前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示
  • とんねるず

    とんねるずから見た久保田利伸久保田 利伸

    元々師匠も持たず、お笑いとは言え、漫才でもなくコントと言っても従来のスタイルではないとんねるずは基本的に他のお笑いタレントと共演することを選ばず、主に番組の中にコーナーを設けて個別に好きなことをさせてもらえる環境を選び、新しいタイプのタレントの価値を模索することになる。その為に表面上はマンザイブーム系のタレントとの共演はあまりなく、同業者の交流も前出のお笑いスター誕生系タレントが中心であった。ただし同年齢のタレントとは盛んに交流を深め、水谷豊、田原俊彦、久保田利伸、チェッカーズなどはプライベートでも会う友人である。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • KREVA

    KREVAから見た久保田利伸久保田 利伸

    2007年5月からは、TOKYO FM及びJFNのヒューマン・コンシャス・プロジェクトの一環として、久保田利伸とのツアーを実施し、久保田利伸 meets KREVA名義でコラボレーションシングルをリリース。6月からは、邦楽ヒップホップ“ソロアーティスト”初の大ホールツアーとして、「KREVA CONCERT TOUR '07 SEASON-1『意味深』」を開催。5月25日、渋谷センター街のボードにて夏に3rdアルバム(よろしくお願いします)のリリースと、6月に草野マサムネ(スピッツ)とのコラボレーションを発表したことも話題となった。10月からは、この年2度目のツアーとなる「KREVA CONCERT TOUR '07 『K-ing』」を開催。さらに「テレビ朝日開局50周年記念 KREVA CONCERT TOUR '07」として、11月23日より2日間(1日目はゲストデー、2日目はノンゲストデーとして)、自身2度目の武道館で開催した。ゲストデーには、ツアーに帯同した5人に加え、CUEZERO、DABO、MUMMY-D、久保田利伸、ALI-KICK、KOHEI JAPAN、SHINGO☆西成らが出演。ノンゲストデーでは、MC、DJなどすべて1人でライブを進行してみせた。KREVA フレッシュアイペディアより)

  • EXILE JAPAN/Solo

    EXILE JAPAN/Soloから見た久保田利伸久保田 利伸

    LA・LA・LA LOVE SONG (4:44) / Vocal:ATSUSHI,NESMITH(作詞・作曲:久保田利伸 / 編曲:中野雄太)EXILE JAPAN/Solo フレッシュアイペディアより)

  • Summer Eyes (ユン・サンヒョンの曲)

    Summer Eyes (ユン・サンヒョンの曲)から見た久保田利伸久保田 利伸

    作詞・作曲:久保田利伸、編曲:伊藤大和Summer Eyes (ユン・サンヒョンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 永遠のBLOODS

    永遠のBLOODSから見た久保田利伸久保田 利伸

    Funky Party (作詞:Satomi 作曲:久保田利伸 編曲:柿崎洋一郎)出版者:ジャニーズ出版永遠のBLOODS フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤 ゆり

    斉藤ゆりから見た久保田利伸久保田 利伸

    2001年 - 同番組の企画「15少女漂流記」で無人島生活を経る。久保田利伸プロデュースでCDをリリース。斉藤ゆり フレッシュアイペディアより)

  • SunMin

    SunMinから見た久保田利伸久保田 利伸

    憧れであったという久保田利伸とのコラボレートにより、SunMin thanX Kubota名義で2006年7月5日にシングル『Keep Holding U』でデビュー。同年12月には『恋の奇跡』でソロデビュー。SunMin フレッシュアイペディアより)

  • Mind Game

    Mind Gameから見た久保田利伸久保田 利伸

    シンガーソングライターのCindyをこのタイミングから起用し、久保田利伸の制作チームからの楽曲提供を受ける等、それまでの中山美穂の音楽性とは異なるアーティスティックな作品へと躍進を遂げている。Mind Game フレッシュアイペディアより)

  • 火の鳥 (中島美嘉の曲)

    火の鳥 (中島美嘉の曲)から見た久保田利伸久保田 利伸

    カップリング曲には、2004年2月25日発売された久保田利伸のトリビュート・アルバム『SOUL TREE〜a musical tribute to toshinobu kubota〜』に収録された楽曲。火の鳥 (中島美嘉の曲) フレッシュアイペディアより)

  • DAWN PURPLE

    DAWN PURPLEから見た久保田利伸久保田 利伸

    陣痛をイメージするような低いピアノのパルスで幕を開ける「セカンドバースデイ」を象徴する1曲。1987年に小林麻美に提供した「遠くからHAPPY BIRTHDAY」が原曲。間奏の男声コーラスは久保田利伸が担当した。1992年にNHKアルベールビル冬季オリンピック中継のテーマソングとして使用された。DAWN PURPLE フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
276件中 1 - 10件表示

「久保田利伸」のニューストピックワード