64件中 31 - 40件表示
  • 久保利明

    久保利明から見た王将戦

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た将棋大賞

    第26期(2000年度)棋王戦で羽生に挑戦(タイトル戦初登場)するが、1-3で敗れる。同年度、第50回NHK杯戦では、決勝で羽生に敗れて準優勝。この年度は46勝、勝率0.7419を挙げ、将棋大賞の敢闘賞を受賞。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見たJT将棋日本シリーズ

    第33回将棋日本シリーズでは、決勝(2012年11月18日)で羽生善治三冠を破り、同大会3度目の決勝進出で初優勝を飾る。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た将棋の段級

    しかしながら、王将戦と並行して、前年と同じく佐藤康光と戦っていた棋王戦の防衛戦(第35期棋王戦五番勝負)では、王将戦終了の時点で1勝2敗の角番に追い込まれていた。第4局は王将奪取から僅か2日後の3月19日。これに負けると、1990年度の南芳一のケースよりもさらに短い‘2日間だけの二冠’という珍事になるところであったが、勝利してしのぐ。そして2010年3月30日、大阪市福島区・関西将棋会館において行われた棋王戦最終第5局で、終盤戦の長い190手の熱戦の末に佐藤に競り勝ち、1年後まで二冠に在位し続けることとなった。タイトル初防衛でもある。また、昇段規定の「タイトル獲得3期」に該当したことにより同日付で九段に昇段した。この棋王戦第5局は、翌日行われた将棋大賞の選考で名局賞に選ばれ、また、2009年度の成績が高く評価され、優秀棋士賞も初受賞した。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た石田流

    升田賞の対象となったのは、棋王戦の第2局で石田流の出だしから指した新手である(右図参照、11手目▲7五飛)。タイトル戦の舞台で初披露したことでも話題となった。ちなみに、この一局は開始から僅か三十数手で終盤に突入するという乱戦で、57手で久保の勝ちとなっている。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た竜王戦

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見たオールスター勝ち抜き戦

    1993年4月、17歳で四段に昇段(プロ入り)。その後、10年をかけて2003年にA級八段となる。1994年度には、全棋士中1位、歴代6位(当時)の勝率0.8095(34勝8敗)をマーク。1997年度にはオールスター勝ち抜き戦で6連勝し、棋戦初優勝。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    第26期(2000年度)棋王戦で羽生に挑戦(タイトル戦初登場)するが、1-3で敗れる。同年度、第50回NHK杯戦では、決勝で羽生に敗れて準優勝。この年度は46勝、勝率0.7419を挙げ、将棋大賞の敢闘賞を受賞。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た棋士 (将棋)

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た棋戦 (将棋)

    1993年4月、17歳で四段に昇段(プロ入り)。その後、10年をかけて2003年にA級八段となる。1994年度には、全棋士中1位、歴代6位(当時)の勝率0.8095(34勝8敗)をマーク。1997年度にはオールスター勝ち抜き戦で6連勝し、棋戦初優勝。久保利明 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示