前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示
  • 2014年のバレーボール

    2014年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    24日 - 日本バレーボール協会はAVCアジアクラブ選手権 の出場チームを発表し、男子は大分三好・女子は久光製薬が出場する。2014年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のバレーボール

    2012年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    4日まで行われていたVプレミアリーグ女子大会レギュラーラウンドが終了。上位4チーム(東レ、久光製薬、デンソー、岡山)がセミファイナルラウンドに進出。前回覇者のJTは5位、岡山の4強入りは4年ぶり2回目。2012年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 江口理代

    江口理代から見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    中学校1年生からバレーを始め、宮崎日大高校から鹿屋体育大学を経て、鳥栖久光に所属するまでは高校の教員をしていた。久光製薬スプリングスではチーム屈指のマルチプレーヤーとして第8回Vリーグ優勝に貢献。2004年久光退団後、故郷宮崎県で会社勤めをしていたが、2005年当時のアリー・セリンジャー監督に請われてパイオニアレッドウィングスで現役復帰し、同年の第12回Vリーグ優勝に貢献した。江口理代 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のバレーボール

    2009年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    20日 - 天皇杯皇后杯全日本バレーボール選手権大会において、男子はパナソニック・パンサーズが、女子は久光製薬スプリングスがそれぞれ初優勝を飾った。2009年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のバレーボール

    2013年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    13日 - Vプレミアリーグ女子大会ファイナルラウンドが行われ、久光製薬スプリングスが東レ・アローズを3-0で下しが6年ぶり3回目の優勝を飾った。MVPには長岡望悠(久光製薬)が選出された。2013年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のバレーボール

    2007年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    15日 - Vプレミアリーグ女子決勝で久光製薬スプリングスが5年ぶり2回目の優勝。2007年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のバレーボール

    2016年のバレーボールから見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    12日・13日 - Vリーグのプレミアリーグはプレーオフ決勝が行われ、女子は久光製薬スプリングスが日立リヴァーレを3-1で破って優勝。男子は豊田合成トレフェルサがパナソニックパンサーズを3-2で破って優勝。2016年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 筒井視穂子

    筒井視穂子から見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    筒井 視穂子(つつい みほこ、女性、1985年12月6日 - )は、日本のバレーボール選手。ニックネームはミホ。プレミアリーグ・久光製薬スプリングスに所属していた。現在はヴィクトリーナ姫路所属。筒井視穂子 フレッシュアイペディアより)

  • 大村加奈子

    大村加奈子から見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    1994年、ダイエーオレンジアタッカーズに入団。1997年全日本代表初選出。同年のグラチャンで国際大会に初出場を果たす。319センチの最高到達点に加え、センター・レフトもこなせる身体能力の高さで2度の右ひざ手術を乗り越えて、2004年アテネオリンピックに出場した。2007年、2006-07プレミアリーグではセンターのレギュラーとして、久光製薬スプリングス5年ぶり2度目のVリーグ優勝に貢献。同シーズンの日韓トップマッチ、第56回黒鷲旗大会で3冠を達成した。大村加奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野美雪

    狩野美雪から見た久光製薬スプリングス久光製薬スプリングス

    2006年、茂原廃部により久光製薬スプリングスに移籍。移籍一年目からレギュラーを獲得し、久光の5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。2007年度より主将を務めた。狩野美雪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示

「久光製薬スプリングス」のニューストピックワード