276件中 51 - 60件表示
  • ボーイフレンドをつくろう

    ボーイフレンドをつくろうから見た久保田利伸久保田 利伸

    作曲には、久保田利伸のバンドメンバーだった羽田一郎が初めて起用された。ボーイフレンドをつくろう フレッシュアイペディアより)

  • カンガルー (音楽)

    カンガルー (音楽)から見た久保田利伸久保田 利伸

    1982年にヤマハのアマチュア・バンド・コンテストEastWestに出場。強豪が揃うシニア部門で最優秀グランプリを獲得したほか、キーボードの新垣郁子と柵木ひとみがベストキーボード賞を受賞した(ちなみにこのとき、HOTTENTOTSというバンドで出た久保田利伸がベストボーカリスト賞)。1983年にビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)からアルバム「STEPPIN'」でデビュー。当時美GM(美しい音で、BGMとして聞き流すにはもったいない)と言われた音楽性で、ブームを巻き起こしたシャカタクの同年に敢行された日本公演ツアーの前座を務めて知名度を得た。カンガルーとシャカタクはともにキーボードが主導する音楽性である事から、以後良くも悪くも「和製シャカタク」等と言われるようになる。カンガルー (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • リビング・サウンド・エンターテイメント

    リビング・サウンド・エンターテイメントから見た久保田利伸久保田 利伸

    プロダクション・チームには、グラミー賞を多数受賞しているアメリカ音楽業界屈指のトッププロデューサー陣、また日本では倉木麻衣をプロデュースしたミグエル・ペッソア、久保田利伸を手がけたゴードン・チャンバースなどの音楽プロデューサー、マイケル・ジャクソン、デスティニーズ・チャイルド、ビヨンセなどを担当しMTV賞を総なめにした振付師ラ・ベール・スミス・Jrなど優れた業績を有するメンバーで構成されており、現在のアメリカ音楽業界においてトップクラスの人材と共に仕事を進めている。リビング・サウンド・エンターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • DJ toMU

    DJ toMUから見た久保田利伸久保田 利伸

    2006年にリリースされた、久保田利伸のアルバム『For Real?』に、スクラッチで2曲参加。DJ toMU フレッシュアイペディアより)

  • Springs

    Springsから見た久保田利伸久保田 利伸

    TIMEシャワーに射たれて - 久保田利伸のカバーSprings フレッシュアイペディアより)

  • HEAVY HITTER

    HEAVY HITTERから見た久保田利伸久保田 利伸

    LA・LA・LA LOVE SONG(オリジナル:久保田利伸・テレビドラマ『ロングバケーション』主題歌)HEAVY HITTER フレッシュアイペディアより)

  • 竹内電気

    竹内電気から見た久保田利伸久保田 利伸

    好きなアーティスト:SMAP、久保田利伸、たま、シュガー・ベイブ竹内電気 フレッシュアイペディアより)

  • Ryu (ものまねタレント)

    Ryu (ものまねタレント)から見た久保田利伸久保田 利伸

    不動産会社の営業マンとして働いていた素人時代にもフジテレビの『発表!日本ものまね大賞』に出場し、久保田利伸の『La La La LOVESONG』を披露した。Ryu (ものまねタレント) フレッシュアイペディアより)

  • DETERMINATIONS

    DETERMINATIONSから見た久保田利伸久保田 利伸

    久保田利伸「 Candy Rain 」(2001年11月14日)DETERMINATIONS フレッシュアイペディアより)

  • 久保田利伸のプラネット・フレーヴァ

    久保田利伸のプラネット・フレーヴァから見た久保田利伸久保田 利伸

    タイトルにあるように、DJ(ディスクジョッキー)は歌手の久保田利伸だが、最近では久保田が井上WATARU一晴(放送では「わたるさん」と呼ばれていた)とともに放送していた。久保田利伸のプラネット・フレーヴァ フレッシュアイペディアより)

276件中 51 - 60件表示

「久保田利伸」のニューストピックワード