64件中 41 - 50件表示
  • 久保利明

    久保利明から見た銀河戦

    テレビ棋戦の銀河戦(第12期)でアマチュア棋士(当時)の瀬川晶司と対局して、防戦一方の展開の末に敗れた。その後、瀬川のプロ編入試験で、試験官の一人として対局した。久保は事前に「瀬川さんはプロになるべきだ」と発言し瀬川のプロ入り嘆願書にも署名したが、プロ編入試験では「A級棋士として連敗するわけにはいかない」と全力を持って瀬川と指し勝利。リベンジを果たした。早石田を用い美濃囲いから穴熊囲いへ組み替えるという、あまり例のない独特の戦術を用いた。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た兵庫県立加古川南高等学校

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た羽織

    2010年2月5日の棋王戦第1局において、対局前の和服の着付けの際、長襦袢と間違えて羽織を和服の中に着こんでしまい、着付け直したら対局に間に合わないと判断してそのまま対局場に向かったが、昼休みのときにバレてしまった。また、2011年2月18日 - 19日に行われた王将戦第4局の2日目午後、モニタ画面を注視していた控え室の面々が、久保が羽織を裏返しに着ていることに気づき、担当者が対局室の久保に知らせに行った。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た護摩

    タイトル獲得に向けて精神面を鍛えるため、護摩行修行を行ったことがある。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た鶴林寺 (加古川市)

    2011年2月18-19日に豊島将之に勝った第60期王将戦第4局の対局場である地元・兵庫県加古川市の鶴林寺は、久保が小学校時代に写生大会で訪れ、友達と駆け回っていたところである。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た俳優

    2011年6月に行われた第60期王将就位式では、俳優の水谷豊から届いた祝電が読み上げられ、出席者達から歓声が上がった。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た囲碁・将棋ジャーナル

    関西奨励会出身であるが、プロ入り後しばらくは関東に所属していた。2006年4月に関西へ戻り、当時「囲碁・将棋ジャーナル」に出演した際、「もう関東へ行くことはない」と述べた。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た襦袢

    2010年2月5日の棋王戦第1局において、対局前の和服の着付けの際、長襦袢と間違えて羽織を和服の中に着こんでしまい、着付け直したら対局に間に合わないと判断してそのまま対局場に向かったが、昼休みのときにバレてしまった。また、2011年2月18日 - 19日に行われた王将戦第4局の2日目午後、モニタ画面を注視していた控え室の面々が、久保が羽織を裏返しに着ていることに気づき、担当者が対局室の久保に知らせに行った。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た小学生将棋名人戦

    1986年の小学生将棋名人戦でベスト4進出(準決勝で優勝者の鈴木大介に敗れる)。同年奨励会に入会。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た三間飛車

    早石田を蘇らせた棋士の一人である。特に対棒金に見せる、桂馬を跳ねるタイミングを遅らせることで飛車の自由な動きを確保する戦術は久保流と呼ばれ、定跡化している。また、今泉健司の考案した「2手目△3二飛」を発展させるなど、三間飛車へのこだわりが強い。久保利明 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示