276件中 71 - 80件表示
  • From To

    From Toから見た久保田利伸久保田 利伸

    作詞・作曲:久保田利伸 / 編曲:亀田誠治From To フレッシュアイペディアより)

  • ありがとう…勇気

    ありがとう…勇気から見た久保田利伸久保田 利伸

    ありがとう…勇気 (作詞:赤坂泰彦 作曲:久保田利伸 編曲:土屋学)ありがとう…勇気 フレッシュアイペディアより)

  • SINGER FOR SINGER

    SINGER FOR SINGERから見た久保田利伸久保田 利伸

    作詞:MISIA、作曲:久保田利伸SINGER FOR SINGER フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立静岡商業高等学校

    静岡県立静岡商業高等学校から見た久保田利伸久保田 利伸

    久保田利伸(歌手・アーティスト)静岡県立静岡商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • DJ KOO

    DJ KOOから見た久保田利伸久保田 利伸

    新宿のディスコ「カンタベリー・ハウス」、「B&B」においてDJを勤め、1986年にはリミックス・ユニット「THE JG's」を本田勝裕(dj honda)・大場次一・三好史等と結成し、リミックスやプロデュースを手がけた。The JG'sでは、「和製洋楽」と言われた「Set The Fire」を初めとした楽曲がディスコでヒットした。久保田利伸、C-C-B、早見優、岩崎良美、田辺一鶴、ザ・ピーナッツなど、リミックスを手がけた楽曲も膨大にあり、各社のユーロビート・オムニバス・アルバムのノンストップ・ミックスも多く手がけた。DJ KOO フレッシュアイペディアより)

  • シティ・ポップス

    シティ・ポップスから見た久保田利伸久保田 利伸

    だが、その後の世相の変化に伴う大衆嗜好の変容、また、テクノを大胆に導入した小室哲哉や、よりR&Bに強く接近した久保田利伸などの新進ミュージシャンの登場と活躍による音楽的流行のさらなる変化、そして第二次バンドブームの勃興に押しやられて、シティ・ポップスは90年代の訪れを待たず急速に衰退し、主要なミュージシャンはほとんどがメジャーシーンから姿を消していくことになる。しかし、このジャンルで活躍した歌手や作曲家・演奏家が、CMや映画音楽、あるいは後進への楽曲提供やプロデュースなどに活動の場を移して行くことで、その音楽的方法論は広く受け継がれていくこととなり、後の日本のポピュラー音楽に強い影響を残した。シティ・ポップス フレッシュアイペディアより)

  • JanJanサタデー

    JanJanサタデーから見た久保田利伸久保田 利伸

    松本典子、松坂慶子、山田洋次、松山千春、麻見和也、小林千絵、新田純一、河上幸恵、泰葉、西口久美子、ピンボール、ネバーランド、佐野量子(番組最多ゲスト出演)、光GENJI、早見優、中森明菜、チェッカーズ、とんねるず、コロッケ、コント赤信号、竹中直人、アコ&キンゾー、マギー司郎、森口博子、井森美幸、島田奈美、芳本美代子、中村由真、久保田利伸、森川美穂、山瀬まみ、山岸もえ、仁藤優子、伊藤智恵理、キャディラック、ザ・シャムロック、C-C-B、増田恵子、セブンティーンクラブ、大島渚、武田鉄矢、HOUND DOG、CHA-CHA、秋本理央、仲村知夏、吉沢京子、勇直子、増田未亜、結城めぐみ、細川直美、藤谷美紀、本田恭章、ラフィンノーズ、シティボーイズ、ケッタウェイズ、松尾伴内、ガダルカナル・タカ、織田裕二、松原みき、伊藤美紀、本田理沙、相川恵里、B21スペシャル、田中律子、菊池桃子、矢野有実、森高千里、TM NETWORK、電気グルーヴ、X JAPAN、深津絵里、中山忍、すかんち、嘉門達夫 ほか多数JanJanサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬哲朗

    広瀬哲朗から見た久保田利伸久保田 利伸

    歌手の久保田利伸は中学時代および大学時代の後輩。後年、日本ハムのシャウエッセンのCMで共演した。広瀬哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 陣内大蔵

    陣内大蔵から見た久保田利伸久保田 利伸

    "us" 作詞:陣内大蔵、作曲:久保田利伸、編曲:Rodney M. Antoon陣内大蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 虹のグランドスラム

    虹のグランドスラムから見た久保田利伸久保田 利伸

    「虹のグランドスラム」は、日本のR&Bシンガー久保田利伸が1995年7月7日にリリースした通算16枚目のシングル。虹のグランドスラム フレッシュアイペディアより)

276件中 71 - 80件表示

「久保田利伸」のニューストピックワード