64件中 11 - 20件表示
  • 久保利明

    久保利明から見た鈴木大介

    1986年の小学生将棋名人戦でベスト4進出(準決勝で優勝者の鈴木大介に敗れる)。同年奨励会に入会。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た淡路仁茂

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た豊島将之

    第4回「ネット将棋・最強戦」の決勝(2010年8月22日)で森内俊之を破り、タイトル戦以外では6年半ぶりの優勝。第60期(2010年度)王将戦では豊島将之を4-2で、第36期(2010年度)棋王戦では渡辺明を3-1で退け二冠を堅持。初タイトルから3年目にして通算タイトル獲得数を5期とした。また、2年連続で将棋大賞の優秀棋士賞を受賞した。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た屋敷伸之

    5月13日、棋聖戦挑戦者決定戦で羽生に敗れる。しかし、3日後の5月16日、竜王ランキング戦2組準決勝で屋敷伸之に勝利して初の1組昇級を決める。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た藤井猛

    振り飛車党であり、藤井猛、鈴木大介と共に振り飛車御三家と呼ばれる。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た棋風

    「捌いて(さばいて)勝つ」で、駒の軽い捌きを常に重視する棋風であり、「捌きのアーティスト」「カルサバ流」「カルサバ日本一」などの異名を持つ。大野源一の振り飛車を学んだ。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た深浦康市

    第66期A級順位戦の最終一斉対局・対三浦弘行戦(2008年3月3日)は、佐藤康光が負け、自身が勝った場合のみA級残留という状況で迎えた。対局は千日手指し直しとなった。指し直し局開始までの小休憩の間、モニター映像には、早めに着座して丁寧に盤を磨く久保の様子が映った。この姿を見た解説役の深浦康市(順位戦で数々の辛酸をなめた)は、少し震えた声で「ぐっと来ますね」という言葉を漏らした。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た大野源一

    「捌いて(さばいて)勝つ」で、駒の軽い捌きを常に重視する棋風であり、「捌きのアーティスト」「カルサバ流」「カルサバ日本一」などの異名を持つ。大野源一の振り飛車を学んだ。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た畠山鎮

    2013年1月10日、第71期順位戦B級1組11回戦で畠山鎮七段に勝利し8勝2敗となり2局残して、A級復帰するとともに、通算600勝となり将棋栄誉賞を達成する。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た今泉健司

    早石田を蘇らせた棋士の一人である。特に対棒金に見せる、桂馬を跳ねるタイミングを遅らせることで飛車の自由な動きを確保する戦術は久保流と呼ばれ、定跡化している。また、今泉健司の考案した「2手目△3二飛」を発展させるなど、三間飛車へのこだわりが強い。久保利明 フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示