着に入ったため、プロ棋士のワンツーフィニッシュとなった。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示