54件中 31 - 40件表示
  • 玉頭位取り

    玉頭位取りから見た久保利明久保利明

    近年のプロ公式戦ではゴキゲン中飛車、角交換振り飛車といった居飛車穴熊を牽制する戦法に対しての有力手段として復権し用いられることがある。2011年7月15日の第24期竜王戦決勝トーナメントにおいて、山崎隆之が久保利明に対して使用している。有吉道夫が玉頭位取りの得意な棋士として知られていた。一度有利になったら逆転を許さない戦法としては居飛車穴熊と酷似しているものの、絶対に詰まないという特性を持つ穴熊の方が終盤の読みを簡略化することが出来るのも事実である。自玉を広くし敵陣を圧迫する為終盤の寄せ合いになった時に横からの攻めに対して上部に脱出しやすく、相手の玉頭に攻撃を加えられるのが位取り独自の長所である。玉頭位取り フレッシュアイペディアより)

  • 将棋世界

    将棋世界から見た久保利明久保利明

    森内俊之・渡辺明・久保利明・広瀬章人・郷田真隆・豊島将之の6名の棋士に同一の局面などの質問をし、それぞれの見解を聞く企画。将棋世界 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木慎

    佐々木慎から見た久保利明久保利明

    第59期(2011年度)王座戦で加藤一二三・戸辺誠およびA級九段の高橋道雄らを破り本戦進出。本戦では青野照市に勝ちベスト8。準々決勝で久保利明棋王・王将に敗れる。佐々木慎 フレッシュアイペディアより)

  • ゴキゲン中飛車

    ゴキゲン中飛車から見た久保利明久保利明

    ゴキゲン中飛車の超急戦は短手数で終局することが多く、研究量が物を言う勝負になりやすい。居飛車側が超急戦にいざなった場合、それに応じる自信がないと踏み込みにくいとされる。タイトル戦では久保利明や谷川浩司が指した例があるものの、数は少ない。ゴキゲン中飛車 フレッシュアイペディアより)

  • 糸谷哲郎

    糸谷哲郎から見た久保利明久保利明

    もっとも、棋士になってからも二人は深く交流があり、また糸谷のいない席においても畠山はよく彼の話題を口にすること(将棋世界の関西若手の特集等においては、しばしば糸谷の才能を評価している旨の発言をする、また第23期竜王戦決勝トーナメント久保利明対郷田真隆戦において、控え室で検討していた畠山が「居飛車が苦しいです」と発言したところ記者に「断言ですか?」と訊かれ、「文句があるならかかってこい、糸谷!!!!」と何故かその場にいない糸谷の名前を口にするなど)から、二人の関係はある意味で師弟関係に匹敵する深いものがあると考えられる。糸谷哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 加古川市

    加古川市から見た久保利明久保利明

    久保利明 (将棋棋士、「加古川市民栄誉賞」を受賞)加古川市 フレッシュアイペディアより)

  • 深浦康市

    深浦康市から見た久保利明久保利明

    1994年度、3度目のC級2組順位戦(第53期)で、9勝1敗で4位(次点)。このときの昇級者は、久保利明(10-0)、三浦弘行(9-1)、中川大輔(9-1)。深浦康市 フレッシュアイペディアより)

  • 早指し将棋選手権

    早指し将棋選手権から見た久保利明久保利明

    早指し新鋭戦は第16回(1997年度)から1名の女流枠が設けられ、同年度、女流枠から出場した清水市代が1回戦で久保利明に勝って2回戦(ベスト8)に進出した。これはテレビ(早指し)対局の公式戦における女流棋士の対男性棋士初勝利である。なお、清水は翌年度も1回戦で中川大輔に勝ち、2年連続でベスト8入りした。早指し将棋選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 御三家

    御三家から見た久保利明久保利明

    振り飛車御三家(棋士): 藤井猛、久保利明、鈴木大介御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山成幸

    畠山成幸から見た久保利明久保利明

    順位戦では、鎮がまだC級2組に留まっていた頃の第54期(1995年度)C級1組順位戦で屋敷伸之、久保利明、中川大輔らを破って8勝2敗の2位の成績を収め、B級2組に昇級。ちなみに、2敗を喫した相手は、三浦弘行と郷田真隆である。畠山成幸 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示