80件中 21 - 30件表示
  • 金聖響

    金聖響から見た乙武洋匡乙武洋匡

    借入額の具体例は、一般個人(一人あたり)の最大額1,600万円、サモンプロモーション社長3,000万円、ミムラ4,000万円。他にコンサート会場でしか会ったことのない音楽ファンの一般女性らを始め、上方落語の笑福亭松喬、大泉洋、乙武洋匡、ピアニストの山下洋輔、織田裕二などの著名人、音楽プロデューサー、ホール関係者、プロやアマチュア、学生の楽団員や演奏家、彼の指揮のもとで演奏をしたオーケストラの楽団員やテレビ局の音楽番組関係者、飲食店の経営者など無心されお金を貸した人は多岐にわたり、多くは返済されずトラブルとなり、また、本人は国税庁からの督促状は無視して、税金は払っていないという。金聖響 フレッシュアイペディアより)

  • 増田玄樹

    増田玄樹から見た乙武洋匡乙武洋匡

    独立行政法人国際協力機構 通称:JICAの青年海外協力隊50周年イメージソング「ひとりひとつ」のPV及びCD購入特典DVD映像、特設サイト内映像などの映像制作を監督。(出演者:アンダーグラフ、遠藤久美子、乙武洋匡、カズン、川嶋あい、北澤豪、倉木麻衣、庄野真代、染谷西郷、高橋尚子、武田鉄矢、宮沢和史、わたなべだいすけ、Alexandra Bounxouei、chihiRo、D-51)増田玄樹 フレッシュアイペディアより)

  • むぎわらしんたろう

    むぎわらしんたろうから見た乙武洋匡乙武洋匡

    とっても大好きドラえもん (2002年、絵(文 - 乙武洋匡))むぎわらしんたろう フレッシュアイペディアより)

  • けんぶち絵本の里大賞

    けんぶち絵本の里大賞から見た乙武洋匡乙武洋匡

    第12回(2002年) - 「けんかのきもち」(文/柴田愛子、絵/伊藤秀男)、「えがおのむこうで」(著/田村みえ)、「かつくん」(文/クリスチャン・メルベイユ、絵/ジョス・ゴフィン、訳/乙武洋匡けんぶち絵本の里大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た乙武洋匡乙武洋匡

    5月22日の対巨人戦において、ヤクルトが8対1と大量リードして迎えた9回表二死三塁の場面で遊ゴロを打ち全力疾走した。9回裏のマウンドに上がった藤井は巨人ベンチから野次を浴び涙ぐんだ。この回には先頭の江藤智にソロホームランを打たれ、その後の松井秀喜、清原和博、高橋由伸に3連続死四球を与えるなどして降板、試合はヤクルトが勝ったものの、藤井はヒーローインタビューを拒否した。この件については、大学時代から交友関係にある乙武洋匡に「ルールを知らなくてさ」と涙ながらに漏らしている。藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立ふたば未来学園高等学校

    福島県立ふたば未来学園高等学校から見た乙武洋匡乙武洋匡

    乙武洋匡 - 作家、東京都教育委員福島県立ふたば未来学園高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 児童扶養手当

    児童扶養手当から見た乙武洋匡乙武洋匡

    児童扶養手当は1人目の子ども分として月額最大4万2千円が支給されるが、2人目は5千円、3人目以降は3千円ずつと大幅に減るため、2人目以降の加算が低すぎるとして、2015年12月には、乙武洋匡ら著名人、駒崎弘樹等のNPO支援関係者らが署名活動を行った。世論の高まりを受けて、2015年12月、子どもが2人以上いる家庭への支給額を2016年8月分から増やすことを、関係閣僚による折衝で合意した。児童扶養手当 フレッシュアイペディアより)

  • かたわ

    かたわから見た乙武洋匡乙武洋匡

    自ら障害を持ち「僕は、カタワです」と発言した乙武洋匡の例もある。かたわ フレッシュアイペディアより)

  • 櫻田淳

    櫻田淳から見た五体不満足乙武洋匡

    出生時に患った脳性小児麻痺による重度身体障害を抱える。従来の社会福祉を「障害者を隔離するだけのもの」と批判。さらに「入試や論文執筆の際、たとえ答えが分かっていて文章能力があっても、体が不自由なため十分なものが書けなかった。自分には能力があってもそれを十分に生かせる社会ではない」として、福祉政策の再考とバリアフリー社会の推進を主張した。また、乙武洋匡著『五体不満足』が巻き起こしたブームを批判し、論文「「五体不満足」を巡る奇妙な論理」を著した。本人は、「障害者という立場に寄りかかった活動」を批判したこともあり、福祉を題材にした言論を封印することを表明、それ以降は雑誌媒体では福祉については論じていない。櫻田淳 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻田淳

    櫻田淳から見た乙武洋匡乙武洋匡

    出生時に患った脳性小児麻痺による重度身体障害を抱える。従来の社会福祉を「障害者を隔離するだけのもの」と批判。さらに「入試や論文執筆の際、たとえ答えが分かっていて文章能力があっても、体が不自由なため十分なものが書けなかった。自分には能力があってもそれを十分に生かせる社会ではない」として、福祉政策の再考とバリアフリー社会の推進を主張した。また、乙武洋匡著『五体不満足』が巻き起こしたブームを批判し、論文「「五体不満足」を巡る奇妙な論理」を著した。本人は、「障害者という立場に寄りかかった活動」を批判したこともあり、福祉を題材にした言論を封印することを表明、それ以降は雑誌媒体では福祉については論じていない。櫻田淳 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「乙武洋匡」のニューストピックワード