64件中 51 - 60件表示
  • 久保利明

    久保利明から見た穴熊囲い

    テレビ棋戦の銀河戦(第12期)でアマチュア棋士(当時)の瀬川晶司と対局して、防戦一方の展開の末に敗れた。その後、瀬川のプロ編入試験で、試験官の一人として対局した。久保は事前に「瀬川さんはプロになるべきだ」と発言し瀬川のプロ入り嘆願書にも署名したが、プロ編入試験では「A級棋士として連敗するわけにはいかない」と全力を持って瀬川と指し勝利。リベンジを果たした。早石田を用い美濃囲いから穴熊囲いへ組み替えるという、あまり例のない独特の戦術を用いた。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た2手目△3二飛

    早石田を蘇らせた棋士の一人である。特に対棒金に見せる、桂馬を跳ねるタイミングを遅らせることで飛車の自由な動きを確保する戦術は久保流と呼ばれ、定跡化している。また、今泉健司の考案した「2手目△3二飛」を発展させるなど、三間飛車へのこだわりが強い。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た将棋講座 (NHK)

    2004年10月から半年間、NHK将棋講座『久保NHK杯の「さばきの極意」教えます』の講師を務めた。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た王位戦

    第59期王将戦で羽生に挑戦。その七番勝負第2局と第3局の間に、第68期B級1組順位戦(2010年2月8日、対豊川孝弘戦)で9勝目を挙げ、最終局を待たずA級復帰を決めた。また、第3局と第4局の間の2010年2月13日には、第3回朝日杯オープン戦の準決勝と決勝を戦うが、決勝で羽生に敗れて2年連続準優勝。しかし、3月16日 - 17日の王将戦第6局を制し、4-2で王将を奪取。5度目の挑戦でついに羽生の壁を越えた。これで、関西所属棋士としては谷川浩司(2004年度に王位・棋王の二冠から王位失冠)以来5年半ぶりとなる二冠王となった。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た将棋棋士の在籍クラス

    竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た加古川市

    久保 利明(くぼ としあき、1975年8月27日 - )は、将棋棋士。棋士番号は207。淡路仁茂九段門下。兵庫県加古川市出身。県立加古川南高校中退。棋王と王将のタイトルを獲得。竜王戦1組通算5期、名人戦A級通算7期。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た将棋栄誉賞

    2013年1月10日、第71期順位戦B級1組11回戦で畠山鎮七段に勝利し8勝2敗となり2局残して、A級復帰するとともに、通算600勝となり将棋栄誉賞を達成する。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た福島区

    しかしながら、王将戦と並行して、前年と同じく佐藤康光と戦っていた棋王戦の防衛戦(第35期棋王戦五番勝負)では、王将戦終了の時点で1勝2敗の角番に追い込まれていた。第4局は王将奪取から僅か2日後の3月19日。これに負けると、1990年度の南芳一のケースよりもさらに短い‘2日間だけの二冠’という珍事になるところであったが、勝利してしのぐ。そして2010年3月30日、大阪市福島区・関西将棋会館において行われた棋王戦最終第5局で、終盤戦の長い190手の熱戦の末に佐藤に競り勝ち、1年後まで二冠に在位し続けることとなった。タイトル初防衛でもある。また、昇段規定の「タイトル獲得3期」に該当したことにより同日付で九段に昇段した。この棋王戦第5局は、翌日行われた将棋大賞の選考で名局賞に選ばれ、また、2009年度の成績が高く評価され、優秀棋士賞も初受賞した。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た美濃囲い

    テレビ棋戦の銀河戦(第12期)でアマチュア棋士(当時)の瀬川晶司と対局して、防戦一方の展開の末に敗れた。その後、瀬川のプロ編入試験で、試験官の一人として対局した。久保は事前に「瀬川さんはプロになるべきだ」と発言し瀬川のプロ入り嘆願書にも署名したが、プロ編入試験では「A級棋士として連敗するわけにはいかない」と全力を持って瀬川と指し勝利。リベンジを果たした。早石田を用い美濃囲いから穴熊囲いへ組み替えるという、あまり例のない独特の戦術を用いた。久保利明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利明

    久保利明から見た新進棋士奨励会

    1986年の小学生将棋名人戦でベスト4進出(準決勝で優勝者の鈴木大介に敗れる)。同年奨励会に入会。久保利明 フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示