3804件中 31 - 40件表示
  • 福岡県

    福岡県から見た九州九州

    九州本島の北部に位置し、九州地方の県では最も人口が多く、県庁所在地の福岡市は九州地方で最大の人口を擁する都市である。福岡市と北九州市の2つの政令指定都市を抱え、いわゆる三大都市圏以外では人口密度が1,000人/km²を超える唯一の県である。福岡県 フレッシュアイペディアより)

  • 本州

    本州から見た九州九州

    ユーラシアの東端(欧米から極東と呼ばれる地域)そして東アジアの中でも特に東方の沿岸沖に位置し、北海道島、四国島、九州島、付随する島とともに日本列島を構成している。日本列島は日本海を囲むように弓状に伸びており(写真参照)、こうした形状はプレートの境界域に形成された列島によく見られる弧状列島の特徴である。本州 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマト王権

    ヤマト王権から見た九州九州

    墓制の面でみて、最も進んでいたのは山陰地方の出雲地域において作られた四隅突出墳丘墓であって、後の古墳時代の方墳や前方後円墳の原型となったと思われる。九州南部の地下式横穴墓、九州北部における甕棺墓、中国地方における箱式石棺墓、近畿地方や日向(宮崎県)における木棺墓(国内最大は宮崎市の3世紀末・前方後円墳、檍(あおき)1号墳)など、それぞれの地域で主流となる墓の形態を持ち、土坑墓の多い東日本では死者の骨を土器につめる再葬墓がみられるなど、きわめて多様な地域色をもつ。方形の低い墳丘のまわりに溝をめぐらした方形周溝墓は近畿地方から主として西日本各地に広まり、なかには規模の大きなものも出現する故、各地に有力な首長があらわれたことが伺える。弥生時代における地域性はまた、日向(宮崎県)の鉄剣、近畿地方の銅鐸、瀬戸内地方の銅剣、九州地方の銅戈(中期)・銅矛(中期-後期)など宝器として用いられる青銅器の種類のちがいにもあらわれている。ヤマト王権 フレッシュアイペディアより)

  • アマガイ

    アマガイから見た九州九州

    アマガイ(蜑貝)、学名 Nerita japonica は、アマオブネガイ目アマオブネガイ科に分類される巻貝の一種。本州南部・四国・九州・朝鮮半島南部の海岸の岩礁や岩礫地などに見られる半球形の巻貝である。アマガイ フレッシュアイペディアより)

  • フクニチスポーツ

    フクニチスポーツから見た九州九州

    1956年創刊。スポーツニッポン(西部本社版。1955年創刊)、西日本スポーツ(同)に次いで九州では3番目のスポーツ紙として創刊した。ブロック紙以外では珍しく県域地方新聞社が発行する地方スポーツ新聞だった。販売エリアは主に福岡県だが、九州全県と山口県西部(下関市など)では駅売店・コンビニエンスストアなどのスタンド販売も行っていた。フクニチスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 神崎鼻

    神崎鼻から見た九州九州

    神崎鼻(こうざきはな)は長崎県佐世保市小佐々町楠泊にある岬。九州本島の最西端となる。北海道・本州・四国・九州を「本土」と定義した場合、本土最西端ともなる。位置は東経129度33分、北緯33度12分。神崎鼻 フレッシュアイペディアより)

  • 死都日本

    死都日本から見た九州九州

    九州南部やその南の海底には阿蘇カルデラ、姶良カルデラ、鬼界カルデラといった巨大なカルデラを生んだ火山がいくつも存在する。それらは数万年に1回の頻度で、噴出物の体積が100km3を超えるような巨大噴火を起こしてきた。最後に起きたのは7,300年前の鬼界カルデラの噴火であり、これによる火砕流は海を越えて九州島に達し南九州の縄文人に大打撃を与えた。死都日本 フレッシュアイペディアより)

  • 九州千葉氏

    九州千葉氏から見た九州九州

    元寇の際、九州の防衛(異国警固番役)のため下総国より九州に派遣され肥前国に土着した千葉宗胤を祖とし、肥前千葉氏ともいう。宗胤が下総不在の間に弟胤宗に千葉氏宗家の家督を横領され、宗胤の子の胤貞は北朝方の足利尊氏に付き、宮方に付いた胤宗の子の貞胤と家督を争ったものの、貞胤が降伏した直後に自身が病没したため、宗家復帰はならなかった。胤貞の領地の肥前国小城郡、下総国千田荘・八幡荘は胤貞の次男の胤平から三男胤継に継承され、その後肥前国小城郡については猶子(宗胤の次男)の胤泰が継承した。九州千葉氏 フレッシュアイペディアより)

  • メバル

    メバルから見た九州九州

    メバル(眼張、眼張魚、鮴、学名:, , の3種)は、条鰭綱- カサゴ目- フサカサゴ科 (en) のメバル属に分類される海棲硬骨魚のうち、人為分類によって日本で古来「メバル」と呼ばれてきた3種の総称(2008年以前にはメバル属中の1種と見なされていた)。日本の北海道から九州にかけての沿岸の岩礁域に多く棲息する。メバル フレッシュアイペディアより)

  • ハクセキレイ

    ハクセキレイから見た九州九州

    中国大陸、朝鮮半島、台湾、日本(南西諸島、九州、本州西部)に分布し、台湾では普通種。日本の本州では渡りの最中などで見られることがある。過眼線が無く、容姿はタイリクハクセキレイ基亜種に酷似する。ハクセキレイ フレッシュアイペディアより)

3804件中 31 - 40件表示

「九州・沖縄のできごと」のニューストピックワード