4725件中 21 - 30件表示
  • 弓浦市

    弓浦市から見た九州九州

    『弓浦市』(ゆみうらし)は、川端康成の短編小説。30年前に九州の「弓浦市」という町で会って求婚されたと言う婦人の来訪に戸惑う小説家の奇妙な体験の物語。突然訪れた一人の婦人の言葉により、虚と実の間の空間に誘われてゆく主人公の心理が描かれ、婦人の妄想の過去と推測されるにもかかわらず、その語りの細部や、真実らしさに、読者も主人公と共に「あやしい時空」に引き込まれてゆくような、狂気と隣り合わせた異様な世界が提示されている作品となっている。実話怪談系のサイコ・ホラーにも一脈通ずる作品でもある。弓浦市 フレッシュアイペディアより)

  • ベッコウガサ

    ベッコウガサから見た九州九州

    ベッコウガサ(鼈甲笠) 学名 もしくは はヨメガカサ科に分類される藻食性の腹足類の一種。北海道から九州にかけての潮間帯中上部の岩礁に生息する。従来ベッコウガサとされてきたものは、分子系統解析の結果から、北海道南部-九州北西部に分布するもの、九州西部から沖縄に分布するもの、台湾から中国沿岸に分布するものの3群に分けられ、それぞれ独立した別種であるとされる。ここでは北海道-九州西部のものをベッコウガサとして扱う。ベッコウガサ フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年台風第13号

    平成18年台風第13号から見た九州九州

    平成18年台風第13号(へいせい18ねんたいふうだい13ごう、アジア名:サンサン〔Shanshan、命名国:香港、意味:少女の名前〕、フィリピン名:Luis)は、2006年(平成18年)9月に発生し、九州に上陸した台風である。九州に記録的な暴風や竜巻をもたらし、激甚災害に指定された。平成18年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 石城山神籠石

    石城山神籠石から見た九州九州

    石城山神籠石は、周南丘陵南部の独立的な残丘で、小平坦地を有する標高362メートルの石城山に築かれる。山頂では四周に広がる低地部に加え、四国・九州の山並みも視野に入る。周辺の周防東部は、瀬戸内海に半島状に張り出す。いにしえは、南の陸沿いに海路(古柳井水道)が通じ、室津半島は島で、伊予灘に突出する。そして、東は安芸灘、西は周防灘に面する。また、熊毛評(郡)は、いち早く倭政権の勢力が波及し、県内最古の大型首長墓が築かれた周防国造の本拠地とされる。南方の古柳井水道は、畿内と九州を結ぶ瀬戸内海の海路の西入口に位置し、北方の畿内と筑紫を結ぶ古道は、後に官道の山陽道として東西に貫く。この地は倭政権が重視した、陸海交通の要衝であった。石城山神籠石 フレッシュアイペディアより)

  • 占部大観堂製薬

    占部大観堂製薬から見た九州九州

    寛政二年(1790年)松平定信の時代に 前身、山名家が製薬業を創業して以来、九州は福岡県で200年以上続く、漢方の老舗製薬会社。占部大観堂製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国九州説

    邪馬台国九州説から見た九州九州

    本項では、邪馬台国の所在地に関する学説のうち、九州地方にあるとする邪馬台国九州説(やまたいこくきゅうしゅうせつ)を概説する。邪馬台国九州説 フレッシュアイペディアより)

  • キリギリス

    キリギリスから見た九州九州

    日本では鳴く虫の代表のひとつとしてその名がよく知られている。かつてキリギリスの和名で知られたものは東北地方から九州地方まで分布するが、2000年代以降、それらは少なくともヒガシキリギリス(青森県〜岡山県)とニシキリギリス(近畿地方〜九州地方)の2種に分けるべきだと考えられている。更に細かく分けられる可能性もあるが未だ結論は出ていない。キリギリス フレッシュアイペディアより)

  • 奄美料理

    奄美料理から見た九州地方九州

    気温が高い場所で清酒の製造には向かないため、酒は蒸留酒が主流であることは沖縄県、九州各地と共通するが、沖縄県がインディカ米をデンプン原料とする泡盛、鹿児島県のトカラ列島以北がサツマイモをデンプン原料とする芋焼酎が主流であるのに対して、奄美群島ではサトウキビの糖分であるショ糖と米のデンプンをアルコール原料とする奄美黒糖焼酎が特産で、主流である。黒糖焼酎は料理にも使われ、浜下りなどの伝統行事のお清めにも使われる。奄美料理 フレッシュアイペディアより)

  • 関門トンネル (山陽本線)

    関門トンネル (山陽本線)から見た九州九州

    関門トンネル(かんもんトンネル)は、関門海峡をくぐって本州と九州を結ぶ、鉄道用の水底トンネルである。九州旅客鉄道(JR九州)の山陽本線下関駅 - 門司駅間に所在する。単線トンネル2本で構成され、下り線トンネルは全長3,614.04メートル、上り線トンネルは全長3,604.63メートルである。関門トンネル (山陽本線) フレッシュアイペディアより)

  • オキチモズク

    オキチモズクから見た九州九州

    オキチモズク(学名: )は、チスジノリ科オキチモズク属に属する淡水産紅藻の一種である。藻体は暗紅褐色のひも状で多数分枝し、10-40センチメートルまで成長するものが多い。1938年(昭和13年)に愛媛県温泉郡川上村(現:東温市)のお吉泉周辺で初めて発見され、その後、九州・沖縄の20数か所で確認されたが、発生がみられなくなり絶滅したと考えられているところも多い。長らくお吉泉を生育北限とする日本固有種とされていたが、台湾や東京都立川市でも発見された。お吉泉周辺、熊本県南小国町の志津川、長崎県国見町の土黒川の3か所の発生地は国の天然記念物に指定されている。また、環境省のレッドデータブックでは「絶滅の危機に瀕している種」に指定されている。オキチモズク フレッシュアイペディアより)

4725件中 21 - 30件表示